絶好調で~す。

2月13日、白浜の千畳敷へ釣行です。ここの所、千畳は3回連続で好釣果で期待を膨らませ・・朝5時半に目が覚めちゃいました。
てな訳で、薄暗い中、6時15分に現着です。寒~い朝で早速、ポッケで燗をしたワンカップをぐっいっ・・と気合を入れ、仕掛けの準備です。
出雲で師匠に習った通り、ハリスの通しで今回は1,7号・食いが渋くアタリを取る為、羽棒ウキ2Bを固定1,5~2ヒロでセット。玉ウキはウキ止めは付けていません。ポイントへ投げるためのオモリの役目です。ウ~それにしても、鈎が括りにくく辛い最近、老眼が・・・イヤ気合を入れるため、ワンカップ2本とビールのせいやけっして、老眼では・・
前回、師匠に手ほどきを受けてからは、釣果がグ~ンとアップです。有難う御座いました。ポイントの選定、流す場所、食わせたいポイント・・等等、流石に玉ウキのアノ微妙なアタリは取れないので、自身の工夫で羽ウキの当りウキを使用していますが・・それより、場所の確保をしてくれるはずの、同僚、○澗さんが来ていません。ちなみに、アイゴと格闘中にコソッと現れ、いきなりホットコーヒーにパン・・9時過ぎでした。アンタ磯で9時過ぎなら、昼飯やがな~
しかし、お日さんが出てからは、ポカポカの天気で暑いくらいで、その上ベタ凪ぎ・・潮もながれずで、午前中はアイゴ2匹。仕方ないので、背開きで海水に15分程、浸けて磯干し晩酌のあて作りメッチャ旨かったです。午後3時頃に同僚は納竿です。これからエ~潮時やのに・・と話していると、ヒットアイゴの強い引きが心地よいこと同僚はリベンジを誓い退散です。でも、やっぱり潮時です。直ぐにアタリです羽ウキが1cm位入って・・大きく「どりゃ~」と合わせると、手応えが今までと違い、大きく曲がる竿根の方へグイグイと引き込んでいく、こ・の・感・触・・・デカイぞグレや姿が何度か見せてくれるが、どんどん突っ込んで行きよるで~40cmオ-バーの勇姿が登場です。イヤ~ホンマ気色エ~デ~無事、取り込み早速、祝杯その後は、アイゴ30前後を2枚追加し、今日の所は、この辺で勘弁しといたろかという具合で納竿でした。
千畳はアイゴが多く、グレの渋いアタリの練習には、もって来い状態で、35~40cmのグレも毎回出ています。ホント微妙なアタリで、タイミングを逃がすとオキアミの頭だけを持っていかれ、完全な食い込みはホボ、ナッシングです。実際、ここの所、釣ったグレのお腹にはオキアミが見当たりません。卵・白子でお腹がパンパン「胃もたれ」せんよ~に、エビの脳髄しか食わんのやろか・・???鈎も皮一枚、掛かるだけでバラシも多いです。かなり難しい釣りですが、なんと言っても、美・味・・・師匠はホイルで包み、酒蒸しがお勧めで実際、旨いハンドルネーム、グレちゃんは握りのお寿司がお勧めでしたが、調理の腕が追いつかず、未挑戦。きっと、旨いんやろな~
皆さんは、どんな調理方法でしょうか?お勧めがあれば、是非、教えてくださ~い。
あ~早く休み来んかナ~・・道具の準備に余念は無く、いつでも、今直ぐでも行けるんやけど・・・

釣太郎 中岡

夜勤明けは寝ましょう

今回は、久しぶりに友達と休みが合ったので地磯に行って来ました
休みは休みでも僕は朝の5時までの夜勤だったのでかなり状態です
ですが、久ぶりだったので、胃も痛かったですが行ってきました。
途中、胃の激痛に襲われたのでエキキャベを購入
何とか駐車場に到着問題はここからです、片道15分もテクテク
最後に心臓破りの阪道が4回休憩で頂上到着次は下り
胃に衝撃がズキズキ強烈です
何とか釣り座に到着既にパワーダウン
さすがに市江の地磯です既に人・人・人で場所が限定されました
何とかみんな竿を出すことが出来ましたが・・・・魚が無いです
何とかストラップサイズのグレを7匹ゲットさすがにリリースです。
まけずに頑張っていたら地元のおっちゃん登場です。
どこで釣るのと聞くとあそこの磯に飛んで行くんだと言われたので、僕と友人2人も負けずにトジャンプイッパツ
何とか落ちづに
上陸ですがこの衝撃で胃が
何とか竿を出しましたが、ノックダウンです。寝不足と胃の痛さで
立つのも辛くなったので
起きて、友人に釣れたと聞くと、アカンここには魚居てない
と言うことで場所移動です。戻るのにも15分歩かなくては
途中でのでマキエ満タンで来た時と重さ変わりません
重たいマキエをもってまた山越えです途中友人が心配してくれと
マキエを持ってくれて、何とかまで到着
さて、場所移動と思ったら、友人の車がバッテリーがあがっています。ま、5人も居るので押しがけで掛かるやろーと思ったのが間違えです全く掛かりません
漁港の中で5人が車を押して騒いでたら漁師のおっちゃんの助けの手が
軽トラの後に乗っていたバッテリをかり(何で乗ってるの?)エンジンを掛け
バッテリーを返し(おっちゃん有難う)さ、場所移動と思いに乗り込み
走り出すと、後からプップーとクラクションが
エンスト発進の時にエンジンが止まったらしくキーを回しても
音すら鳴りませんおっちゃんも居ないしまたしても押しがけやはり掛かりません最後に手段で車には悪いのですがバックで押しがけです。何とか掛かりましたこれは、出来ればしない方がいいです。
これで、何とか市江から出ることが出来ました
さすがに、昼回ると場所が無いです。結局、湯崎に堤防で釣る事になりました
ま、前回釣った経験があるので頑張ったのですが・・・ボラだけです。
このまま、みんなでボーズで帰ろうと言っていたら、一人裏切り者が
なんとグレを釣りました皆からブーイングの嵐です
こんな事をしながら釣行終了です。
今回感じと事ですが、夜勤明け・胃が痛いときは帰って寝るのに限ります。
最後まで苦しみました。

釣太郎 鍵田

弟子入りしました。

1月27日、出雲崎へパート3です。
早朝5時半に現着です。真っ暗なお墓の前に既に1台の車が・・気合負け電気を灯し、テクテク先のポイントは4人さんが居るようなので、前々回に地元の方に教えて頂いたポイントへ釣座を決め、夜が明けるのをじっと我慢の子でプッハ~
ハリスが見える頃に、ようやく開始です。
マキ餌を撒くと相変わらず、イワシの群れが飛び跳ね状態。よ~し今日の狙いポイントはここだと言う事で、潮の流れに合わせマキ餌・玉ウキも順調に流れて行くのですが、オキアミの頭は取るんですがハリに乗る事が無く、刻々と時間が過ぎるばかり・・000・00へと玉ウキを変え、ガン玉を付けたり、スルスル・・完全フカセ・・色々と試してみましたが、変化無し・・昼になり、飯じゃ~で一息を入れ、再度、アタックです。まずは足元からと思い、投入すると早速、当たりです。30cmほどのイガミさんです。ン~食べるのは、すっげ~好きですが、やっぱりグレが欲しいと言うわけで、初めからのポイントへ投入です。数投目にようやく、本命の当たりです。35cmをゲッツ
しかし・・後が続かない・・ハゲを1匹追加しただけで、どうも今日は、あかんナ~
そこへ、横、やらしてもーて良い?と地元の方の登場え~どうぞと機嫌良く、一日攻めに攻めまくった場所を
よ~く見ると、前にサシエ3つで40オーバーを3つ仕留めたニーサンです。おそるおそる、あの~前に・・と説明すると、あ~あの時の人?と覚えていてくれました。チャンス弟子入りの懇願・・しかし、随分と謙虚な師匠で(もーちなみに勝手に弟子入り状態)そんな大した事はしてないよー・・です。しかし、諦めず、仕掛けや、ポイントの設定、潮の流れに、風の影響・・等々、質問攻めを掛けようとしたとたんまたしても、サシエ1発・・ヒット40cmオーバーを早速、仕留めちゃいました。でも、悔しくも無いのです。9時間攻めに攻めまっくての結果です。未熟者なんです。それより、質問攻めや~と思いきや、サシエ2発目・・またしてもヒット何ナノいったい、何が違うの~40cm近いのをゲッツです。師匠は良い型のグレをスイスイと取り込みながらも、私の質問攻めに答えてくれるのです。釣りの腕も凄いが、人の良さも尋常でない・・ホント色々と丁寧に教えてくれるのです。そこで、ビックリしたのが、実は・・ウキ下が同じなんです。3ヒロなんです。固定でやっている時は、私も同じだったのです・・・それに、師匠の仕掛けは、ハリスの2号通しで、カッツケの玉ウキ・・特に変わった仕掛けは、何もないのです。親切に、あそこの沈み根に沿って流し、あの角の所でウキが入れば・・・またしてもヒットです。説明付きのヒットでしたが、ハリスが根擦れていてバラシです。聞くと、大分前から傷みがあったそうです。それでも、2匹共、40cm前後を取り込んでいましたが、最後の当たりは相当に良い当たりでした。
しかし・・同じ所を攻めて・・同じ棚なのに・・いったい何が違うのか・・確かに、とても人当たりが良く、親切・丁寧。嫁さんの事も、家内と言ってました。私は、ウチの嫁ハン・・です。ン~マ~私の場合、意地悪で無愛想でエ~加減で・・や・め・と・こ・・・辛なるわ釣り云々の前に、人間性の問題になってしまうわ
とにかく、弟子入りは成功です。(ちなみに、師匠の承諾は得ていませんが・・)次回は、教えて貰った通り、攻めて釣って釣りまくりま~す

釣太郎 中岡

出雲崎パート2

1月19日。再度、出雲へアッタクという事で釣行です。
全体的にグレシーズンに入り絶好調の良い知らせで、釣行の準備も楽しみなんです。
今回も前回と同じポイントへ行きたかったのですが、現着は10時半・・しかし、北東の風と平日ということで、誰も居ない・・・もしかして、波がカブってくるのかナと心配も無用でした。丁度良い感じのサラシが出ているじゃないですか向かえ風なんか気にもならない絶好の釣場状態
マキ3kとアミ2kを2つに集魚剤をコネコネあせりながら早速、ポイ・・いつものイワシが大量に集まるが、サラシに翻弄され飛び跳ね状態・・それからと言う物は・・・入れ食いじゃ~35~40cm未満を8匹ゲッツ
大きなアタリは3つ共バラシ・・・でしたが、とにかく、おもろいがナー久し振りの大漁~
こんな時は、やはり殆どハリは飲み込んでいました。括るのが大変気は焦るし・・でも、しっかりと結びましょうえ~竿のシナリやったのに~と今回も良い勉強をしました。
今回のタックルは竿1,5号の54で道糸3号・ハリス3号・ハリ遠投グレ8号
でした。さぁ~明日(27日)も行くで~ヤナギの下にサテドジョウは何匹いるのでしょうか

釣太郎 中岡

地磯 出雲崎へ行ってきました。

1月12日、出雲崎へ釣行です。早朝6時過ぎに現着しましたが、既に3台の車が
・・平日だから少し余裕をかましてしまいました。
少し山道を歩かないといけないのですが、何と言っても暗い!駐車場はお墓の前だし・・寂しいがナー
しかし、グレの誘いにテクテク15分ほどで、磯場に到着です。
天気が落ちに向かっているせいか、暖かいです。風も波も静かな日でした。
早速、出雲崎の一番突先に釣座を決め、道具の準備前回の勉強で、ハリス2,5号・ハリ7号・ハリス2,5ヒロをとり、今回は浅場なので浮き下3ヒロで開始です。3投目でいきなり40CMオーバーをゲットやっぱり、良く食っている証拠です。渡船で渡っている人も、地磯の人も順次、竿が曲がっているのです。
今回も、そうなんですが磯際が一番、当たりが多く良いサイズが出ます。
地元の方は、ハエが出ている磯際を狙うため、8M前後の長竿を使用していました。ハリスも3号を使っているらしく、40CMオーバーも引き抜き状態受け網をセットしているのですが、使う気配もなし・・・きっと、50CM前後用なんでしょう・・・自分は、30CM級でも常に使っていますが・・だって取り込みたいんです
17時まで竿を出し、結果は30CM級を2匹。40CM級を3匹。
今シーズンは絶好調です。
やっぱり、情報が第一ですネ。食っている所へ行くのが一番です。竿を持つ手も常に緊張感で一杯でした。
ところで、地元の方なんですが、40CM級のグレを3匹釣ったのですが、なんとサシエ3つで仕留め、2時間ほどの釣りで帰り支度
マキエしてたのかも見ていなかったです。
潮が変わったから、暫くは食わんで・・・と言い残し・・・実は、言った通りに昼前後はエサ取りも無くなり、当たり無しでした。
今度、出会ったら弟子入り志願しかないけど、弟子を選ぶ権利は向こうに・・・
毎回、釣行の際は地元の方と話しをし、道具・仕掛け・釣法・・・等等、情報を貰っているのですが、真似が出来ない事が多々です。
日々、チャレンジでこれからも、頑張りま~す。

釣太郎 中岡

みなべ わだま渡船釣行日記

かなりお久しぶりです
10日11日と2日間みなべのわだま渡船さんのお世話になってきました
10日は夜勤明けだったので大島でのんびり竿を出し
ポカポカの天気だったので竿お持ちながらウトウトしていると
キタベールを開けていたので一気に糸が出されてしまい、
慌ててグレと格闘したのですが・・・・ヤツはハリスを切って去っていきました
この後は・・・シーンと15時まで時間だけが虚しく過ぎてしまいました。
16:30上がりなので残り1:30がんばるぞと気合を入れ3投目
またしても竿まですごい当たりです今度こそはまたしてもプッーン
今日は坊主だと思い色々チャレンジをし00のウキを使い沈めて釣りをしていたら、
竿先にコツコツとグレがエサを食べる当たりが出てきました、
ここで慌てたら前回と同じだと思い少し糸を送り込んでついにグレです
超大事に取り込む事が出来ましたこの後も同じ釣り方でグレ3枚追加しました。
今まで00を使わなかったので今回良い勉強になりました。
11日目
今日は仮眠を十分に取ったので沖磯と思いましたが・・・・
やはり濡れたくないのでニシカベを選択しました、
この磯でいまだかつてグレの姿を見たことがありません
正直不安全開で始め、最初に右端の大きいサラシ中心に攻めて見たのですが当たり無し
理由は簡単でした、前日に続いて00のウキを使っていたからです。正直変えるのも手間なので
00のウキにBのナマリ3連打絶対に間違ってると思いながら、再度チャレンジ
するとすぐに当たりが竿まで来る当たり4回ほどありましたが鈎掛りしません。
何回かチャレンジしているとついにナカナカの手応えです。
2号で釣っていたのでグイグイ巻くとなんじゃこれは
なんとジャンボイサキです。今だかつて見たことがありません。
昼ぐらいから北西が強くなってきたのでサラシ内断念真ん中ぐらいでのんびり釣りをしていると
ウキが水中にと消えたので巻くとヤバこの仕掛けでは取れんと思うとすぐに切られました
00のウキを使い帰るまでにグレ2匹チヌ2匹を釣って終わりました。
お世話になったわだま渡船さんありがとうございました。

釣太郎 鍵田

出雲の小川渡船さんへ行ってきました。

1月10日、出雲の小川渡船さんに、お世話になりました。
早朝6時15分に出港です。ちなみに、16時までの磯渡しです。
渡磯はメンドリノハナに一人でした。
午前中は、当たりがあるのですが、取り込みが出来ずで・・
とにかく、棚が深い上にサイズも大きく、竿をのされてハリスがプッチ~ンハリもサイズアップしないと、竿まできている当たりでも、スッポ~ンとハリが抜けてしまいました。
何とか、午後にはつり方のコツを掴み、絶好調の面白い釣りモードに突入です。8つ掛けて、4匹の取り込みでした。35~40CMの見事なグレをゲットです。ウキ下が6ヒロと言う場所は不慣れで、本当に、てこづりましたが、4Bのガン玉で餌取を交わし、早く棚まで入れ、グレが食うと一気に巻き上げるため、ハリスも2,5号を使用。ハリもスッポ抜け防止でグレ鈎の8号を使用です。深い棚のため、磯際にハリス・道糸が擦れるので長い竿が有利です。
テナ、具合で楽しい釣行になりました。
しかし、船頭さんが磯渡しのとき、釣太郎のニーチャンこの島エーデと大きな声で渡磯には、あせりました。他のお客さんが、え?釣太郎・・と反応があり、どえりゃープレッシャーこりゃーどーあっても釣らなあかんまー結果、色々と工夫し釣果につながりましたが・・
10日は水温も17.2℃あり魚の活性は、とびきりの順調で、しばらくは楽しめそうです。大グレ狙いで数釣りも可能ン~明日も行ってこーかナ

釣太郎 中岡

江住の前田渡船へ行って来ました。

12月31日。釣り納めにて、江住の前田渡船さんにお世話になりました。
予報では、北西の風やや強く・・でしたが、快晴に恵まれ風も凪いでいました。6時40分に出航とと聞いていたので、6時過ぎに現着し他のお客さんと雑談しながら船頭さんを待っていました。ん~興奮を抑えながらの一時です。
他のお客さんの荷物を下ろすのを手伝いながら順次、島を巡り最後に、平島へ渡磯しました。
早速、道具の準備です。しかし・・・サシエが無い車に忘れてきた~
仕方がないので、マキエから拝借ところが、サシエ一発でウキが消し込み、充分な手ごたえ35cmのグレをゲット
幸先の良いスタートで気分も最高で、早速プッハァー
磯で飲むビールは一段と、お・い・し・い
一息ついたところで、再開です。数投目で、またしてもヒット心地よい引きを楽しみながら取り込むと37・8cmのグレです。
9時過ぎに、同僚と合流し同僚も40cmのグレを2枚追加し、納得の竿納めになりました。
2006年もつったろう

釣太郎 中岡

辛や・・恥ずかしや・・・

12月13日、日置、地磯(フカツロ)へ行って来ました。強風と4mの波の予報でしたが、こんな時こその地磯です。風は斜め後からで影響なしで波もフカセには好条件こんな日は、00号に潮受けゴムで対策・・・などと高尚を垂れながら現着です。しかし・・しかし・・です。ボイルを撒くとカモメの団体さんが・・・終いには玉ウキの横に鎮座し、ボイルを食っているんです。到着から30分。キレた受け網を振り回しボケーどっか行けと喚き散らしていると、ふっと後からの視線を感じ振り返ると、トラックが2台止まって・・・見られてしまったおもむろに、何も無かったように片付けを始め、30分の釣行ブログとなりました。
しかし、帰りの車で、すばらしいアイデアが浮かびました。
これやカモメ対策にバクチクとロケット花火を売れば、こりゃ~儲かるでこの提案はスゴイ
でも、よ~く考えると、こんな事言うと、笑われるか・・アホあつかいされるか・・へたすると無視されるかも・・・ですから、このブログを見たお客様、当店では、釣具コーナーには、バクチク・ロケット花火は置いていません。くれぐれも探さないよう、注意してください。
今夜は、夜勤です。早よ帰って寝よ・・・

釣太郎 中岡

今年はグレの当り年

またまた日置地磯へ行って来ました。今回は風が強く、頭から波をかぶりながらの釣行でした。先客の方が2人おられ、間に入れていただきました。竿を出し釣り始めるとすぐに当りが。隣の方がグレを釣られました。羨ましく思っていると今度は反対の方にグレが。時合いです!!すぐに僕の方にも来ました。この調子で入れ食いか。と思ったのもつかの間。つづきませんでした。また潮が変わり前に出ていたのが右に変わり、右となりの方に数回あたりが有りました。アイゴからムロアジ、サンノジ、グレと色々釣り上げていました。そうこうしているとやっとこちらにも当りがあり1匹追加です。続けてまたあたりがあり、上げて見るとイガミでした。潮が良かったのか、上まで浮いてきました。40cmありマルマル肥えていました。グレは38と30cmぐらいあり、今回も楽しく釣りが出来ました。次回も近いうちに行きたいと思います。

釣太郎 サワイ

南紀和歌山の釣り情報は釣太郎