「スタッフブログ」カテゴリーアーカイブ

カラス貝 底物師はどう使うか

底物の経験は・・・10年ほど前の終日バックラッシュが原因でアレルギーになってしまい、釣果以外のことは殆ど知らない私です。

もちろんカラス貝の使い方も知りません。

そこで「釣り=イシダイ」ってほど底物が好きなスタッフ芝崎に訊いてみました。

イシダイ狙いの人必見!カラス貝の鈎へのつけ方をご紹介。

 

 

殻の割に身が小さいので、3個分を1回の付けエサとして使用します。

今回は、釣り師を悩ますエサ取りに対抗すべく、殻を利用した付け方をご紹介します。

殻を砕かないようにきれいに割って、その中に身を3個入れます。

小さい殻だとフタが閉まらないので大きめを選ぶのがコツ。

余った殻2個はマキエにしましょう。

 

針をセットして貝を閉じます。

 

最後にエサ巻き糸で縛って完成。輪ゴムでもOK

簡単でしょ?

漁港で水揚げされた変わり者。

みなべ堺漁港をみてきました。

するとこんな変わり者が水揚げされていて・・・

ハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)です。

和歌山みなべでこいつも泳いでいるんですね~

このハンマーヘッドシャーク、目の部分が飛び出してるため、人間みたいに周りが立体的に見えているとか。しかし、離れすぎているため真正面に死角があるそうです。

便利なのか便利じゃないのか・・・

それでも変わったサメですね。

≪反省会≫ 日置の平八 半夜釣り

前回の日置沖磯 平八はさっぱり攻略できなかった訳ですが、

前回の日置 平八の様子

今日、師匠に戦況報告をして、

どうにもならないくらい下ってたんです。

と話ましたら、

攻略法を教えてもらいましたが、

難しすぎる!!!!!!

 

下りの当て潮の攻略法1です。

 

仕掛けは、2.75号のハリスを4ヒロとって、その中に仕掛けを作ります。

浮きは、大きいウキを浮かせて釣るプカプカ釣法です。

ウキ下は1~1.5ヒロ。

サシエはボイルのLL、ハリはグレバリ8号か9号。

ガンダマはなしで、打つとしてもウキとハリの中間に1つだけ。

木端尾長が際のサラシに居るので、沖に来ないように際にボイルを撒く。

 

カメ島の前方右横に、仕掛けを投入、一旦仕掛けを引っ張る。

カメ島の右に来たら、仕掛けを右に引っ張る。

そしたら裏に回り込む潮に仕掛けが入る。

仕掛けが入ると、ウキの角度が変わるので、それをよく見ておく。

潜り込む潮に仕掛けが入って、ウキに変化が出れば、全部グレ。

35cmより小さいの来ないとの事です。

仕掛けを張ること、道糸のフケを出さない、道糸を引っ張る方向

 

簡単に言うけど、どれも難しいなぁ~

 

下り潮攻略2

波がある場合は、瀬(2つの瀬は繋がっている馬の背)に当たる波から出る

サラシを利用して、大島向きに仕掛けを入れるという荒技です。

この場合は、馬の背の真上でグレを喰わせることができるようです。

 

もう神業ですな!

 

 

ここ平八は、下りがぶっ飛ぶ時は、離島なみに走るそうです。

そんな時は、船着で遠投するといいそうです。

オサン下手のサラシに仕掛けをとられないように、竿はあげておかないと

いけないみたいです。

42cmより小さいのは釣れたことがないとの事です。

最高は42cm~55cmが師匠一人で29枚釣ったようです。

 

三倉渡船の船頭さんは、この師匠の釣果を見て

いつも「ほぉ~~~」と

 

師匠は今や海には興味無く、アユ釣りばかりです。

海も川もどっちにしても、今は日置ですね!!