「スタッフボリ兄のブログ」カテゴリーアーカイブ

ダイワグレマスターズ串本予選参戦してきました!

毎度ボリ兄です!

この度は串本で行われているダイワグレマスターズ串本予選に参加してきました。

数ある大会の中でもこのダイワグレマスターズにだけは毎年参加させてもらっています。

前日勤務を終えてからの寝ずに出発です。

同じく大会に参戦のアルバイトの橋本君を乗せて~~

先乗りし、車で仮眠です。

体調不良で余り眠れずそのまま受付開始時間に・・・・

受付後くじ引きです。

引いたくじは11番でしょらさん渡船でした。

須江の磯も去年の大会以来1年ぶりですw

大会以外で渡船利用も殆どありません・・・まあ自分的には年に一度のお祭り気分ですw

準備を終えて開会式、乗船順に並んで出船を待ちます。

一番最後の出船となり、船は須江の湾内へ・・・・・

この時点でお祭り気分は消沈気味?

しかし降り立ったのは過去にも大会で上位組が出ている湾内一級磯!

テンション上がります!

乗るのは初めて、見るのも初めて、さ~磯を見渡して釣り座決めて、優先権があるので良さそうなポイントへ。

開始後エサトリとしては、際周辺に5000匹のネンブツダイ・・・・・、沖にはアジ、コッパ、フグ・・・・

期待とは裏腹にエサトリが高活性です。

しかし、マキエさが効くにつれてグレのいいサイズや特大のイスズミがマキエに反応しだしたので軽い仕掛けでサシエサとマキエサの同調を心がけて見えているグレをサイトフィッシング。

40オーバーも出て、45cm級は3匹浮かすまでは行くもののラインブレイク。

バラシも多かったですが何とかキーパー以上を5匹揃えて入れ替えも出来て、釣り座交代し30~33ほどのはリリースして入れ替えも出来てと贅沢な釣りが出来ました。

トータルで20匹ほどは釣れたかと思います。

迎えの船に乗り込んで帰着、検量へ。

何とか磯のポテンシャルに助けられてダイワグレマスターズ初めての予選突破となりました。

大会だからと替えたのは仕掛けの細さだけ。

この細さにこの日初めて使う竿、バランスなど色々試す機会となりましたが結果オーライでした。

次回は12月にブロック大会へといけることになりました。

土曜日の忙しい時に休日をくれた職場や、予選突破をおめでとうと激励に来てくださったお客様や釣り仲間のみんな、本当にありがとうございました!

ブロック大会もがんばってきます!

 

【夜勤明け】白浜地磯大崎へ釣行 浮きグレわっさり 【ボリ兄】

毎度ボリ兄です!

先週夜勤明けにグレ釣り行ってきました!

同行はクラブメンバーで見老津の常連せいじくんです。

大崎行こうよと前夜決まっての釣行です。

私自身白浜のジョウモン周辺の磯は好んで行かないのですがまあお付き合いということでw

朝先に行っているせいじ君を追いかけるように8時前に到着。

まだ釣れていないということで準備にかかります。

大崎の低場にせいじ君、わたしは高場向きに釣り座を構えて準備開始です。

生オキアミSサイズのサンプルと集魚材オリジナル2キロと前回の余り物集魚材少しです。

サシエサも3キロから取っています。ボイルも少しありますが殆ど使わずでした。

定番の2ヒロハリスで様子見です。

竿:プロテック1.5-53 リール:デスピナ

道糸:1.75 ハリス1.5号 共に東亜ストリング

鈎は

愛用中のマルチ5.5号

ウキは釣太郎の390円ウキでお気に入りの

斬獲0~00

一投目で釣ったるぞ!とせいじ君に吐いてその一投目・・・

マジで釣っちゃいましたw

仕掛けとマキエ超同調させてファーストフィッシュ頂き!その後はサンノジ、アイゴ、グレ追加したところで上りの潮が強烈になり釣りになりませんレベルに。ウロウロして数時間後に沖の本流にウキグレが出てきました!

低場から遠投しますが全く合いません。

って言うかこの浮きグレの釣り方全く分かりません。

いままで浮きグレ釣ったこと無いので・・・・・・

むしろ、サシエがん無視・・・・・

気分を変えるために高場へ移動してコレでもかって言うほど超遠投!

しかしグレの群れに入ってもガン無視・・・・・

湧き上がり、本流筋、鏡、潮目、引かれ、などウキの流れ方、マキエの流れ方、グレのコースを良く観察し一つづつ潰していってようやくグレが口を使う場所を発見!

それからは狙ったコース入ってマキエが届けば喰うという状況でしたがマキエ切れと納竿時間が迫っていたのでせいじ君呼んで最後の1匹釣り上げて納竿としました!

狙う場所さえ見つければ後はマキエとあわせて流していくだけ。

流す際に道糸の管理は怠ってはいけませんね。コースから外れちゃいます。

浮きグレの釣り方少し分かったので良い釣行となりました。

殆どのグレが35~38cmと良型揃いでした。

でもやっぱり渋い釣りで磯回りで釣る方が面白いですね。

浮きグレ釣ってもあんまり上達するって感じじゃないので・・・・

次回は夜勤明けに数時間際釣りやってきます~~w

釣りガールうなちゃんとフカセ釣り修行!【ボリ兄】

こんばんわ~~ボリ兄です!

月曜日の夜勤前に学校の振り替え休日で休みだった次女うなちゃんを連れ出して近くの磯へフカセ釣り修行へと出かけてきました。

うなちゃんは1年ぶりぐらいの釣りです・・・・たぶん・・・・・

堤防ばっかり嫌やから磯へ行きたいということで子供でもいける天神崎のとなりの元島へ行くことに。

狙いはチヌ・グレでフカセ釣りです!

エサの準備も手伝ってもらってフカセ釣り開始です。

うなちゃんタックル:3.6m竿、スピニングリール、道糸2.25号、ハリス1.75号、ウキは自分で選んだBウキ

私:プロテック1.5-53、デスピナ、道糸1.75、ハリス1.5号、ウキはG5

釣りガールうなちゃん釣りスタート!

この日は風もきつく背中に受けれる湾向きでスタートです。

本当に久々のフカセ釣りでしたが、前にチヌ釣り行った時よりうまくなっているw

右利きの右手竿、リール左巻き、マキエサ撒くのは利き手じゃない左手なのに上手!w

手前はエサトリのフグが多かったので遠投気味で!と言っても投げてマキエサも近くに投げれるし・・・

なんか非常に嬉かったですw

風もあるので投げたら竿を下げて、という指示もこなしてくれます。

エサ付けから投入、マキエ、合わせまできちんとこなしてくれてアカジャコでしたが一人で釣り上げれました。

釣りの中でもやることが多く難しいフカセ釣りですがしっかり身についていっています。

私もま隣で竿を出しますが中々うなちゃんのようにアタリがないw

ようやく出たアタリは重量感がたっぷりでかなり大きいものでした。

なんとグレ!それもかるく40cmオーバーw

足元の割れ目に突っ込まれた瞬間切れましたがこんな所にいてるんですね~~

 

12時まで残り1時間!うなちゃんは昼から習い事の練習に行かないといけないので12時には切り上げて帰らなければ間に合いませんので・・・・

少し釣り難いが先端へ移動し最後のチャンスに掛けます。

水深もあり潮目もあるので期待大!

私にすぐにアタリがあり35cmほどのヘダイ。

その1匹で私は納竿!

うなちゃんに大きな魚釣らせたいのでうなちゃんの竿で仕掛投入。マキエサは撒いてもらって怪しい前アタリでうなちゃんにバトンタッチ!

バトンタッチしてすぐウキが勢いよく消しこみうなちゃんバトル開始!

何度も突っ込まれながら、ドラグがじゃんじゃん出されながらもしっかりと竿を立てて対応。

あがってきたのはパパが釣ったよりも大きい45cmクラスのヘダイでした!

さっすが年無しチヌ一人で釣れる腕前の持ち主や!w

たぶんママだったら釣り上げれていないと思うよw

おめでとう!

ってな事でこれにて終了!

この魚食べるというのでお持ち帰りすることに!

後片付けと釣り場清掃してキーパーに海水はって重たい荷物をがんばって運びましたとさw

皆さんもお子様にフカセ釣り教えて一緒に釣りを楽しみませんか?

防波堤で基礎を覚えて、足場のいい釣りやすい天神崎や元島の地磯で本格的な磯釣りを手軽に味わえますので是非南紀へお越しくださいね~!

 

 

 

 

【極ウマ】熟成刺身を作るならしっかりと魚を神経締めしよう【熟成】

先ず釣場での処理ですが、釣り上げた際はグレも疲れていますので旨味成分が出にくくなります。

鮮魚店などでは『活け越し』と言って一晩生簀などで落ち着かせます。

釣場ではキーパーバッカンなどで生かしておくか、スカリなどで海につけておくといいでしょう

その後、スポンジなどの上で処理を行います。

これは締める際に魚が暴れて身が痛むのを防ぐ為です。

手順としては、

①脳締め

②血抜き

③神経締め

④冷やす

となりますが上記の動画は手順が間違っております。

動画は脳締め→神経締め→血抜きとなっております。申し訳ありません。

それでは各手順です。

①脳締め

魚が暴れないようにと押さえつけてしまうと身が痛みます。釣場ではタオルなどの上で行って下さい

さらに強く押さえつけてしまうと心臓を圧迫してしまいますので弱ってその後の血抜き作業がうまくいきません。

タオルなどで包んでおけばやりやすいでしょう。押さえつけない、握らないが美味しくするコツです

②血抜き

脳締めの状態ではまだ心臓は動いております。この状態で真ん中の太い骨の下側に走っている血管をエラから経ちます。ちょうどエラの上部付け根ぐらいです。

動画内では尻尾のほうも血抜き作業を行っておりますが、二箇所に穴を開けると血圧が抜けてしまい上手く血が抜けません。

海水につけて完全に血が出なくなるまでそのまましばらく漬けておきましょう。

③神経締め

神経を締めるのには少しコツがいるのでほとんどの方がやっておりません。

脳締めをして神経締めが出来ていると思っている方も多くありません。魚がびくびくを痙攣するからですね。

眉間(目と目の間から側線向きに入れる)とビクッと魚がなるところがあるのでそこが神経の入り口です。

ワイヤーや針金などで神経を通して破壊して下さい。

神経締め後は魚の体色が変化しますがこのあとの冷やす作業で元に戻ります。

④冷やす(保冷)

神経締め後魚は熱を持ちますので保冷してあげなければなりません。

しかし、氷が沢山入った所に入れてしまうと冷やしすぎで硬直してしまいますので海水とブロック氷で冷たいな~と思う程度に冷やすのがいいでしょう。

保冷の際、魚の目が白く白濁してしまうと冷えすぎ、冷たすぎるという事なので気をつけてください。

魚の熱が取れて、体色が戻った後は海水から上げてクーラーボックスなどに入れて魚に直接氷を当てないようにし、クーラーボックス内が冷蔵庫の温度5度前後で持ち帰るように心がけましょう。

 

持ち帰った魚は、直ぐに内臓とエラを取り出してキッチンペーパーなどで水分、血液をふき取り、魚をキッチンペーパー、タオル(無ければ新聞紙)、袋(ラップ)でくるみ、冷蔵庫内で熟成させましょう。

熟成中は身が5℃~10℃内になるようにするためです。

冷やしすぎると効果が無くなり、脂なども身に浸透し難くなります。

これで魚の中に含まれるATPという旨味成分の元が旨味の元イノシン酸に変わります。

数日寝かせる場合は1日ごとにキッチンペーパーなどを交換しましょう。

こうする事によって釣ったばかりのこりこり感はなくなりますが、旨味や甘みが3倍~4倍まで引き出されてとても美味しくなります。

身も非常に柔らかくなり唇で切れるほどに。

魚によって熟成日数などは違いますが、グレなどは2日目ぐらいからがおいしくなります。

自信がない場合は1日後~2日後に食べるといいでしょう。

私は3日目ぐらいがオススメです。

料理人うなちゃん の熟成グレ刺身のブログ貼り付けておきますのでご覧下さい。

熟成グレの刺身の作り方

兎に角、【熟成&神経締め】  と言われるぐらい魚の鮮度をいい状態で保つ事が熟成するに当たって一番の重要事項ですので是非マスターしてお試しくださいませ!

 

 

 

 

 

イガミ釣りにはチヌ鈎!チヌ鈎ならサクサス銀狼!

ホンダワラをさすならイガミ専用鈎ではなく、チヌ鈎を多用している方が多いかと思います。

そんなチヌ鈎でもこのサクサス加工を施した銀狼チヌの刺さりは群を抜いています。

チヌ鈎特有のヒネリがないタイプで糸の癖も付きにくく、イガミの硬い口周りも貫通するので重宝しますよ。

サクサス銀狼チヌ2~3号使用したイガミの釣果(2回分)。

バラシも少なく(しっかり刺さるから)、曲がりも無くストレスフリーな鈎です。

【船釣り初体験】見老津 第三浜丸さんにて初の船釣りシマアジ狙い釣行!【ボリ兄】

毎度!ボリ兄です!

人生で初めての電動リールを使った釣りに行ってきました!

お世話になったのは見老津港から出港している『第三浜丸』さんです!

というのも以前からちょこちょこ紹介しておりますが、第三浜丸の船頭は高校時代の友人です✌

シマアジ釣りにおいでよ~~とお誘いいただいたのでお邪魔させてもらいました!

朝5時半前に港へ着くとすでに見老津港は出船をひかえた遊漁船軍団が煌々と暗い港に明るい光と灯しておりました。

お世話になる第三浜丸の船の前の駐車スペースに車を駐車し出船準備です。

この日は全て船頭に準備をお任せしておりましたのでセッティングをしていきます。

天秤にサニーカゴ、ナマリ、クッション、ハリス3mの2本鈎仕掛け。

サシエサはLLサイズのサシエを自分で買ってきます。マキエサからも取れますが、針が大きいので大きなサシエサがいいと思います。

マキエサのオキアミは用意されています。

船頭が超初心者の私にリールの使い方、釣り方を丁寧にレクチャーしてくれました!

出船時間になり見老津港の遊漁船軍団はシマアジのポイントへ出港です!

楽しみ~~!

ポイントについてエサセット!

釣り開始!!

いったん底を取り船頭の指示棚まで上げてしゃくって止めます。

朝一が一番激アツタイムのようで、私にも早々反応ありました~~

朝の激アツタイムでシマアジ2匹ゲットでビギナーズラック発揮です!

そこから船長の指示棚通りにこなし、

ヤイトカツオ×1匹(船頭へプレゼント)

平ズマ×数本(リリース&船頭へプレゼント)

シマアジ50cm級×2匹

ハマチ×1匹

シオ×1匹

マダイ×1匹

ロウソク(ソーダ)×沢山

朝6時~11時ごろまでの釣りでしたがアタリも多く確かなうでの船頭さんのおかげで無事ガラスの唇シマアジをゲット出来ました!

船中お客さんもみなボウズなし!

帰って調理・・・・

なんじゃこりゃ~~!!!

包丁が・・・・

まな板が・・・・・・

自分の手が・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

脂まみれじゃ~~!!

脂祭りです!!

近所に配って絶品シマアジを味わってもらいましたが、夜電話で又食べたいと・・・・

無理で~~すw

第三浜丸谷口兄弟船頭お世話になりました!!

兄弟で乗船しているのでいつでもサポートしてくれますので安心!

超高級絶品シマアジ釣りのお問い合わせは、

http://minnaga.com/hamamaru/

ご予約・お問合せ
090-2199-4214 (谷口和寿)
080-5318-0422 (谷口智紀)

までお願い致します!

予約もバンバン入ってきています!

初めての方でも親切丁寧、男前の兄弟船頭が教えてくれますので是非是非一度行ってみて下さいませ!!

レンタルタックルもありますのでお気軽に第三浜丸までお問合せくださいね!

第三浜丸さんありがとうございました!

 

 

【昼まで4時間】時化前のグレ釣り釣行【ボリ兄】

まいど!ボリ兄です!

金曜日に行ってきました~~

昼から参観日なので昼までの釣行です!

根の位置まで覚えているHGの地磯に釣行です。

タックルは前回と同じで道糸が1.75号になったぐらいですw

マキエサは新発売されたダイワのグレ集魚、

の2種類をオキアミ3キロに混ぜて使います。

サシエサは冷凍庫に眠っていた去年の自作オキアミです。

一年ほど経っていますが何とか使えましたw

ウキは0ウキにナマリ貼って角度と浮力を微調整して使いました。

この日は濁りもあって水面まで浮いてくる個体が少なくエサトリと木っ端グレが多く中々うまくいきませんでしたが少ないチャンスに同時打ちが決まるとグレが顔を見せてくれました。

昼までやってなんとか3枚の30cmオーバーで尾長グレは足の裏まででした。

クチブト2匹は脂が良くのっており一晩寝かせて美味しくいただきました!

濁りあり、ベタ凪波無しの中よくつれてくれました。

 

【ボリ兄】台風時化前にグレ釣行!【尾長・口太】

まいど~~ボリ兄です!

台風で白浜店が臨時休業で元々休みだった金曜日にスタッフ辻君と地磯にフカセ釣りに行ってきました。

エサは生4.5キロにV9徳用、釣場では足りずダイワの集魚1袋追加。

竿はシマノ1.5-53、リール2500番、ウキ0、道糸2.0、ハリス1.7、鈎マルチ5.5号、金龍伊勢6号

雨が降ったりやんだりとややこしい天気で竿に道糸がはり付き不快感マックスの釣りです。

マキエサは前回の教訓でコントロールが効くV9にしましたが、後に入れたダイワの集魚ブレンドの方がよく飛びました。

浅い棚へ浮いてくるグレを半ヒロ以内の仕掛けで狙います。

ただマキエサと仕掛け(エサがついた鈎)が海面着水時に同じところに無いと食いあがってきた良型グレが口を使ってくれません。

エサトリは多く、チョウチョウ・シラコ・イワシ・ババ・コッパ・オチャビッチャ・ギンユゴイ・サンコ、その他がわんさか。

仕掛けが馴染もうとすればこのエサトリに食べられてしまいます。

マキエが着水して良型が食いあがってくるのは2~3秒で終了。

マキエコントロールと仕掛け投入精度が必要ですが私にはそんな物ございません・・・・・

しか~~し、たまに合えば足の裏サイズが食ってきて、良いポイントにきっちり合わせる事が出来れば30cmオーバーも食ってきます。

口太は30cmオーバー2匹で1匹はガリガリなのでリリース、1匹はボテボテでしたので一応キープ、尾長は30オーバー1匹と塩焼き用の足の裏サイズ1匹キープで計3匹持ち帰りました。

朝8時~17時までガッツリ釣りしたのもやにこ~~久しぶり!

久々に釣りを満喫させてもらいました!

 

見た目に良く超えている下の口太ですが、脂ズルズルでした。

一晩寝かせて、2匹を三枚に卸して、

左が口太、右が尾長。

下がボテ口太、

下が尾長

尾長は安定の脂でしたが、ボテ太が尾長より脂ノリノリなのにはびっくりしました。

でも臭みは口太の方があったのでまだ高水温時は食べるなら尾長のほうをオススメですね。

でも普通にどちらも美味しかったです。

知り合いにお裾分けしたら美味いと喜んでおり、この刺身グレやで~というと更に驚いておりましたw

また欲しいと催促受けたのでまた釣りに行っちゃいますよ~~w

今度は40cmに近いグレを捕る為に作戦練っておきます!

 

【タチウオ乱舞】仕事終わりのタチウオ釣行【キビナゴフォール釣法】

仕事終わりに田辺の漁港へ。

雨が降る中、濁りもあり、非常に活性が低いと想像していきましたが、泳いでいる姿が確認でき、キビナゴフォール釣法が発揮できました!

タチウオのサイズが平均2.5本サイズで、3本サイズも混じって楽しめました。

見ながら釣るこの釣りは面白いですよ~~

キビナゴ+コロダイ鈎

【久々】10/15 雨降りの短時間グレ釣行~【ボリ兄】

 

久々のフカセ釣りでのグレ狙いです!

オキアミ入ったマキエサ混ぜるのどれだけぶり???

雨で子どもの行事が延期となり昼過ぎから3時間弱ほどの釣りです!

行ったのは勝手が分かっている通いなれた地磯の一つ。

雨が降る中スタート!

エサ:オキアミ3キロ+V9SP ルクスM

仕掛け:竿1.5-53、道糸2号、ハリス1.7号、0~00ウキにカラマンボウと針のシンプル仕掛け

エサを撒くと出てくるわ出てくるわ・・・・・オヤビッチャ・チョウチョウウオ・コッパグレ・イワシ・ババ・・・・

雨なのでマキエの調整ができず、遠投もできませ~~ン・・・

ストレスな釣りですが、何とか分離して沖で仕掛けとマキエの同時打ちが決まればアタリ!

30cm越えの尾長、クチブトが当たってきますがクチブトはこの時期はまだ美味しくないので尾長をメインにキープ。

途中アライグマへなさんが来たのでグレを献上して尾長のみ持ち帰り!

この時期でも尾長グレは脂が乗っていて美味いです!

身は冬ほど締まっていませんが、一晩寝かせるとさらに美味しくいただけます。

結局雨で思うような釣りが出来ませんでしたが、クチブト30cmオーバー2匹(1匹リリース、1匹献上)、尾長グレ2匹キープで久々のフカセ釣りはボウズは免れました!