「スタッフボリ兄のブログ」カテゴリーアーカイブ

【タチウオ乱舞】仕事終わりのタチウオ釣行【キビナゴフォール釣法】

仕事終わりに田辺の漁港へ。

雨が降る中、濁りもあり、非常に活性が低いと想像していきましたが、泳いでいる姿が確認でき、キビナゴフォール釣法が発揮できました!

タチウオのサイズが平均2.5本サイズで、3本サイズも混じって楽しめました。

見ながら釣るこの釣りは面白いですよ~~

キビナゴ+コロダイ鈎

【久々】10/15 雨降りの短時間グレ釣行~【ボリ兄】

 

久々のフカセ釣りでのグレ狙いです!

オキアミ入ったマキエサ混ぜるのどれだけぶり???

雨で子どもの行事が延期となり昼過ぎから3時間弱ほどの釣りです!

行ったのは勝手が分かっている通いなれた地磯の一つ。

雨が降る中スタート!

エサ:オキアミ3キロ+V9SP ルクスM

仕掛け:竿1.5-53、道糸2号、ハリス1.7号、0~00ウキにカラマンボウと針のシンプル仕掛け

エサを撒くと出てくるわ出てくるわ・・・・・オヤビッチャ・チョウチョウウオ・コッパグレ・イワシ・ババ・・・・

雨なのでマキエの調整ができず、遠投もできませ~~ン・・・

ストレスな釣りですが、何とか分離して沖で仕掛けとマキエの同時打ちが決まればアタリ!

30cm越えの尾長、クチブトが当たってきますがクチブトはこの時期はまだ美味しくないので尾長をメインにキープ。

途中アライグマへなさんが来たのでグレを献上して尾長のみ持ち帰り!

この時期でも尾長グレは脂が乗っていて美味いです!

身は冬ほど締まっていませんが、一晩寝かせるとさらに美味しくいただけます。

結局雨で思うような釣りが出来ませんでしたが、クチブト30cmオーバー2匹(1匹リリース、1匹献上)、尾長グレ2匹キープで久々のフカセ釣りはボウズは免れました!

 

10/12 南紀ルアーフィッシングの旅~【ボリ兄】

毎度ボリ兄です!

東京から親友が帰ってきて、釣りに連れて行けとのことで休みが合った12日に釣行することに🐋

ただ、専門外のルアーフィッシングで、それもロックフィッシュ・・・・・😅

ロックフィッシュ・アオリイカ・青物をターゲットに欲張り釣行です。

過去にアカハタ・クエ・キジハタなどが釣り上げられた実績場所を記憶の中からリサーチしてGO~

まずは

①白浜の地磯チャボの高場で自作リグ+キジハタグラブで回収時にキジハタのような30cmほどのがチェイスしにくるもノーバイトで場所移動。

②見草地磯でアオリイカ調査。小型のイカ100g~300gまでは確認できましたが釣り上げるまでには至らず。

③見草漁港テトラにてノーバイト。

④すさみ横島にてロックフィッシング、私の自作チョクリグ+キジハタグラブオレンジに強烈なバイト!!

成すすべなくPE0.8号は爆発したかのような破断音でチ~~ン!ウネリがやばく釣り場も少なく場所移動!

⑤昼過ぎに友人の足が限界を迎えると言うことですさみ漁港へ。沖向きテトラにて友人がジギングで青物ヒット!しかし足元のテトラでラインブレイク・・・・・・😱

内側では地元のおいやんらがウキ釣り、ワーム釣りでカマス釣っていたので離れて根元で7g~20gのジグで連発、

イカダの手前です。

短時間で10匹ほどに。

しかし群れが小さく日中なのでボトム付近でしか反応は無く、依然見草で爆釣したときのパターンに組みなおし、7g~14gのジグをメインにセッティングを組んで反応が無くなった浮き釣りのおいやんらの向こうでポツポツ掛けていきます。(ポツポツ釣ってたら真横まで浮き釣りのおいやん移動してきましたが。)

見草で爆釣パターン動画↓

ウキ釣りとはライントラブルがあるので離れて釣りがしたいのですが近寄ってきますね~~

ウキ釣りきたら移動しますがw

で、ジグも10個以上切られてストックなくなってきて、時間になったので終了!

二人で良型ヤマトカマス19匹でした~~!浮き釣りのオイヤン1軍はクーラー半分(朝から昼過ぎまで)2軍は5~10匹(昼過ぎから僕ら帰るまで)

使ったジグは、白系、シルバー系、ピンク系がのりが良かったです。

使ったジグに近いものを当店のジグで例えますと、

ブレード付きは使っていませんが効果は期待できそうです!

ジグサビキ持っていったら爆釣すると思います!

ということで友人もこの日は青物バラシあり、カマスも釣れたとのことで満足だったようです。

皆さんもすさみ漁港カマスゲーム面白いので行ってみてください!

【簡単自作仕掛け】タチウオサイトフィッシング【キビナゴナフォール釣法】

さて、先日調査に行ったタチウオフィッシングの際に使っていた仕掛けをご紹介!

当日はあり合せの道具でやっていたのですが、もう20年ほど前から自作しているタチウオの仕掛けをご紹介!(少しずつ変化はしており当時の仕掛けではありませんがw)

安価で揃う物ばかりです!

仕掛けを組み上げると、

こんな感じです!

エサ付けはこのように刺してください。

キビナゴの口から鈎を入れて頭のほうに鈎先を出してください。

 

タチウオ キビナゴ(ナチュラル)フォール釣法の条件

・タチウオが釣れる時期限定

・常夜灯がある

たったコレだけですw

常夜灯がある釣場ならこの釣りで、それも足元でタチウオが食いつくのを見ながら釣る事が出来ます!

●この釣りのいい所(メリット)

・エサの食いつきの良さと、ルアー感覚でできるいい所取り釣法

・エサが自然に落ちる、ゆっくり落ちるのでルアーに反応しないタチウオも一網打尽

・仕掛けがシンプルで安価なので量産でき、お財布にも安心、ワンタッチで交換可能

・仕掛けが短く軽いのでアジングロッド・エギングロッドでも出来、長い磯竿でも扱える

・釣るところが足元~光の明暗部なので食いつく所が見えて面白い

・小さなタチウオ~大きなタチウオまで関係なく食ってくる

●この釣りの悪いところ(デメリット)

・仕掛けが軽く広範囲を探れない

・風があると釣り難い

他に悪いところはあまり見当たりませんw

キビナゴのエサを使うので食い込みはワームなどより確実によく小さなタチウオから大きなタチウオまで関係なく食いついてきます。

ルアーなどの重いルアーではフォールスピードが速く比較的浅い漁港などでは釣りにくくなるがこの釣り方なら場所は選びません。

漁港の出入り口などで潮流がある場合が潮に乗せて流してもOK!外道でマダイなどもくるかも??

基本的には明暗部でアクションして気付かせて、フォール時に光でキラキラしながらキビナゴが落ちるのでタチウオが居てたら堪らず飛びついてきます。

イワシが沸いているときにイワシを採取して活きたものを使えばもう入れ食いで、数時間で50匹以上友人と釣ったこともあります。

やにこ~~面白いですよ~~!

是非お試し下さい!

 

 

 

【タチウオ】江川漁港へタチウオ調査【1時間】

10/3 の夕方に堺漁港でタチウオが爆釣したようです。

それならと、最近仕入れた田辺湾の爆釣と潮周りの関係、ベイトの関係でもう江川漁港にも入っているだろうと予測し向かってみました。

案の定情報が出回っていないので釣人は皆無。

少し不安でしたが仕掛けを組んでみます。

夜釣りで使っていたワイルドタマン18号にハリス14号。

個人的にワイヤー仕掛けは嫌いで、ウキ釣りやワインドも嫌い。ほとんど釣った事ありません。

エギングしていると良くエギに当たってきてエギが切られる事が多い。

ということは、ゆっくりフォールするエギに反応するということは・・・・

針のみの仕掛けにキビナゴ。

これ最強!(タチウオがいてるときはね。ポイント遠いときは届かないw)

足元の明暗部で、

つれるよね~~

1時間ほど遊んでばらしも多数で結果

4本ね~~

気になるタチウオの太さは、

私のムチムチ指2.5本分w

それなりに食べれるサイズです~~

堺漁港のタチウオは指2本サイズのようです・・・・

江川漁港でつれるなら田辺の何処の漁港でも釣れます!

今週末の三連休はタチウオライトフィッシングで決まり!!

【9/30夜勤明け釣行】爆風のイガミ釣り

・・・・・風・・・・。

夜勤明けに近くの地磯に・・・・

初めはよかった・・・・・

しかし風が強く仕掛けが安定しない、波有り。

それでもマキエサを多めに入れれば食ってきます。

 

マキエサは多く持っていきましょう。

イメージ的にはグレ釣りと非常に類似している部分が多いです。

ポイント・釣り方・マキエサ・サシエサの工夫など。

試行錯誤しながら何とかお昼のチャイムまでに12匹で1匹リリースの11匹持ち帰り。

別のポイントも開拓しようと思っております・・・・😁

人が行かないような場所がイガミの巣になっている可能性は非常に高いです👍

行きやすい場所やメジャーフィールドは荒れてきています😂

航空写真とにらめっこしてイガミスポット見つけましょう!

 

【夜勤明けエギング】森の鼻【パタパタ ダート】

毎度!ボリ兄です!

夜勤明けはちょこっと釣りが定番しつつあります。

と言うか夜勤明けにしか釣りにいけない・・・・休みはすべて子供のイベント。(世のお父さんお母さんご苦労察します)

さて、体力的に近場で済ませてしまおうということですが天気のいい平日とあれば釣り人がたくさん目に映ります。

森の鼻の堤防も先客ありで横の磯からエントリー。

追尾ありで狙わずあえての遠投で手前まで来てガッツリイカパンチ。

内臓処理後の計測。(このイカ現在はお腹の中で消化中w)

と言うのも携帯電話職場においてきて取りに帰ったのでついでに計測しました。

その後は帰り道の新芳養堤防河口側で足元の敷石の切れ目で、

200gほどのゲット。

散歩していたおばちゃんに、

『あたしらアオリイカ高級やから食べたことないんや~~この小さいのなら歯悪い私でも食べれるやろな~』

といかにも欲しそうなので差し上げましたw

おばちゃんはうれしそうにかえって行きました・・・・

と言うことで本日の調査は9時前に終了となりました!

 

【夜勤明けエギング】森の鼻でアオリイカ~【ドロー4 3.0号】

毎度ボリ兄です!

28日の朝森の鼻へ夜勤明けに少しだけ行って来ました!

堤防の先端はイカスミまみれ!

風は北西の強風・・・

投げれるところまで投げて探ります。

始めはパタパタ君でしたがイカパンチで合わせた所リーダーから飛んでいきました。・・・・・多分でかかった・・・・

そしてドロー4 3.0号に付け替えて2連チャン~~

2匹キャッチ、1匹リリース、2バラシ。

秋イカシーズンは初心者にはもってこいの季節です!

高活性なイカが竿をひったくっていきますので基本さえマスターすればバンバン釣れる季節到来です!

 

【久々の磯釣り】夜勤前のイガミ釣行【イガミ爆釣】

毎度ボリ兄です!

本日夜勤前に相方とイガミ釣りにちょこっと行って来ました!

朝9時頃に白浜店到着後準備して近くの地磯に出陣です!

イガミの巣白浜見草地磯へ~~

椿も好調でしたが、風を考慮して風裏へ。

風裏でも波、風が強くイガミには適さない天候??

フカセ釣りスタイルでマキエサも杓で投げます。

【釣果に差をつけるブダイ(イガミ)釣り】ブダイがホンダワラを捕食する動画【遅合わせはなぜ有効?】

このブログに私のイガミ釣りの極意を載せています。

竿:プロテック1.5-53 リール:デスピナ

道糸:2号・・・  ハリス:アパッチ2号  鈎:銀狼3~4号

ウキ:ゼクトB~ゼクトG5~グラビティー2B(全てロスト)~0ウキ~最後借り物390円ウキ

しかし、30分経った頃移動してからイガミラッッシュ!

 

しか~~し!!

巻き変えたばかりの道糸(○○○)2号が飛ぶわ飛ぶわでウキ3個ロスト・・・・

もう二度と使いません・・・・パワーステージから浮気してすみません・・・・・浮気はいけません。

そこからアワセはソフトに・・・・

ウキもストックが切れてしまい、0ウキでやる羽目に・・・・

ソフトなアワセのせいで鈎はずれが多い中何とか2桁に乗りイガミラッシュは続きます。

しか~~し!!!

釣る度に重くなるスカリ・・・・

スカリが変形しだし、イガミも満タン状態に近づき・・・・・

帰りの地磯歩き(上り道有り・そこそこ距離ある)でそろそろ切り上げよう・・・・

2人で半分こ??して帰りの道を汗だくになりながら・・・・・

白浜店で数えた所、

29匹・・・・・(釣りすぎやろ)

毎投なんらしか当たってきて、サシエサの工夫を施せば一発!

中々面白くこの数もあっという間に配りえて、又欲しいといわれたので近日中にリベンジ予定です。

次回は信頼の置けるパワーステージでバンバン掛けていきます!

南紀ではイガミがやにこ~~おもろいで~~!