「フカセ釣り」タグアーカイブ

【毎日更新】★フカセ釣り(グレ・チヌ)情報★  デカグレ絶好調!

こちらのブログでは隔週更新でフカセ釣りでの、グレ・チヌの情報を記載していきます

★最近のフカセ釣りの情報★


●持ち込み釣果●

↓クリック↓

・最近のグレ(メジナ)釣果一覧【持ち込みの釣果・情報】 

※釣果ピックアップは2016-09-中旬以降の情報です

↑南紀で釣り上げられた釣果で、当店にお持込いただいた釣果情報を元に抜粋して一覧にしております。

※尚、防波堤などでの釣果は防波堤ページにも記載されます→ 堤防釣り情報


磯(沖磯・地磯)の近況

・スタッフの一言

水温急低下で13度・・・南紀でこんなに下がるのは数年ぶり??

エサも触らない事もあったようでシブーイ釣りが予想されます。

現在は上昇傾向にあるので今後期待できそうですね!

 


ゴミ問題

さて、釣り場での問題になるのがゴミです。

防波堤や磯でのゴミ放置が目立ちます。

見草漁港も椿漁港も地元の方がゴミが増えたと釣りに来てちゃんと持ち帰れないのか?と耳にしました。

ゴミは必ず持ち帰ってください。

釣人が持ち込まなければ、ゴミ(オキアミの袋やサシエサのパック)は増えません

 

釣り場の清掃にご協力下さい


●エサ取り情報●

エサトリ種類情報:オヤビッチャ、シラコダイ、チョウチョウウオ、コッパグレ、イワシ(トウゴロ)、イサキの子【ビリコ】(串本・白浜富田周辺)、アカジャコ(ネンブツダイ)、キタマクラなど。

2017年1月~のスタッフ試し釣りのエサ取り調査。

白浜地磯ハシタテ・シガラミ:フグ、シラコダイ、チョウチョウウオ、ビリコ(イサキの子)

天神崎:フグ、ビリコ、アカジャコ(ネンブツダイ)

串本:コッパグレ、アカジャコ、チョウチョウウオ、キタマクラ

出雲沖磯:イワシ、キタマクラ、フグ、ビリコ、イワシ 

太地:コッパグレ(足の裏)、カワハギ、イガミ、フグ、チョウチョウウオ

他エリアは分かりませんが黒潮接岸時の水温上昇はグレの活性だけではなく、エサ取りの活性も上げるのでマキエサの量などは気を付けよう!

 ※最新エサ取り情報2月に入り水温が下がってしまい16度前後。天気はぽかぽかですが海の中では活性が下がっているかもしれません。じっくり狙ってみましょう!


●海水温の状況●

水温変化状況
2016年 9月上旬~10月中旬 約24~27℃前後
2016年 11月中旬~ 約21~23℃前後
2016年 11月下旬~12月上旬 約21℃前後
2016年 12月上旬~12月中旬 約20~19℃前後
2016年 12月中旬~ 約18~20℃前後
 2016年 12月下旬 約18~19℃前後
 2017年 1月上旬 約17℃前後
2017年 1月上旬~中旬 水温16度前後
2017年 1月中旬 黒潮接岸で18~19度台
2017年 1月下旬 黒潮接岸で18度台~17度に
2017年 2月上旬 黒潮離岸で15~16度
2017年 2月中旬 水温急低下で13度・・・・

 

水温の変化は釣太郎渡船釣果、天気の黒潮図より小まめに情報入手しよう!

低下時の食い渋り対策、水温上がり時のエサ取り対策は万全に!

 


●マキエの目安●

・オキアミ3キロに対して集魚材1袋がメーカーの基準となります。

 遠投:オキアミ3キロ+集魚2袋 

 近投:基準通り 

 足元:オキアミ3キロ+集魚少量(半袋)

・寒グレシーズン到来で、食い渋りも予想されますので~低活性のグレの活性を上げる為にもアミエビや高集魚の集魚材が必要になりますね!

 食い渋りアミエビ秘策:オキアミ(生・ボイル)とアミエビを溶かし、バッカンなどに入れてアミエビの汁を吸わす。アミエビの集魚効果がオキアミに入り込み集魚効果が高いオキアミに変身!

 それからオキアミと集魚材を混ぜ合わす。 

釣太郎オススメのマキエサの分量

オキアミ:生オキアミ3キロを2枚、ボイル1.5キロを1枚(ボイルはお好みで)

アミエビ:2キロか3キロのどちらかを1個

集魚材:2袋~3袋

売れ筋集魚材:マルキューV9、釣太郎オリジナルグレ大、ダイワど遠投、マルキュー遠投フカセTR

この組み合わせがお客様の中で最も多い組み合わせです。(一日分のマキエサの分量)


●皆様からのLINE投稿●

皆様からのLINE釣果投稿 クリック→ ・LINEからの投稿

釣太郎LINEをご登録頂いている方からの投稿です

魚種は問いません!天気や釣り場情報、魚料理など釣りに関することならなんでもOK!

釣太郎LINE登録方法:LINEインストール後→  ・釣太郎LINE


●渡船の釣果・地磯案内●

南紀の渡船店クリック→ ・渡船・遊漁船一覧

南紀の地磯マップクリック→ ・釣り場マップ


↓クリック↓

・最近のチヌ(クロダイ)釣果一覧【持ち込みの釣果・情報】

まだ情報が少ない~本番は3月以降となります!

寒チヌも面白いので是非狙ってみてください!

 

以上ボリ兄でした~

海釣り初心者STEP3-5((釣り道具)ウキの使い方や種類

海釣り初心者STEP3-5((釣り道具)ウキの使い方や種類

海釣りでウキ釣りといえば様々な形がありどれがいいのか迷ってしまいますよね!

まずは初心者の方がウキ釣りの面白さを分かる為にも簡単で扱いやすいウキゴムに直接ウキを挿して固定し使うウキの紹介です。

・ウキゴム固定ウキ(棒ウキ・ポリカンウキ)

固定ウキトリ

 

ウキゴムを道糸に通し、狙いたい深さでウキをゴムに挿して使います。

ウキ自体が軽いので飛ばすことは出来ず基本的には足元~竿下までの釣りの範囲となります。

万能振り出し竿(のべ竿)で使われることが多くお子様から年配の方まで幅広く楽しめるウキとなっております。

棒ウキは感度重視、ポリカンウキはアタリが分かりやすいウキとなっております。

仕掛け例:

 

・管付きウキ

ウキ釣りで最も釣りウキの種類が多いのが管付きウキで、チヌ釣り・釣り堀・遠投カゴ釣など魚種に合わせて沢山の形状のウキが販売されており、狙いたい魚種の名前の付いたウキを選べば迷うことも少ない。

管付きウキの特徴といえばウキ止めの位置を変えれば狙う深さが幅広くなり、狙いたい魚種や海の状況によって変えていく事ができるのが大きなメリット。

デメリットは部品(ウキ止めやスナップ)などたくさんの小物が要るということと投げる際に仕掛けが絡まないように工夫して投げなければならない。(練習すれば直ぐに克服できる)

ウキに決められた魚種がないのが万能管付きウキなので初めはそれらで良い。

管つき棒ウキトリ

大きく分けてよく見かけるウキは上記の3種類になってくる。

管付きウキは遊動スナップとセットで使う。

誘導スナップは仕掛けが馴染む際にウキを安定させる為だけではなく、ウキの交換もワンタッチで行えるので釣場の状況変化にすぐさま対応することが出来たりと是非使ってもらいたい

 

・サビキ用ポリカンウキ

左側上部のウキはサビキ釣りなどで使われるサビキ用ポリカンウキで皆さんもよく目にすることがあるでしょう。

浮力が大きくサビキのオモリカゴの重さに耐えられるようにボディーも大きく見やすくなっております。

ウキサビキ仕掛け図

サビキ仕掛けイラスト

 

 

・遠投カゴウキ

名の通りカゴ釣りで使われるウキで上部に羽のようなプラ板が付いているもの。

風の抵抗を減らす為と沖合いでの視認性でこういった形になっているものが多い。

上部に付いているチューブは夜釣りなどでも使えるようにケミホタル(発光ライト)を付けれるようになっている。(チューブが無いものもある)

遠投カゴ釣り仕掛け図

カゴ釣り仕掛け

 

 

・棒ウキ

棒ウキと言えど種類が多彩にあり浮力号数も沢山あり選ぶ時は迷ってしまうかもしれない。

そういう時は万能タイプを使うと良い。

防波堤周りなら0.5号~1.5号の浮力があれば大体はまかなえる。 チヌ・グレ・アイゴなど

磯周りなら0.5号~3号があれば大体はまかなえる。グレ・コロダイ・チヌ・マダイ・イサキ・イガミ

万能棒ウキで防波堤でチヌ釣り

・棒ウキ仕掛け図

棒ウキチ仕掛け

 

・円錐ウキ(ドングリウキ・フカセタマウキ)

円錐ウキトリ

一般的にフカセ釣りと呼ばれる分類の釣りで使用されるウキ釣りで使われているのがこの円錐ウキというもの。

今まで紹介したウキとは形状が違ってウキの真ん中に穴がありその穴に道糸が通るので他のウキとはここが違う。

基本的に軽い仕掛けを得意とするウキなので0~5Bまでの浮力を使用する方が多い。

この円錐ウキは軽い仕掛を潮の流れに乗せて流していく釣りに向いており、そもそもこのウキは磯の人気ターゲットのメジナ(グレ)を釣る為に進化を遂げていったウキである。

カラーリング・形状・大きさなど各メーカーから出ているウキの多さでは棒ウキの種類を凌ぐほど。

磯釣りといえばフカセ釣り、フカセ釣りといえばメジナ(グレ)釣り、メジナ(グレ)釣りといえばこの円錐ウキとなる。

毎年秋口~冬~初春まではこのメジナ(グレ)釣りのお客さんが多く和歌山南紀エリアに多く来てくれて、釣太郎も秋から晩冬まではメジナ(グレ)釣りのお客さんで賑わいます。

 

フカセ釣り円錐ウキの仕掛け例

フカセ釣り仕掛け

 

ウキ釣りには様々な仕掛けがありますのでやってみたい仕掛け、釣ってみたい魚種で選んでみてください。