「スタッフボリ兄のブログ」カテゴリーアーカイブ

2/13 初浦神 堀渡船 横島釣行

久々の釣りです。

初めましての方と、初めましての浦神です。

釣太郎の前のゆうよし時代の旅館の板前さんとの釣行です。

釣太郎で待ち合わせて浦神へ。

4時半出発で十分時間余りました。

堀渡船自宅前の駐車場で用意を済ませて100mほど歩いて船着場へ。

ちょうど谷つりえさ店の前あたりです。

夜でも分かる乗り場の看板と、

船が出迎えてくれます。

船頭さんがきて乗船名簿を船着場で記入となります。

弁当は基本ないようですので持参してきてください。

あと、前日に必ず連絡ほしいとのこと。

凪ぎの予報でも波が出る可能性もあるので。とのこと。

出船時間は6:30(渡船に事前に問い合わせてください)~14:00まで。

この日は潮の関係で15時までやらせてくれました。基本は14時までです。

船は横が広く行き来しやすく、船尾も広く快適です。

船室もあり、暖も取れます。

まったりとした出船までの時間をすごし沖へと船が走り出します。

磯までは少し時間がかかりますが景観もよく湾を出てすぐの大きな島(横島)へと降り立ちました。

足場もよく最近好調な磯なようです。

横島船付き。

広いですがポイントは少ないようで3箇所。

船着き、港向き、太地向きの3箇所ですが他にも良さそうなポイントがありました。

私は船着場で、他の二人は別の場所へ。

ミドルクラスの数釣りのイメージなので竿1.2号、道糸ハリスは1.75号からスタート。

開始早々にコッパグレの25~29cmがポツポツ釣れ、すぐに食わなくなりました。

ボラ、カワハギが多く、潮も本流が流れるような磯ではないようです。

浦神の磯のグレは遠投で食うのではなく基本は磯周りを攻めるということです。

南紀一帯水温が低下し食いがワルイ様で浦神も今日はよくないようです。

昼を回ってから港向きでやっていたWさんがグレをかけだして状況を見せてもらったり、横でやらせてもらったりしましたがひと時だったようで残り時間も迫る中船着場の横の根の荒い場所に釣り座を構えてラスト2時間集中。

エサもたんまり残っていたので多めに入れてポイントを作ります。

サラシがきつく仕掛けが飛ばされないようにしっかり止めてなじませてウキをホバリングさせてマキエと同調させてポツポツ30cm前後を拾っていきます。

14時過ぎに小さなあたりがあり合わせると同時に重量感が竿に乗ります。

根が荒い場所なので強引に止めて浮かせたのは40cmほどのグレ!

タモは波の影響のない場所に置いてたので浮かせてから反復ダッシュ!

無事タモに納まったのは肥えたいいグレでした。

綺麗にマルチ5.5号が口に掛かっています。

渋いアタリで掛け合わせてもしっかりと口のカタイ所にしっかり刺さってくれています。

その数投後に小さなあたりを掛け合わすと激震が!

一気に足元に突っ込みドラグがジジと出ます。

かなりの重量感で左のオーバーハングにつっこまれた瞬間フッと竿が跳ね上がりました。

確実に40cm越えの良型でした・・・・・残念

ハリス2号に上げるも30cm級2匹追加しただけで納竿時間に。

磯を綺麗に洗い流し、ごみを回収。

迎えの船に乗り込み皆さんの状況を聞くと二つ島が3人で7枚で良型石鯛もフカセの仕掛けに。

他も2~3匹とこの日はかなり渋かったようです。

30前後5枚、39cm1匹、良型カワハギは3匹。

浦神は磯の数も多く、大型の口太、ミドルサイズの尾長、横島などはこれからチヌもいいようで四季を通して楽しめる磯が数多くございます。

また、船頭の堀さんも非常に気さくでポイントなども利けば丁寧に教えてくれます。

帰港後は軽トラを船着場すぐ近くに止めてくれますので荷物を載せて、駐車場まで手ぶらでいってください。

駐車場で料金を支払う後払い制です。

不完全燃焼に終わりましたが浦神の釣り方がなんとなくイメージできましたのでまた機会があればリベンジにいってみたいと思います。

Wさん、Sさん、堀渡船さんたのしい時間をありがとうございました!

 

魚は近所の魚好きの老夫婦に献上して大変喜ばれました!

 

ボリ兄

【食い渋り対策】サシエサの大きさを変えてみよう

食い渋りの際にハリを小さくすればサシエさも小さく刺す方が理想です。

ハリが小さいのにサシエサが大きいとちゃんと掛からない、エサがずれて見破られてしまうなどの釣れない要因になるかも知れません

良くある質問で、オキアミのサイズはMがいいですか?Lがいいですか?とあります。

これに関する回答は、ご自身が使っている針のサイズに合わせてです。

5号~6号ならMサイズのオキアミ、7号以上ならLがハリとオキアミがピッタリなサイズになります。

ご自身がメインに使っている針の大きさに合わせてサシエサのサイズを選んでください。

他にもサシエサの刺し方に小さく刺す、反り刺しにするなど色んなつけ方がありますが、小さく刺す方法は食い渋りには有効な一つの手段で、食いが落ちたグレや警戒心の強いグレなどには効果があります。

 

オーナー 虫ヘッドで超簡単根魚釣り【釣り方説明しながらHIT!】

エサは万能エサ青イソメで岸壁に落として巻くだけ。
魚の目の前を通すだけで簡単に釣れちゃいます。
アタリが無ければ上層・中層・下層と同じポイントでも狙う層を変えるだけで釣果が得られます。
居てれば釣れるので同じポイントで粘らず、足を使ってポイントを広く探っていく方が釣果も良くなります!

久々のガシリング~(ガシラルアー釣り)

ガシラ釣り(ルアー釣り)に行ってきました。

ちょうど大阪から来る釣友に釣ってもらうために!

私はワーム+1.2~2.0gのジグヘッド、友人はブラクリ+青イソメ、友人の弟は私と同じくガシラのルアー釣り。

夜行性のガシラの釣り方を少しレクチャーし、早々の私にヒット。

友人も青イソメでヒット!

弟は・・・・・

足で稼ぎながら何とか私が23.5cmの良型ガシラを釣り上げてエサつりに勝利!

私:3匹、友人:3匹

友人の弟は最後にキビレ!

アジング用の竿なので面白かったでしょう!

外道の部1位w

ポイントを変えて探りましたが爆風で終了!

ガシリングおもしろいですよ~~!

1/30 激荒れ爆風の中の地磯釣行~

ボリ兄です。

1/30のババ荒れの中地磯へ行ってきました。

相変わらず時化大魔王健在です・・・・・

朝8時に家を出発。

南下しながら場所を探しますが・・・・・・どこもかしこも大荒れ・・・

渡船屋は休業~出雲ですら出ていませんでした・・・・

で串本の湾内磯へ。

途中崖を降りて、初めましての地磯です。

雰囲気はあるが爆風の北西風の真正面磯・・・・・・・

波をかぶりながらですが2投目に雰囲気のあるポイントで馴染ませてグレゲット

この日は水温が一気に2度下がった様で途中から激渋・・・・・・

15度有るなしの冷たい潮+時化+爆風と普段なら心が折れそうな状況でしたがでかいグレ狙いでボウズ覚悟でやりきり、

大きいグレも無く、大きいグレバラして、黒のウェアを潮で白くコーティングして終了となりました。

仲間は、

40cmのメタボグレ含む5匹でしたがこんな小さなグレ狙いで来たのではありません・・・・・

狙いの地磯に行くことが出来たら大グレ釣る自身あったのに・・・・・・

時化では思うように行きませんね・・これも自然相手の釣りの難しさです。

近いうちにリベンジ行きたいと思います。

太地の寒グレ 熟成お寿司堪能~!【ボリ兄】

先日釣った太地の寒グレ!

この時期のグレは美味しい!

今年は寒グレの脂の乗り、白子等の大きさが小さくまだまだこれからって所です。(南紀全体)

その中でも水深が深い串本エリアや串本大島エリア、南紀から東側の低水温エリアはグレの体型もまん丸に!

釣ったグレで白子が吹き出ていた2匹をキープしていたのを一晩寝かせて昨日お寿司にして食べました。

見て下さい。この脂・・・・・

美味しくないわけがありません!

ギトギトは言い過ぎましたが、程よく乗っています。

皮を引いてもほんのりピンク色・・・・

グレのスシは2回目ですが、とにかく美味い!

酢飯の酸味がグレの甘みを更に引き立ててくれます。

これはいける!

次回からスシも定番に決定~~!

さ~~まずは寒グレ釣りからですよ!!

 

1/17 太地釣行 【ボリ兄】

ボリ兄です!

今年初の渡船へといってきました!

お世話になったのは、

願力や渡船!

トロトロトレーラー×3、トロトロ大型トラック×3で大幅に到着時間が遅れてギリギリに到着。

お客さんはまさかの釣太郎の常連のうなちゃんw

びっくり~おったまげ~~!(しもしもw)

うなちゃんはデカグレ狙いでモライモノ、私たちはまさかの2人でアシカ貸切。(というか客3人でしたw)

船長出船して頂いてありがとうございます!

友人は先端、私は船着きでスタート。ご来光~!

とりあえず、一言、

何やねんこの爆風!!

昼過ぎに少しの間止んだだけでずっと爆風・・・・・・予報では夕方上がる予報だったのにチ~~ン

当日いっていた人は分かるでしょう。みなさん時化大魔王がどこかに来ているはずです!すいません!

10m前後は吹いたとおもいます。時折風に背中を押されて落ちそうに。

踏ん張っておかないとこけそうになるので終わった頃には全身痛かったですw

水温は港で15度沖で15度8~9分チョット切れる感じ。

釣る魚は深い、つめたい、しぶしぶ~~~

ファーストキープは9時過ぎ。

ポツポツと

風と喧嘩しに先端にいき仕掛けを何とかなじませてポツポツ2桁に乗ったところでデカグレ狙いに変更も数釣って混じらせる釣りに戻してデカグレ針外れ。ち~~ん

途中風が真北?北東?気味になってアシカの前のシモリのウネリがでかくサラシが伸びてきて超当て潮モードに・・・・・

そこからは友人の快進撃で40cmオーバーを釣り上げおめでとう!

爆風に耐えながら足の裏はリリースで、40cm少し足らずのボテグレが多く、30cm以上全部で15匹でした~(港で混じっていた足の裏リリースで14枚でした)

最後はお世話になった磯を掃除&マキエ流し。前回の方のマキエはこびりついて取れませんでした。残念。

水汲み20回ほどは重労働 😯

白子吹き出てる奴はキープ、友人におすそ分け分キープしてうなちゃんに献上。

皆さんお疲れ様でした!

太地良く釣れていますし、魚も濃いですよ!

Gスポーット見つければコンスタントに釣れてくれます!

感動したのは1匹1匹が太く重量感とパワーがあること!

少し強めの竿、ワンランク上の糸で挑んでクダサイ~!

帰りに水温上がっていたので次の日は爆釣するだろううな~と船長・・・

今日朝一上がっとかんかいwまあ、釣果あっただけよかったとします 😆

船長ありがとうございました!

 

【食い渋り対策】グレ鈎の重量を考えよう。

売れ筋の同じ5号の針を並べてみました。

それぞれの重量をみてみましょう。

同じ5号の針ですが重量が全く違います。

これは5号基準の大きさの針ですが、形状(短軸、ベーシック、軸長)や太さ(線径)が違うのでここまで重量が違うのです。

グレはエサを吸い込んで食べます。(咥える事もあります)

活性が高い時や、マキエサで食いがってくる固体は一気に食べてくれます。

これはマキエサを食べている動画ですが、サシエを食べようとする時は鈎と糸の重さがサシエサにはプラスされるので吸う際に吸う力がいります。

その中でも重たい鈎を使うとこの重量がさらに違和感を生みます。

活性が高いとあまり大差はないでしょうが、活性が低いグレやお腹が膨れてきたグレは吸い込む力も弱くなり、この鈎の重量が違和感となりサシエサを離したり触りに来なかったりするのです。

上の動画でもオキアミをある程度食べると動きが遅くなり目の前にたくさんオキアミがありますが食べなくなってきます。

食い渋りでハリスを落とすことがありますが、先に鈎の重量を軽いものに変えてみましょう。

それだけで食い込まなかったグレが食ってくれるかもしれません。

些細なことですが釣果を左右する大切なことかもしれません。

鈎を呑まれる可能性は高くなりますが、ハリスを細くしていない分安心感が違います。

この鈎の重量を替えるという行為は食い渋り対策のたくさんある中の一つです。

この他にも、ガン玉をなるべく使いたくは無いが馴染ませたい場合は鈎を重くしてガンダマを外す、呑まれるから形状だけを替えてみるなど鈎に関する使い分けはまだまだ沢山あります。

今回は食い渋りに関する鈎の使い分けとしまして重量を取り上げてみましたので是非お試しくださいませ。

 

 

 

1/14 風ニモマケズ、寒サニモマケズ。 【ボリ兄】

この寒波が来ているという時に行ってきましたよw

朝起床!雪積もっていない!!

いってきま~す!w

10時前に釣り場到着。

白浜地磯ですw

どえらい風や・・・・・

ん?変態がもう一人来ましたよ・・・・・・

10時過ぎにポイント到着で10:30ぐらいに釣り開始。

仕掛けも風で飛ばされるし、バッカンもフラフラ揺れているw

雰囲気が無いので内側に~~

雰囲気ありそうな感じ。

大潮、昼干潮。

かなり条件的に厳しいですが軽い仕掛けを中心に丁寧にマキエと合わせて、棚も探って、チヌ、変なベラ、タカノハ×2追加して・・・・

もう一人変態もう一人追加w

3人で並んで釣り開始。

軽い仕掛け、底付近を目立つボイルオキアミでフワフワ。

スーと入って変態2号も同時にヒットもクロスw

出遅れたのでラインブレイク~~でかかった・・・・・

その後なんとなく魚っ気が出てきてしぶ~~~いアタリが出たのでちょいと工夫して2度目の正直!

やっとグレの顔みれました~!!

で、用事もあるので13時過ぎに納竿!

38.5cmのまぐれちゃんでした!

夕方まで出来たらな~~~~ゆっくり釣り行きたいです・・・・・

まあとにかく新年二回目の釣行でボウズは無いので何とかよかったかな~

皆さん荒天時は無理な釣行は避けましょう~!(お前が言うな!って?w)

 

 

1/6 食い渋りの初釣り夜勤明け釣行~ボリ兄

皆様明けましておめでとうございます

今年も変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い致します

さて2017年もスタートし今月は釣りに行ける日が無い!w

これはやばいぞ~~ということで夜勤明けに少しだけ竿だししてきました

通いなれたHG地磯でこのポイント自体は数年ぶり?になります

潮の干満、風の向き、最近の状況、など考慮し珍しく事前に決めましたw

マキエサもそのポイントにあったチョイスで、生オキアミ1.5キロに活性が低いと聞くのでアミエビ1キロ、集魚は濁り重視のグレ専用小にヌカ

ポイントに付くと珍しく人がいてないので入ることが出来ました

朝の間は風も強く少し波が残っていますがモウマンタイ

荒れたほうがテンション上がるので~w(お昼頃には凪いで来ましたが・・・)

波が上がってくるのですがピトン忘れた~w

磯際がポイントなので磯際から離れたポイントにバッカンと釣り座を構えスタート。

竿:イングラムブラックエディション1.5-50

リール:ハイパーフォースゴリゴリ

道糸:東亜2号

ハリス:東亜1.75-2.0

針:マルチ4号、4.5号、5号、金龍グレ4号、5号

ウキ:G1、0、B、2B

まずは様子みでBからスタート

3投目ぐらいで怪しいアタリとサシエサの触り方。

少し工夫をして同じコースに入れるともぞ~

食い渋~~~~皮一枚w

引き抜きましたけどw

その後針のサイズをローテーションして太いハリスだけどエサを吸い込みやすいように軽量小鈎で、仕掛けも軽く、重くなど色々試し全ての仕掛けで1匹づつ

仕掛け交換して2投目以内で釣れたので仕掛け交換は刻々と変わる海の状況に合わせていかないといけませんね

昼頃からの下げ潮で魚の気配はなくなったので納竿としました

38cmまでの型そろいで5枚

約半日弱釣行にしては上出来じゃないでしょうか

地磯のグレもまん丸としてきてまるでや〇と君体型になってきました

初釣りはグレの顔もみれて満足の釣行となりましたサンコは3倍ほど釣りましたがw

1月は釣りに行ける休みが無いので~後半にかけてみようかな

それでは2017年も宜しくお願い致します