活けアジにアオリイカが食いついてきました!

魚ではないのか?と思ったらアオリイカのようです。
4月10日月曜日

アオリイカ吸引度テスト

アジに食らいついて落下しないアオリイカ。 

ヒラスズキの食事映像

ヒラスズキは活魚を好む代表的なフィッシュ・イーター。

泳いでいるネンブツダイを丸呑みするシーン。

リールからラインがどんどん出ていく

活けマイワシを使って青物回遊魚狙いなのですが、

ヒットしたのはシロザメ。

60センチ越のサメでも

面白いようにリールから道糸が出て行きます。

春はみんなでサビキ釣りに行こう! 【レッツ・ゴー・フィッシング】

ここは田辺市元島堤防ですが、旧芳養(はや)堤防やみなべ町堺グランド横でもイワシが

湧いています。

時合いに当たれば入れ食いになり、すぐにクーラー満タンになります。

釣ったイワシは海水に氷を入れて潮氷にして、しっかり冷やしましょう。

魚に弱い、と書いて「鰯」。足が速いのが難点ですが、鮮度の高いうちはとて美味しい魚なのです。

もうすぐコサバも湧いて、豆アジも釣れ始めるシーズンとなります。

砂に潜るのが好きな魚たち

お尻から、頭から、身を震わせながら等々、潜り方もそれぞれ特徴があります。

キス(シロギス)、アカエソ、ネズミゴチ、ウナギ。

 

トコブシ(ながれこ)とアワビの見分け方説明

とこぶし(ナガレコ)が大きくなるとアワビになるのではありません。

外見はとてもよく似ていますが種類が異なります。

アワビの穴は4個~5個に対して、ナガレコ(とこぶし)は6個~8個で、

アワビは流れ子(とこぶし)に比べて盛り上がっています。

あわびの小さいのを南紀地方では「アナゴ」と呼んでいます。

これらは採取には漁業権が要るので、一般の人が捕ると罰せられるのでご注意を。

 

4/10 日置 三倉渡船さん 川磯のグレ釣果

 

15時から釣れ始めたようです。

明日は風が強いので、休みです。

三倉船長

09078809993

今年は水温上がるのが早いので、3キロクラスのアオリイカは早い時期に集中するかも

すさみから日置周辺で3キロクラスの良型アオリが集中して釣れたのが

2月後半から3月中旬

椿から袋でよく釣れたのは3月中ごろから後半

現在、4月半ばで田辺がみなべが釣れ始め。

今週は月夜の周りとなりますので、

4月14日の金曜以降は天候が安定しますので、

是非おこしください。

今年は時期が早い傾向があります。

 

4/10 田辺沖磯 3キロUPの良型アオリイカ釣れ始めました~

黒田渡船さん

ヤエン釣りでアオリイカ釣れています。

入道で1200g 3320g 3600g

塔島で2320g

明日は時化予報なので、お休みです。

水曜日も北西吹くので、沖磯は無理そうですが、

金曜以降は凪が続くので、

3キロ釣ってみたい方は、田辺の黒田渡船さんへ!