「地磯」タグアーカイブ

【4/20更新】★フカセ釣り(グレ・チヌ)情報★  チヌのっこみ!

こちらのブログでは隔週更新でフカセ釣りでの、グレ・チヌの情報を記載していきます

★最近のフカセ釣りの情報★


チヌが田辺の波止場や磯で好調です!

文里の波止場では48cm、天神崎ではグレの45cmにチヌの~44cmまでが4匹とチヌの季節です!

美味しい外道にマアジの20cm級も釣れてくるのでクーラーボックスに凍りは忍ばせておくと良いでしょう!

串本地磯で30~44cm28匹の釣果あり。

http://www.tsuttarou.com/archives/257243

 

 

 

●持ち込み釣果●

↓クリック↓

・最近のグレ(メジナ)釣果一覧【持ち込みの釣果・情報】 

↓クリック↓

・最近のチヌ(クロダイ)釣果一覧【持ち込みの釣果・情報】

 

http://www.tsuttarou.co.jp/chouka/index.html  (魚種チヌで検索してください)

 

※持ち込み釣果ピックアップは2016-09-中旬以降の情報です

↑南紀で釣り上げられた釣果で、当店にお持込いただいた釣果情報を元に抜粋して一覧にしております。

※尚、防波堤などでの釣果は防波堤ページにも記載されます→ 堤防釣り情報


磯(沖磯・地磯)の近況

・スタッフの一言

地磯のグレはほぼ終盤。グレを釣るなら潮通しの良い磯にのってもらえば確率も上がります。

現在グレは産卵~産卵終わりでこのグレ達は口を使わなくなります。

 

チヌ釣りはこれからエサ取りが増えてきますので紀州つりがメインになってきます。

 

 


ゴミ問題

さて、釣り場での問題になるのがゴミです。

防波堤や磯でのゴミ放置が目立ちます。

見草漁港も椿漁港も地元の方がゴミが増えたと釣りに来てちゃんと持ち帰れないのか?と耳にしました。

ゴミは必ず持ち帰ってください。

釣人が持ち込まなければ、ゴミ(オキアミの袋やサシエサのパック)は増えません

 

釣り場の清掃にご協力下さい


●エサ取り情報●

磯 エサトリ種類情報:オヤビッチャ、シラコダイ、チョウチョウウオ、コッパグレ、イワシ(トウゴロ)、イサキの子【ビリコ】(串本・白浜富田周辺)、アカジャコ(ネンブツダイ)、キタマクラなど。

4月:水温が18度を超えてきて20度近くまで。

エサトリが多くコッパ尾長も出てきたようです。

潮通しのいい所ではイサキ交じりでグレも30cm級が釣れるようですが産卵後のため基本的に良型~中型グレは食いがイマイチな時期。

 波止場 エサトリ種類情報:ヒイラギ、チャリコ、フグ、コッパグレ、イワシ、アジ、コサバ、ネンブツダイなど。

チヌは大き目のオキアミ、ボイルオキアミなどで小さなエサトリを交わしながら底付近で食ってきています。小さなエサトリにえさを取られないように大き目のエサ選択が◎

 

 


●海水温の状況●

水温変化状況
2016年 9月上旬~10月中旬 約24~27℃前後
2016年 11月中旬~ 約21~23℃前後
2016年 11月下旬~12月上旬 約21℃前後
2016年 12月上旬~12月中旬 約20~19℃前後
2016年 12月中旬~ 約18~20℃前後
 2016年 12月下旬 約18~19℃前後
 2017年 1月上旬 約17℃前後
2017年 1月上旬~中旬 水温16度前後
2017年 1月中旬 黒潮接岸で18~19度台
2017年 1月下旬 黒潮接岸で18度台~17度に
2017年 2月上旬 黒潮離岸で15~16度
2017年 2月中旬 水温急低下で13度・・・・
2017年 2月中旬~下旬 水温16~17度まで上昇
2017年 3月初旬 水温16~17℃
2017年 3月中旬 水温16~17℃
2017年 3月下旬 水温白浜17~周参見19℃
2017年 4月上旬 周参見18~19度安定、南部18度
2017年 4月中旬 周参見串本19~20度、みなべ18度前後

 

水温の変化は釣太郎渡船釣果、天気の黒潮図より小まめに情報入手しよう!

低下時の食い渋り対策、水温上がり時のエサ取り対策は万全に!

 


●マキエの目安●

グレ

・オキアミ3キロに対して集魚材1袋がメーカーの基準となります。

 遠投:オキアミ3キロ+集魚2袋 

 近投:基準通り 

 足元:オキアミ3キロ+集魚少量(半袋)

・寒グレシーズン到来で、食い渋りも予想されますので~低活性のグレの活性を上げる為にもアミエビや高集魚の集魚材が必要になりますね!

 食い渋りアミエビ秘策:オキアミ(生・ボイル)とアミエビを溶かし、バッカンなどに入れてアミエビの汁を吸わす。アミエビの集魚効果がオキアミに入り込み集魚効果が高いオキアミに変身!

 それからオキアミと集魚材を混ぜ合わす。 

釣太郎オススメのマキエサの分量

オキアミ:生オキアミ3キロを2枚、ボイル1.5キロを1枚(ボイルはお好みで)

アミエビ:2キロか3キロのどちらかを1個

集魚材:2袋~3袋

売れ筋集魚材:マルキューV9、釣太郎オリジナルグレ大、ダイワど遠投、マルキュー遠投フカセTR

この組み合わせがお客様の中で最も多い組み合わせです。(一日分のマキエサの分量)

 

チヌ

基本的に集魚材の割合を多くします。グレ釣りとは違い、『底にエサを溜めてチヌを寄せる』釣りになりますので比重の重たいチヌ用配合材を使用します。

半日:生オキアミ3キロ+チヌ用集魚材1袋~2袋+麦1袋

1日:生オキアミ4.5キロ+チヌ用集魚材3袋+麦1袋

集魚アップでアミエビ入れてもOKですが、入れすぎるとエサ取りを増やしてしまいますので波止場周りでの小魚の状況で判断ください(アジ、小サバなど)

 

 


●皆様からのLINE投稿●

皆様からのLINE釣果投稿 クリック→ ・LINEからの投稿

釣太郎LINEをご登録頂いている方からの投稿です

魚種は問いません!天気や釣り場情報、魚料理など釣りに関することならなんでもOK!

釣太郎LINE登録方法:LINEインストール後→  ・釣太郎LINE


●渡船の釣果・地磯案内●

南紀の渡船店クリック→ ・渡船・遊漁船一覧

南紀の地磯マップクリック→ ・釣り場マップ