2/12 マダイ

藤原貞雄様

魚種:マダイ 42cm

場所:串本大島 大島港

釣方:カゴ オキアミ・アミエビ

釣太郎白浜店にお持込いただきました。

ありがとうございます。

渡船・釣船の釣果写真 (あらほり渡船~浜中渡船)

  

  

串本 あらほり渡船

 

       

    

串本 かわばた渡船

 

     

須江 しょらさん渡船

 

出雲 小川渡船

 

 

詳しい情報は各渡船屋さんのHPをご覧下さい。

 

 

次回販売予定のマキ専用ボイル

こんばんわ

ボイルマキ専用SMですが、白浜店在庫終了しました。

今まで、ご購入頂きありがとうございます。

さてさて

次回、販売予定のマキ専用ボイルの紹介です。

 

品質ですが、サイズ(L)で若干半生(フレッシュボイル)タイプに思います。

マキ専用なので少しだけうす黒い物が混じります。ご了承下さい。

動画で撮影しましたので一度品質確認してみてください

新マキ専用ボイル

 

 

2月11日、みなべ堺の釣果

大島ではイサギの小さいえさとりが。

あとは少ないようです。

グレ43センチはオキアミで、グレ35センチはヒラアオサで。

「アオサでやったらかわいい尾長グレがようさん釣れた。」そうです。

水温はやや低めのようです。

この動画以外にも釣果あります。

 

 

白浜店の駐車場が満車の場合は

国道向こうにある喫茶ジャングルさんに止めてください。

ジャングルさんの了承を得ていますのでご安心ください。

夜間はできるだけ静かにお願いします。

ここは定食や軽食が低価格で気軽に食べれます。

マスターは多肉食植物ファンで、世界でひとつしか­ないサボテンも多数生育しています。

フラスコだけでも500本以上もあるという、とてつもないマニアです。

なかには、「これだけはどれだけお金を積まれても売れない。」と、いう一品も。

釣行の帰りにぶらっと立ち寄ってみられては?

 

天気いいです 今晩アオリ狙いに出掛けてみては!

沖は少し風波がたってますが、

北西4~5mくらいですね

今晩、アオリ狙いの方、多そうです!

白浜~串本間の磯では、夜間に剣先イカ釣れてるようなので、

小さいエギを持っていくと、いいかも知れませんね

今晩の満潮は夜20時ごろです。

辻っちベストショット!

当店スタッフの辻信三のベストショットを見て頂きましょう!

日置の三倉船頭との「かかり釣り対決」

日置 平八での夜釣り 釣れたのはイズスミ

日置の白灯にて

みなべでの講習会にて

目良渡船での沖西にて

黒田渡船のオオジブにて

日置のテトラにて

日置川にて

 

ますますおもしろい男です!

サビキでアジ好調

日によってムラはあるものの、まずまずアジが釣れてます

堺漁港や芳養漁港などがポイントです!

 

 

サビキ釣りを楽しもう!

一般的なファミリーフィッシング向けサビキ仕掛けです。小さいお子様も楽しめますよ!

サビキ釣りは、針にビニールや魚の皮などを巻きつけた疑似餌バリを使用し、サビキカゴ(コマセカゴ)に入れたアミエビがエサとなり小魚を集めます。小魚はエサと間違えて疑似餌バリに食いつくので針一つ一つにエサを付けなくても釣れるのですわーい(嬉しい顔)

いつごろ?
夏、秋を中心にほぼ周年楽しめます。
曇り空か小雨の日がベスト。また潮にやや濁りがある時を狙います。
時間帯は朝マズメが最高。
(マズメ…日の出・日の入りの前後の時間帯)

どこで?
防波堤の先端付近や外洋側が原則です。
海が荒れ気味の日は内側や手前が有利です。

★比較的安全な釣り場

どんな魚?
アジ、サバ、イワシなど
サバ(マサバ)サバ

サバ、イワシは上層、アジは下層を泳いでいます。

アジアジ

エサは?
サビキ用カゴ
一般的にアミエビとよばれる小さなエビを使用します。コマセカゴ(プラスチックカゴ)にアミエビを8分目ほどに軽く入れます。
また、魚を散らさないように定期的にアミエビを撒くと効果的。

サビキ釣り用に最適!
アミこませ←ダイワのアミこませはアミカゴに入れてそのまま使用。スプーンがついているので手も汚れません。堤防でのアジ・いわし・サヨリ・サバ・メバル・ホッケなどに。

釣り方は?
・ウキ止め糸でタナ(深さ)を調整する。

・アミエビをコマセカゴに入れる。

・周囲に気をつけて投げる。

・ウキが立ったら竿をしゃくり、コマセ(マキエサ)をまき、アタリを待つ。
飛ばしサビキ仕掛け 飛ばしサビキ仕掛け

・アタリはウキが消し込んだり、ウキが喰い上げたりする。充分待ってから合わせてもOK。

コツは?
・1匹かかってもあわてて上げずに追い食い (残りのハリにも魚がかかること)させることでたくさん釣り上げれる!

・タナ(深さ)は日によって違うので早く探し出す。

・コマセ(マキエサ)は切らさないよう、撒きすぎないように。

注意点は?
リールを早く巻きすぎるとアジは口が弱いので外れてしまいます。
ほどよくゆっくり巻きましょう。

サビキの仕掛け

飛ばしサビキ仕掛け
飛ばしサビキ仕掛け

カゴサビキ仕掛け
サビキ カゴ仕掛け

南紀和歌山の釣り情報は釣太郎