「スタッフブログ」カテゴリーアーカイブ

天然うなぎの旬は10月!

うなぎが一番釣りやすいのは、9月!

そして10月が一番脂がのっているのは、10月!

9月の大雨の後などは、狙い目。

うなぎは秋に産卵のために、海に向かいます。

その前に、荒食いをします。

いわゆるうなぎのノッコミ!

うなぎ仕掛けは、まだ在庫があります。

宜しくお願いします。

日置川は鑑札が必要です。(アマゴの年券を持っている方は不要)

イサギ15センチ以下は放流してください

和歌山県漁連では、毎年多数のイサギ稚魚を放流しています。

2,3年で大きくなるので、その時は持って帰って食べましょう。

口に刺さった針がどれくらいで抜け落ちるか実験中!

今朝釣ったゴンズイを6時半に水槽へ入れて、何時間で針が抜けるのか調べています。

ライブ放映中の水槽はこちら

釣り針が服に刺さったら 【海釣りトラブル処理編】

釣り針の先端についている返しが、服にひっかかる場合が厄介なので、ご注意ください。

磯のタイドプール(潮だまり)で釣ってみよう

南紀の磯は、干潮になると自然にできた穴に水が溜まります。

潮だまりやタイドプールと言って、ここに色んな種類の小魚がいて

釣る事ができます。

 

市販の一番小さい針にガン玉、エサはアミエビかダンゴエサです。
針が小さいのでちょいエサが付け難いですがなんとか。

 

実際に釣ってみるとなかなか面白い!
初めての方や、子供さんにはオススメです。

夏場の猛暑時は、朝一番がおすすめタイム

日中は日差しが厳しい分、夜明け時の海は最高に気持ちがいいものです。

夏場の海釣りは朝マズメが文句なし! 

朝陽と共に堤防から竿を出す釣り人。 8月19日土曜日

15センチ以下のイサギは放流しましょう

和歌山県では毎年多数のイサギ稚魚放流をしているので、15センチ以下は釣ってもリリースしましょう。

すぐに刺身で食べられるサイズに成長しますので。