スーさんよりLINE投稿

前回の釣行で、
リールトラブルがあったので
久々にメンテナンスしました。

フカセでエアノスC3000を使ってます。
安価なリールですが、
造りも悪くはなく、
けっこう丈夫で長持ちしています。

メンテナンスと言っても、
メインシャフト・ハンドルシャフト・ラインローラーの汚れを拭き取って、
オイルやグリスを塗り直すぐらいの簡単な作業です。

これだけでも動きのスムーズさが戻りました。

さぁて、釣らんとなぁ~♪
ってか、土日爆風っぽいですね。

日曜のがマシとの予報なので、
日曜メインに頑張りまーす( ̄^ ̄)/~~~~<@ ><

 

投稿ありがとうございます。

ともやんさんよりLINE投稿

先日、頂いた47㎝のグレを刺身と炙りと沖漬けにしてみました!

すごく、脂がのっていて美味しかったです!

やっぱり、真冬の寒グレは、格別に美味しいですね(°∀°)

美味しい魚は、下手に味付けするより、素材の味が分かる食べ方が一番ですね🎵

この寒波が終われば、また、釣りに行って情報提供したいと思います(*^^*)

By ともやん

 

投稿ありがとうございます。

日置に

10年早い息子です

2月1日 店長と三倉渡船さんに

店長との釣行は久しぶりです

1番船は4名 ぼくたちは朝のみ北東の予報がったので横島で途中から北西が強くなるので湾内にいこうと。

横島です

おもっくそ最初から西にふっています。顔面シャワーくらいながらの釣りです

濡れる覚悟できていません。そんなときは心折れるのが早すぎます

魚はいないことはありませんが、テンションがあがりません。脳内川グレモード

弁当船で早々チェンジ

店長「昼までがんばろうよ!!」

ぼ「ゼッタイイヤ(-_-;)」

 

三「あきらめハヤw」「もうすでに釣行がブログアップされてるて途中できた人ゆうてタデ

ぼ「また盗撮されまくって、オモチャにされますわ~

三「ほら、またカメラかまえやるデ

↓↓↓

三「どこイク?赤より上流はビリコやデ

ぼ「では棒杭と赤にわかれていきます^^」

透明度の高い海?川です

餌をまくと足元にはちょーちょ、アイなどが賑やかに。すぐにボラの群れが。棒杭は頻繁にエサがはいっているみたいで、足場にボラを釣り上げた後がそこらじゅうにあったので想定内です

グレもいてるにはいてますが目視できるのは細かいのばかりですね~

ボラの数が非常に多く飼いならされた鯉のごとく海面を数十匹が着水したマキエぱくぱく、その↓に足の速い固体で一回のマキエに群がる数が多い。

 

赤灯台の店長がよそ見をしているときにそっちのほうに半分誘導しているところをみつかりマキエなげかえされてボラの群れをお返しされましたww(あわよくば半分面倒みてもらおうゲス作戦失敗です

まぁ棒杭エリア内での整理でも一人なので

ボラとグレの勢力図からの仕掛けいれるタイミングと捨てコマセで対応可能です。

2匹かけちゃいましたけどねwテヘ

整理していなければかからなくてもエサとられてたら大半ボラだとおもってください。エサとるの超ウマいですからねー。馴染む前に大概とられてます。かけまくるのは多分仕掛け入れるタイミングをかえたらマシになると思います。

ボラを交わす次にめんどうなのが川特有の仕掛けの馴染みにくさ。ポイントキープのしずらさで毎投ころころ変わるコンディションに対応していかなくちゃいけません。

ぼちぼち飽きないくらいに竿はまがりました。

一度石鯛があたり魚体がみえるところまできましたが結局チモトからとんでました。多分45もないようなサイズやと思います。

これは棒杭サイズじゃないですね。。

あいかわらずマニアックな釣りなので面白かったですけどw

店長は、いいグレつっていました

 

店長、三倉船長、ありがとうございました~

 

では。

2月末になったら、チヌ釣りが面白いです~

 

こちらの動画の場所は、田辺の目良の沖磯

沖西という場所で、2月の末に釣行したものです。

天神崎の元島の前に見えている島です。

チヌやグレがよく釣れました。

 

天神崎の周辺の地磯や波止からもチヌが狙えます。

 

ボイルオキアミをエサにマキエサはたっぷりと。

オキアミを少なく、配合剤を多くするのは、

グレ釣りとは逆ですね!

ウキ止めを付けない全遊動仕掛けで釣ると

道糸が走るので、面白いですよ~

 

これは真夏の映像ですが、とにかく田辺とみなべはチヌが多い。

フカセ釣りの練習にいかがですか??

2月10日金曜日 午後6時のみなべ堺の海況

天候は晴れ

気温3.5度

海水温15.2度

北西の風14.1m

波は風波やや高め

 

明日は今日よりは風は少し和らぐ程度です。

まだ日曜日の方がましかと思います。

【食い渋り対策】サシエサの大きさを変えてみよう

食い渋りの際にハリを小さくすればサシエさも小さく刺す方が理想です。

ハリが小さいのにサシエサが大きいとちゃんと掛からない、エサがずれて見破られてしまうなどの釣れない要因になるかも知れません

良くある質問で、オキアミのサイズはMがいいですか?Lがいいですか?とあります。

これに関する回答は、ご自身が使っている針のサイズに合わせてです。

5号~6号ならMサイズのオキアミ、7号以上ならLがハリとオキアミがピッタリなサイズになります。

ご自身がメインに使っている針の大きさに合わせてサシエサのサイズを選んでください。

他にもサシエサの刺し方に小さく刺す、反り刺しにするなど色んなつけ方がありますが、小さく刺す方法は食い渋りには有効な一つの手段で、食いが落ちたグレや警戒心の強いグレなどには効果があります。

 

食欲旺盛なのませ用マアジ 1匹140円

海上釣堀、ヒラメ、青物回遊魚狙いに。

マイワシもご用意しております。

2/10 15時頃 白浜町椿の海況③  オキノハ~椿(朝来)漁港~ブリマ方面

オキノハは磯の中間まで波が駆け上がっていました。

椿漁港(朝来漁港)は先端部は波が超えて内側もべたべたになっていました。

船も良くゆれています。

見草ブリマは数分に一度波が超えています。

見草内側は釣り人いてましたが風が水面を走っていましたので釣りにくいでしょう。