「初心者用 天気の知識」カテゴリーアーカイブ

風波(浪)とうねり波の違い  【海釣り基礎知識編】

風波は冬の北西風によるものが多く、波の周期、波長が短いのが特徴で、風が止むと波が納まります。
うねり波は、台風や低気圧の影響、高気圧の外縁で出来るもので、波の周期、波長が長いのが特徴で、うねり波の原因である台風や低気圧が通りすぎないと納まりません。

うねりは周期8秒、波長100mが一般的です。
それ以下は風波です。

磯釣初心者さん用天気知識その2 『落ち前の凪ぎ』

こんにちは店長です。

最近、天気図の見方が分からない、見方を教えて欲しいと

磯釣り初心者の方に良く聞かれます。

初心者の方が分かりやすいように少しずつ、書きていきます!

2回目は落ち前の凪ぎ

 

落ち→天気が悪くなる

凪ぎ→波も風もない、弱い状態。

すごく釣りがしやすい状態です。釣れるかどうかは分かりませんが・・・・

 

天気は西から東に移り変わる。

晩秋から春までの典型的な天気パターン。

こちらは2014年1月の天気です。

%e2%91%a0

↑①大陸からの移動性高気圧が張り出し始める(曇りから晴れに代わり北西の強風となり寒くなる)

この日、白浜の気温は3度→10度でした。風は東4m

枯れ木灘は釣り日和、樫野方面はやや波あり。

 

%e2%91%a1

②高気圧の中心が日本へ(風は少し北西が吹くが天気が良い、夜は満点の星空になるが冷え始め、朝の冷え込みがきつい)

この日も釣り日和ですね。気温は4度から12度。風は東の微風に見えますが、

実際は海陸風で西風が昼前から夕方で吹いてると思いますね!

全般的に凪ぎです!

 

%e2%91%a2

③高気圧の後面に差し掛かる(風もなく、そんなに寒くない、なんとなく曇が多いが晴れているが、空にはひつじ雲やうろこ雲が出る)

この状態が落ち前になります。気温は4度から12度

風は東よりですが、強くは吹きません。せいぜい5mというところでしょう。

高気圧の外縁を湿った風が入るので、天気は晴れから曇りになっていきます。

気圧の谷が出来始め、谷が深まり、低気圧に成長していきます。

 

%e2%91%a3

 

④太平洋の南側を前線をともなう低気圧が接近する(東よりの風が強まり、潮岬から東は大荒れ)

⑤温暖前線が近づき、しとしとと雨が降り始めるが寒くはない。(風は東のち南または南東、南西になるが強風とまではいかない)

天候は次第に雨、気温は9度から11度

※温暖前線は進行方向の北東域で降水活発。

 

⑥3~4時間で一旦雨が止む、風もあまりない、鉛色の低い雲がある

上の天気図では、赤い線(温暖前線)が通過し終わった頃。

 

⑦寒冷前線が近づく、急に暗くなり始めて雨は横殴りに、風は南方向から一気に強く吹き出す。雷鳴も聞こえる。

長くても3時間ほどで、雨は小降りに変わり、風の向きが西よりに変わる。

 

上の天気図では、青い線(寒冷前線)が通過するころ。

 

%e2%91%a4

⑧気温が下がり始めて、風は北西方向から、天気は晴れてきている。

天気図の形は、よく聞く「西高東低」と呼ばれる西に高気圧、東に低気圧となる。

等圧線が縦線で間隔も狭い。 地上では北西9mの観測だった。瞬間的には16mの風と爆風でした。

 

%e2%91%a5

⑨風は次第に収まりつつあるが、まだ北西の冷たい風が5~7mで吹く。

高気圧の中心が近づき、放射冷却によって、朝の気温は1度(潮岬)まで下がった。

%e2%91%a6

 

⑩ 等圧線も広がって、穏やかです。

風は北西5m前後 気温は2度から9度

 

このように先に発表される予想天気図を見ることによって、

ある程度の風や風波が予想できるので釣り場の選択肢が広がります。

 

ホームグラウンドが

みなべ・田辺・白浜・市江・日置地区の場合(北西強風の場合は釣り辛い)は

5日 6日 7日 10日 11日

※10日は少し厳しい釣りになる

堺やみなべでは8日でも大丈夫な磯もある。

 

すさみ~江須崎では

5日 6日 7日 10日 11日

 

串本方面では

8日以外は全部OK

磯釣初心者さん用天気知識その1 『雨の後は、北風が吹く』

s__11157507

こんにちは店長です。

最近、天気図の見方が分からない、見方を教えて欲しいと

磯釣り初心者の方に良く聞かれます。

初心者の方が分かりやすいように少しずつ、書きていきます!

 

今日みたいに雨が降った後は、北よりの風が吹きます。

何故、雨が降ったのか?

雨を降らせた原因は、気圧の谷による湿った空気と南海上の前線を伴った低気圧の影響

何故、風が吹くのか?

気圧の谷は、東に移動していき、大陸からの高気圧が張り出してきます。

空気は気圧の高い所から、低い所へ移動します。

風の向きは?

また、風は等圧線に沿って吹きますが、

地球は自転していますので、やや右にずれます。これをコリオリの力と言います。

高気圧は中心から外側に向かって、時計回りに風が吹き出しますので

この等圧線では北東方向から南東方向への風の向きになります。

実際にコリオリの力の影響で、北風になります。

そして、等圧線の間隔が狭ければ、狭いほど、空気の移動が早くなるので、

強い風が吹きます。

 

そこで、磯釣初心者さんには、雨後は天気が良くなると言うことを理解して頂いて

釣り場の選択をして頂きたいと思います。

北風が8~10mと強く吹くような時は、風裏に回らないと釣りになりません。

これからの時期、グレ狙いの方が増えますが、

このグレという魚は、北風が好きなので、吹けば吹くほど良く釣れます。

逆に風がないベタ凪ぎの日は、釣れる数も少なくなります。

北風の日の方が釣れるのは、風波や細波で水面上の気配を薄くしてくれるからです!

簡単に言うと、「北風が仕掛けを誤魔化してくれる」ということです。

天気予報の波3mに騙されないように、風裏の釣り場の選択をして、

いい釣りをしてください!

次回は「落ち前天気の凪ぎ」について説明します!

16110106