釣った4時間後にはエサを食べ始めたカンパチ仔魚

だいたい魚は釣ってから数日はエサを食べないのですが、このカンパチは

4時間後に食べ始めました。 

今までの最短は真鯛仔魚で1時間後には食べたことがあります。

最も神経質なのはチヌ(クロダイ)で2か月ほど全く食べなかったことも。

魚種により、かなりのタイムラグがあります。 

ちなみに魚も、大きいものより成長盛りの小さな魚の方が食欲が旺盛。

これは人間も同じ?  

カニをエサに波止場からイシダイ狙い!

最強の胴突仕掛です・・。

磯でもこのようなカニの仕掛でやっている年配の方がいます!

こういう仕掛に限ってデカイ魚が掛かります・・・・

 

一度、白浜の地磯で同じような釣り方で、ピトンごと吹っ飛ばされてるのを見ました。

たぶん、タマミかアオブダイと思いますが。

竿もそのまま海の中へ・・・。

イシダイ釣りのエサ ウニから紫の汁が出たら海水を交換しよう~

ガンガゼウニから紫の汁が出ますので、

こんな時は、海水をすべて入れ替えましょう。

弱りがはやくなってしまいます。

釣り場では、1投目を投げてから、ウニのバッカンに海水を入れます。

朝の一番は、時合なので、水を汲みながらも竿先に集中します。