魚釣りをはじめるなら今が好季節!

春はイワシ等の小魚が多いので、はじめて魚釣りをする人に最適なシーズンです。

サビキ釣りならテクニックはほとんど要らず、アミエビをカゴに入れてドボンと

海へ放り込むだけ。

一度チャレンジしてみませんか?

時合いがよければ、「もういい」というほど釣れます。

釣った魚を持ち込もう!

魚の大小は関係ありません。

どんな魚でもいいので釣ったら持ち込んでください。もれなく氷小プレゼントです。

お子さんにはさらにお菓子のプレゼントもございます。

明け方のお客さんの多い時間帯の持込みには対応しきれない場合もございます。

その旨よろしくお願いします。

魚釣り未経験の人にピッタリなサビキ釣り

はじめて海釣りをする人にも最適なサビキ釣り。

これならちびっこでも問題ありません。

今なら豆アジ、イワシなどが釣れています。

 

意外と動き回るトコブシ(流れ子)

アワビとよく似ているとこぶしですが、同種ではありません。

遅いようで結構動いています。

南紀地方では春の石鯛釣りの餌に使用します。

スタッフボリ兄のキス釣りブログ(クーラーボックス編)

2017まいど!

最近キス釣りが楽しくてしょうがないボリ兄です!

コンセプトは『チョイ投げ+一本針+コンパクト+手軽+ゲーム性』です 🙂

投げ釣り=キス釣り=多本針で遠投のイメージが強いですが、ここ数年ササメやハヤブサから出ているちょい投げ釣りシリーズが出てからは気軽にちょこっと楽しむ釣りに代わってきています

私自身ここ最近まではやったことはあるものの中々まとまった数も釣れない、小さい魚は小骨があるから食べるのが面倒(骨トラウマ)で敬遠していました。

しかし、友人に誘われてエギングロッド・アジングロッドで手軽にやるようになり、慣れている友人に横で大差を付けられて少し本気に取り組んでみました所、段々と数が出るようになりキスの強烈なアタリが面白くなって少しづつフカセ釣りの合間に行くようになりました!

私の性格上、人と同じのが嫌で工作好きともありまして、キスの生態・捕食行動など調べて仕掛けのセッティングなどをアレンジしていきました。

さびき方(引き釣り方)も工夫し、釣果も伸びてきましたよ~~!

と言うことで、今年は3月の試し釣からキスにのめりこんでいて、クーラーボックスもとうとう改造するまでにw

安いクーラーボックスをキス釣り用にチャチャっと改造したものを紹介するので皆さんもぜひお試し下さい

釣りが快適になりますよ~~!

まずは、

IMGP2630

10L前後のワンプッシュタイプで開くクーラーボックスを手に入れて下さい!

左から、厚手のジップ付き袋2枚、木箱のエサ入れ、小分け用のエサ箱、魚つかみ、石粉ボトル、水汲み(クーラーにぴったり収まるもの)、氷。

これを用意してクーラーボックスに組み合わせていきます。

IMGP2632

水汲みバケツをクーラー内にはめてここに釣ったキスを入れていきます。

ちょうどいいのを探して下さいね~~

IMGP2633

氷(釣太郎100円氷)を本来は半分に割り、ジップ付き袋に入れてひとつは水汲みへ、ひとつはクーラーボックスの空いたスペースに入れます。

キスを入れる場合は水汲み内に海水を入れて氷でキンキンに冷やします。

その海水にキスを入れていくんです 😆

使用例↓

IMG_4308

撮影のためにジップ袋氷は抜いています。

S__19537922

海水量は氷ひたひた程度が氷が解けにくく、海水もよく冷えます!

海水魚は真水に当てないほうがいいと考えておりますので

IMGP2634

空いた右側のスペースの氷の上に木箱エサ箱を置いて炎天下の下でも虫が弱りにくいように冷やしておきます。(冷えすぎる場合はタオルなどを間に入れます。)

IMGP2635

クーラーの外側に取っ手を取り付け、そこに小分け用のエサ箱と魚バサミをセット!

一回一回クーラーを開けてしまうと冷気が逃げて氷がすぐに解けてしまいます。(安いクーラーボックスなので保冷力が・・・・・w)

その小分けしたエサに振り掛けるのはクーラーボックスの中に見えている石粉です!

振り掛ける程度でいいですよ!

ここまでくればセット完了!

後は、エサ付けなどで手をあけたい場合、砂浜に竿リールは置きたくないですよね!

IMGP2631

ここで、この100円均一に売っている物干し竿を上げ下げする伸縮棒を購入して、安い塩ビのパイプを切って加工して取り付けて、差し込みました。

これでっぽくなったでしょ?

正味、外回りで300円前後で出来ます!

IMGP2636

さ~今年はキス沢山釣って食べるぞ~~!!

キスフライ最高!

FullSizeRender

【夜釣りアイテム】アタリがわかりやすい!電気棒ウキ!

視力が良くない方や、夜はみえにくいという方は円錐タイプの電気ウキは入ってるのか浮いてるのかわかりにくい事があると思います。

棒ウキじゃだめなの?と良く質問されますが答えは『問題ありません』

見にくいウキで釣りを続けるよりも見やすいウキで釣りをするほうがアタリもわかりやすいですし、釣り人のストレス軽減にもなります。

ハピソンの電気ウキは自重が軽く近投~足元用

ヒロミのeロケットシリーズは自重があるので足元~中距離が狙えます。

用途に合わせてご利用ください。

【夜釣りアイテム】モンスターそこに居ったんか~え~~ 『貫通カーエー』

タイトルは気にしないでください(笑)

沖縄などで人気のカーエー鈎の『貫通カーエー』

ここら辺で取り扱っているのは釣太郎だけかと思います。

カーエー(ゴマアイゴ)は釣れませんが、夜釣りでコロダイ狙いの方で夜光鈎(発光する鈎)を好きな方もいます。

サシエサが目立つので用途は様々。

10号:生オキアミ、ボイルオキアミL~LLサイズ

11号:ボイルオキアミLL、中エビ

管付きタイプで夜光の鈎を探しているとこれにたどり着きました。

定番の鈎でオーナーのインブライト真鯛がありますが、それと使い分けしてください。

というのも、太いハリスを結ぶ時にインブライトだとすっぽ抜けた経験はありませんか?

この管付きならすっぽ抜けはないので初心者にも使いやすいのではないかとラインナップに加わりました。

針先は鋭く貫通力は抜群ですが、一度魚を掛けたら針先はチェックして下さいね!(根掛かり時も)

針先は鋭い分こまめにチェックしないと鈎の性能が十分に発揮されないので!

釣り人と魚が繋がるのは糸、鈎は魚と釣り人の接点となりますので!

よく光り、強度もあり、貫通力も針先見たらわかると思います。

夜光の管付き鈎をお探しの方は是非この鈎を使ってみてください!

5/10 今日は、水温低下でアオリもキスもいまいちだったようです!

今日は朝一は潮の色は良かったのですが、だんだんと濁った潮になりました。

潮色が緑っぽい状態です。

こちらは昼の3時ごろに撮影した堺の磯です。

風波にくわえて、この潮色です。

本日、水温は1度下がりました。

黒潮の分岐流は、小石の鼻辺りをかすめて、白浜の沖合いに動いているので、

陸側へ下り潮が入り、水温低下となりました。

【夜釣りアイテム】サクッと刺す ダイワ マダイクワセSS

去年から使い始めたダイワのサクサス加工が施された『マダイクワセSS』

夜釣りモンハンでコロダイをメインに狙うならこの鈎がおススメ!!

10号:生オキアミ、ボイルオキアミのL~LLサイズ

11号:ボイルオキアミのLLサイズ

12号:ボイルオキアミLL、中エビ

13号:中エビ、大エビ

去年は夜釣りで10号を使いましたが、

20cm後半のデカギスもつれましたし、同じ日に73cmのコロダイも釣り上げています。

糸は一切出さず3号竿に10号通しで引きまくりましたが鈎も一切曲がらずばっちりぶあつい唇に貫通していました!

刺さり、強度は申し分なし!

ダイワさんイイ鈎作ってくれました!

是非今シーズンの鈎ケースに忍ばせて下さいね!

春は磯遊びに限る 子供と一緒に自然と触れ合う楽しさを味わいませんか?

引くい磯は干潮になると浮き上がったように出没して、海面に浸かったり干されたりするので、

そこにはフジツボやヨメノサラ、カキ等々貝、ヒジキ等の海草類をはじめ、潮溜まり

(タイドプール)には小さな魚、エビ、カニ、ヤドカリ、イソギンチャク等々が入っています。

バケツとアミを持って子供たちが駆け回るのは春の南紀地方の風物詩。 

ご家族でいかがですか? 

親子で小魚を追うのも楽しいものです。