「シロギス」タグアーカイブ

2017年 キスの釣果一覧

キスの持ち込み釣果&スタッフの釣果などを一覧表にしています

今後の釣行の参考までに~~

皆様の釣果のお持ち込みをお待ちしております 

5月に入って~キスが数釣れ始めました!

日付 エリア名 ポイント名 サイズ 匹数 釣り方・エサ 関連リンク
3/3 みなべ町 埴田漁港 12~14cm 3匹 石ゴカイ ブログ
3/19 みなべ町 埴田漁港 15cmまで 5匹 石ゴカイ ブログ
 3/23 みなべ町  埴田漁港   —  1匹  —— ブログ
4/2  印南町   —- 10~18cm  15匹  石ゴカイ  ブログ
4/5 田辺市 湊浦漁港 13cm 5匹 石ゴカイ ブログ
 4/6 みなべ町  埴田漁港   —-  14匹  石ゴカイ ブログ
4/15 田辺市 文里漁港 7~10cm 8匹 石ゴカイ ブログ
4/15~16 田辺市 文里港 ~17cm 25匹 石ゴカイ ブログ
4/19  みなべ町  埴田漁港  ~?約17cm前後 9匹   石ゴカイ ブログ 
 4/20 田辺市  会津川河口 周辺 ~20cm   11匹 石・青  ブログ 
4/21  田辺市  新文里港 ~19cm  9匹  石ゴカイ   ブログ
4/22 田辺市 新文里港 ~18cm 5匹 チロリ・石 ブログ
4/29  田辺市  新文里港   ~18cm 11匹   石ゴカイ  ブログ
4/30   田辺市 芳養中浜   ~16cm  10匹  石ゴカイ ブログ 
5/3 田辺市 芳養 21~23cm 3匹 石ゴカイ ブログ
5/5 みなべ町 みなべ河口 ~16.5cm 4匹 石ゴカイ ブログ
5/4 みなべ町 —- ~14cm 13匹 石ゴカイ ブログ

5/7

田辺市 新庄町浜 ~19cm 4匹 石ゴカイ ブログ

5/8

スタッフ

みなべ町

田辺市

岩代浜

文里港

12~18.5cm

11~21cm

21匹

6匹

石ゴカイ

石ゴカイ

ブログ
5/12 田辺市 磯間 18cm 3匹 石ゴカイ ブログ
5/16 みなべ町 みなべ海岸 21匹 チロリ ブログ
5/17 田辺市 芳養浜・埴田漁港 12~17cm 36匹 石ゴカイ ブログ
5/17 田辺~みなべ 岩代 12~17cm 計42匹 石ゴカイ ブログ
5/18 みなべ 岩代 10~17cm 23匹 石ゴカイ ブログ
5/18 みなべ~田辺 文里~岩代 ~20cm 14匹 石ゴカイ ブログ
5/24 田辺~みなべ 岩代-埴田-文里 15匹 石ゴカイ ブログ
             

 

海釣り初心者STEP6-15(投げ釣り)釣った魚の料理方法

海釣り初心者STEP6-15(投げ釣り)釣った魚の料理方法

さて!釣りの後の楽しみといえば!!

そう釣った魚を頂くことですね!

投げ釣りといえばシロギス!

シロギスといえば天ぷら、フライなどが一般的ですが、料亭などで食べると結構な値段しますよね・・・・・・・

でも自分で釣って料理すれば高級なキス料理をお腹いっぱい食べることが出来るのです!!

なんと贅沢なんでしょう~!

『釣り人の特権』

とはこの事です!


●キスの料理●

キスを捌く。


・キスと野菜を一緒に食べれる

キスと夏野菜の揚げ出汁


・大き目のキスをお造りで頂こう!

キスを造りにする方法。番号をクリック→     


・定番!キスの天ぷら!

キスの天ぷら


・子供も大好きサクサクキスのフライ

キスのフライ


 

海釣り初心者STEP6-14(投げ釣り)投げ釣りで根掛りしたら

海釣り初心者STEP6-14(投げ釣り)投げ釣りで根掛りしたら

s__25640968

投げ釣りはオモリのついた仕掛けで海底を引きずる為に岩や海藻などにひっかる事があります。

根掛りは付き物と考えて予備の仕掛けは必ず用意してください。

海底にオモリや針が引っ掛かってしまうと外れないの?

もし外れたとしても針先が痛んでいたり、糸が傷ついている場合があるので結び替えや交換が必要になってきます。

根掛りを外そうとする場合、竿を煽って(曲げて)しまうと大きな負荷が竿に掛かり、折れたり、破損してしまう事がありますのでなるべくはタオルなどで竿から出てる糸を掴んで引っ張って切る方が破損も防げます。

ただ、オモリが外れた勢いで飛んでくる場合もあるので十分に気をつけましょう!

道糸を仕掛けの糸より太くすればオモリのロストを最小限に抑えることができるのでお勧めです。

市販の投げ釣りの仕掛けは細い仕掛けが多いので大体は針が切れて戻ってくることが多い傾向です。

竿を曲げずに仕掛けを切る

 

糸を掴んで切る(素手では怪我します)

タオルは手を拭くだけではなく根掛りを外す時の保護としても使えますので必ず持参してください。

 

海釣り初心者STEP6-13(投げ釣り)釣れない時の裏技

海釣り初心者STEP6-13(投げ釣り)釣れない時の裏技

 

初心者の方に分かりやすくキス釣りを説明いたします

まずはキスという対象魚を観察して下さい

キスは口が小さくまるでおちょぼ%e3%82%ad%e3%82%b9

海底などにいてる石ゴカイを捕食しています。

 

私は超浅瀬でサイトでキスを釣りましたのでその時の見たときの捕食行動を元に少しお話します。

海底をオモリで引きずると砂煙が起こります。

実際に引きずるとこれに気付いたシロギスはエサの付いた針ではなく、派手なカラーのオモリの真後ろに付いてきていました。

(赤いオモリなど使うと白い砂浜の上では非常に目立ちます)

エサの付いている針はキスの後ろです 😥 

そこで巻くのをやめると周辺を探し回っているように徘徊して針の付いたエサを見つけて食い始めました 😆 

数匹居るときは取り合いのような早い動きでエサを食いますので当たり激しいときは群れのキスで、アタリが小さいときや散漫なときは群れが小さいか固体が小さいかですね。

エサを捕食するときは激しく振り回すのが特徴で長いゴカイだとその傾向が強くなります。

そのゴカイは砂の中に居てるのでキスは咥えて砂の中からいったん引きずり出して本食いします。

なので一回目のアタリで合わせなどすると端っこを咥えているだけなので針に付いている石ゴカイなどが千切れてしまいます

で素針を引いてくることが多いのでしょう

なので一口サイズのゴカイにすれば一発で飲み込んでくれます

吸い込みやすい細長い針が主流です

ふところと言う針の内が狭いほうが吸い込みやすいのでキス釣りに特化した針なんです

針にゴカイを刺す場合はなるべく細めで、刺したら針から少し出してカットして使うといいでしょう

アタリが少ない場合は数本の針のうち一本の針だけゴカイ一本刺しで目立たせて残りの針は一口サイズで食わせようにエサの刺し方を一工夫すれば釣果はアップしました

青イソメは石ゴカイより太いので小さいキスを避けて大型のキスを狙うときにいいでしょう

天ぷらサイズは石ゴカイでOK

針の形状を何種類か合わせて使って、食い込みのいい方、掛かりがいい方の針を使っていけばいいと思います

こんな感じで中々釣れない場合は針とエサの刺し方を一工夫して見て下さい。

後は海の中を想像することが大事です!

妄想に更けましょう!w

海釣り初心者STEP6-12(投げ釣り)釣った魚の保管方法

海釣り初心者STEP6-12(投げ釣り)釣った魚の保管方法

キスの投げ釣りシーズンは夏!

クーラーは必需品!それに氷も必需品!

スタッフのキス釣りクーラーボックス使用例です!

・クーラーボックス ・水汲みバケツ(クーラーボックスの内寸に合うもの)

・タオル ・密封ジップ付き袋 ・海水(海で汲んでください) ・氷

安いクーラーボックスを改造してキス釣り用に改造しています!
上記をクーラーボックスに組み合わせていきます。

IMGP2632

水汲みバケツをクーラー内にはめてここに釣ったキスを入れていきます。

ちょうどいいのを探して下さいね~~

IMGP2633

氷(釣太郎100円氷)を本来は半分に割り、ジップ付き袋に入れてひとつは水汲みへ、ひとつはクーラーボックスの空いたスペースに入れます。

キスを入れる場合は水汲み内に海水を入れて氷でキンキンに冷やします。

その海水にキスを入れていくんです 😆

海水に入れていくほうが魚全体がきちんと冷え、氷だけだと氷に当たらない魚はきちんと冷えませんので鮮度が落ちます。

使用例↓

IMG_4308

撮影のためにジップ袋氷は抜いています。↑

氷投入時↓

S__19537922

海水量は氷ひたひた程度が氷が解けにくく、海水もよく冷えます!

入れすぎると移動時に横のスペースにこぼれてしまいます・・・

氷を直接海水に入れないのは、海水魚は真水に当てないほうがいいと考えておりますので

IMGP2634

空いた右側のスペースの氷の上に木箱エサ箱を置いて炎天下の下でも虫が弱りにくいように冷やしておきます。(冷えすぎる場合はタオルなどを間に入れます。)

IMGP2635

クーラーの外側に取っ手を取り付け、そこに小分け用のエサ箱と魚バサミをセット!

一回一回クーラーを開けてしまうと冷気が逃げて氷がすぐに解けてしまいます。(安いクーラーボックスは保冷力が弱いのですぐに氷が解けてしまいます)

空いたスペースは小物を収納し身の回りはコンパクトに!

記事内容元ブログ↓

スタッフの激安投げ釣りクーラーボックス改造編

 

 

海釣り初心者STEP6-10(投げ釣り)投げ釣りに必要な道具

海釣り初心者STEP6-10(投げ釣り)投げ釣りに必要な道具

こちらのSTEPでは投げ釣りに行くなら最低限これは用意して欲しいというものをご紹介させて頂きます。

%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

・クーラーボックス

キス釣りは夏の釣り!

クーラーボックスと氷は必ず持って行くように心掛けてください。

・せっかく釣った魚が痛んでしまって食べられない。

・虫エサがすぐに死んでしまい釣りができない。

クーラーボックスに氷を入れて釣れた魚をきちんと冷やす。だけでは無く虫エサの保管、自分の飲料を冷やすこともできるので一石三鳥?それ以上になります。


%e8%99%ab%e3%82%a8%e3%82%b5%e6%9c%a8%e7%ae%b1

・虫エサを保管する木箱

夏の釣りのキス釣り。虫エサは暑さに弱く、炎天下の地面の上などに置くとすぐに死んでしまいます。

クーラーボックスに入れる際もこういった木箱を使用すると冷えすぎない、虫エサの乾燥を防いで弱りにくくする、ゴミが増えないのでエコなどの利点がたくさんあります。

木箱の使い方:木箱を海水、または水に浸して水分を含ませる。クーラーボックスなどの中に保管用として入れておき、虫エサを入れておく。

小出しにして使う場合は別の小出し容器(エサ箱)を使うと開閉によるクーラーボックス内の気温の上昇を最小限に防ぐことが出来る。

 


%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%81%e9%a1%9e

・ペンチ類

魚や毒魚が釣れた時に手を汚さず魚を掴むことができる魚つかみ。

飲み込まれたときや、衣服に針が刺さった場合、毒魚が釣れた場合などペンチがあれば便利。

ハサミは虫エサをカットしたり、仕掛けをカットしたりと必ず用意しよう!


などで、少ない道具で出来る投げ釣り。

というのも、『キス釣りは足で稼げ』といわれるほど移動が多い釣りで、一つのポイントでは数投して反応が無ければ歩いてと移動しながら群れを探す釣りなのです。

なので荷物は最小限でコンパクトにするのが鉄則で余計なものは極力省くのがたくさん釣る秘訣。

なのでクーラーボックスに全てをセットすれば荷物が少なくなるのでオススメです!

スタッフのキス釣りクーラーボックス周りの工夫

↑こちらを参照にして下さい!

海釣り初心者STEP6-9(投げ釣り)投げ釣りのコツ

海釣り初心者STEP6-9(投げ釣り)投げ釣りのコツ

%e3%81%93%e3%81%a4

さて、このSTEPではいよいよ実釣編となります!

いざ砂浜や防波堤などに行って闇雲に投げているだけでは沢山釣ることができません!

ここで砂浜と防波堤でのキスの釣り方を少しご紹介してみたいと思います。


・砂浜編

キスはシーズンになると産卵を意識して浅場に来ます。

皆さん投げないと釣れないイメージ無いですか?

波打ち際で釣れるなんて私も半信半疑でしたが本当に波打ち際のオモリが確認できるところでアタリが多くまとまって釣れました!

なので初めは少し投げて、遠目からゆっくりと引きずって来ながらアタリの多いポイントを探して、きちんと足元の波打ち際まで探ってあげることが大事になります。

しかし、波打ち際で釣れるときというのは条件がいいときが殆どで後は少し投げて沖の海底の起伏(かけあがりやストラクチャーまわり)にキスが溜まっていることが多いのです。

アタリがあった場所を効率よく攻める為にも色分けされた道糸(ナイロンラインやPEライン)で把握すると手返し良く攻めることが出来ます。

時期が進むにつれて波打ち際から離れて少し遠くなります。

エサが豊富な川の流れ込みがある砂浜や、起伏の多い砂浜、岩礁帯がある砂浜は年中居ついてる場合もあるのでそういった砂浜を見つけて釣る方がいいでしょう。


・漁港(防波堤)編

防波堤は波の影響を受けにくい場所になり、キスが好む海底の起伏も無いだろうと思われがちですが、ここでは船が通る場所に出来るみお筋(人工的な起伏)にキスがつきやすいのです。

外洋と違い、海の海況に左右され難いので一度キスが入るとまとまって釣れる傾向があります。

アジ釣りやウキ釣りのマキエが海底にこぼれるとキスもそのマキエに群がったり、小さな小魚やエサとなるものも多くあるので以外に良く釣れるスポットなのです。

これには条件があって、砂浜に隣接する漁港、漁港内が砂地の漁港、海底に岩礁帯などがある、干満で潮位の変動があるなどで、こういった条件が見込める釣り場ではキスは釣れます。

後は立ち位置から扇状に投げてキスの群れを探すのです。

漁港内にまとまった群れが入ってくるとちょい投げで大釣り(大漁)がやりやすいのも漁港ならでは!

 

海釣り初心者STEP6-8(投げ釣り)投げ釣りのエサの付け方

海釣り初心者STEP6-8(投げ釣り)投げ釣りのエサの付け方

%e3%81%88%e3%81%95%e4%bb%98%e3%81%91%e6%96%b9

エサ(虫エサ)の付け方のご紹介です!

虫エサ(石ゴカイ・青イソメ)は生きているものを使用するので苦手な方も多いですが、便利アイテムなどを交えてご説明したいと思います!


虫エサが大丈夫な方は、


虫エサが苦手な方は、虫エサバサミ、虫エサつかみ等で、

虫エサ掴みを使ってエサをつける(練習して慣れましょう)

虫エサバサミを使って虫エサをつける(練習して慣れましょう)


虫エサはヌルヌルとして滑りやすいので、石粉、滑り止めなどを振り掛けます。

左:イソメの友  右上:石粉  右下:ヒル石(バーミキュライト)

imgp2939

ヒル石は販売時に一緒に容器に入っているものです。

これでも滑り止め効果がありますが、虫の割合が多いと滑りやすいので、イソメの友や石粉などを追加します。

数投分ずつ使う分だけを容器から出して小分けのエサ箱に入れて石粉などをかけると良い。

ヌメリが取れすぎると虫エサは弱りやすくなってしまうので注意して下さい。


・虫エサの付ける時の注意点

とにかく付ける時の基本として仕掛け(針)に対してまっすぐに刺す事が基本です。

曲がっていると投げて引いて来るときにクルクルと回ってしまい、仕掛けのトラブルの元になってしまいます。


虫エサが苦手な方

マルキューパワーイソメの刺し方


アピール重視なら1匹掛けで、アタリが多く手返し重視なら垂らしを1cmほどにして、連掛け重視なら垂らしは殆ど無くても(針が隠れる程度)でやってみましょう!

海釣り初心者STEP6-7(投げ釣り)投げ釣りエサの種類

 

海釣り初心者STEP6-7(投げ釣り)投げ釣りエサの種類

%e3%82%a8%e3%82%b5%e7%a8%ae%e9%a1%9e

投げ釣りで使われるエサで虫エサと呼ばれるものがあります。

一般的に良く使われているのが、

1:石ゴカイ(ジャリメ)

a9aba4c3ff3266a74ccb345acf6fbf96

2:青イソメ(青虫)

f726591a83863952dab2a282019da74c

となります。

ぱっと見た感じ分かり辛いですが、青イソメのほうが大きく太く、石ゴカイは細く短いといった感じでしょうか。

左が石ゴカイ、右が青イソメ

rimg1468

シロギス(キス)は口が小さく尖っていますので石ゴカイが最適です!

↓エサについてよくある質問をまとめたブログがありますのでご覧下さい!

クリック→虫エサ選びのコツ

 

キスに友情出演いただいて説明動画


虫エサが苦手!な方は虫エサに似せたバイオワーム(人工エサ)がありますのでそちらをお使い下さい!

マルキュー パワーイソメ

人工ワームでキス釣れるの??

ご覧下さい↓

違和感あれば吐き出しますが、しっかりと飲み込んでいます!

虫エサが苦手でもこのパワーイソメがあれば気軽にはじめることができます!

海釣り初心者STEP6-6(投げ釣り)投げ釣りの仕掛け

海釣り初心者STEP6-6(投げ釣り)投げ釣りの仕掛け

%e4%bb%95%e6%8e%9b%e3%81%91

現在大きく分けて二通りの投げ釣りがあるとお考え下さい。

  1. 今まで通りの遠投してシロギスを狙う 『遠投投げ釣り』
  2. 手軽にライトなタックルで近場のシロギスを狙う 『ちょい投げ釣り』

同じじゃないの?と思われる方が多いかと思いますが、近場で使うライトな仕掛けを100mは飛ばすことは出来ませんし、遠投する仕掛けをちょい投げなどで使うライトなタックルでは重すぎて使いにくいということになります。

それぞれのタックルに合う仕掛けの選択が必要になってくるのです!

それでは仕掛けの説明ですが、投げ釣りの仕掛けは非常にたくさんありますので定番仕掛けのみをご説明させて頂きます!


・ハヤブサ 簡単投げ釣りセット

%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%84%e4%bb%95%e6%8e%9b%e3%81%91

エギングロッドやコンパクトロッドに最適で子供から年配の方まで幅広い世代に支持されているちょい投げ仕掛けの決定版!

セッティングも簡単で初心者の方に特に人気!


・ササメ ちょい投げセット

%e6%8a%95%e3%81%92

こちらも定番のちょい投げ仕掛けですが、オモリが8号ということで先ほど紹介したハヤブサの仕掛けより少し遠投が出来ます!

エギングロッドや投げ専用竿などが相性が良く、ど定番仕掛けですので場所を選びません!


・第一精工 キング天秤 (ジェット天秤)

%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%83%e3%83%88

昔ながらのジェット天秤で主に投げ専用竿などで遠投する場合に使うとGOOD!

アタリも分かりやすく、仕掛け絡みもしにくいので昔から形状なども殆ど変わらない定番中の定番仕掛けです!


・ササメ ショアライト天秤 (エアーシンカー)

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc

天秤のオモリ上部に発泡素材が入っており海底で立つように作られた天秤。

海藻や岩などの根掛りが多いところで威力を発揮します。

またエサが漂うのでアピール力もあり、最近ではちょい投げ仕掛けの人気商品となっております!

エギングロッドやコンパクトロッドに最適な軽めのライト仕掛けとなっております!


仕掛け(針)部分の紹介です!

フグに飲み込まれて針が無くなった、根掛りして針が無くなった時にワンタッチでオモリから下の針を交換できる仕掛けです。

・ササメ ちょい投げ・キス競技・キス早掛(2本針・3本針)

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a4%e6%8a%95%e3%81%92%e3%82%b5%e3%82%b5%e3%83%a1 %e3%82%ad%e3%82%b9%e7%ab%b6%e6%8a%80

オモリの形状が様々あるように、シロギスの針にも種類があります。

大きく分けて『流線』『競技』『早掛』の3種類をご紹介します。


ショート仕掛け

・ササメ ショアライト2本針、競技キス1本針

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ad%e3%82%b9

こちらの仕掛けはお子様や女性などの小柄な方でも投げやすく扱い易い仕掛け。

市販の天秤にセットして使います。

仕掛けも短いのでコンパクトロッドなどに最適です。

 

仕掛けの選択等分からない場合スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい!お客様のタックルなどに合わせた仕掛け選びをご提案させて頂きます!