大型のアオリイカはアジを捕えても走らない時が多い 【波止からヤエン釣り】

活アジを捕食してアオリイカが走るのは、他のライバルに獲物を奪われない為と言われており、

大きいとその場で悠然と捕食するため、場合によっては根掛かりしたと思うことも少なくありません。

これは2キロ強のサイズですが、姿を現すまで平目かな?という声も上がっています。

ヤエンがヒットして海面まで浮いてくると、アオリイカは墨を吐いて暴れることが多いのですが、

この時にしっかり針が掛っていないと、ばらしてしまうことも少なくありません。

ギャフや網は必ずアオリイカのお尻からが鉄則です。

隣の人が「手伝ってあげるよ」、と言ってアオリイカの頭から入れようとして逃した、と

いうケースは星の数ほどあります。

春は大型のアオリイカが狙える季節です。

4月から5月は白浜町からみなべ町近辺が有望ポイント。