「○アオリイカ用品」カテゴリーアーカイブ

人気エギのパタパタについての雑談・・・・

このシリーズが世に出てからはパタパタ君シリーズで釣果があがった方も多いと聞きます。

そもそも、エギと言うのはエビに似せた漁具のことで、昔から大まかな形自体は殆ど変わっておらず、各パーツが進化し現在のエギになっています。

その中でも最近のエギはどちらかと言うと魚よりの動きやカラーが多くなっておりますが、パタパタシリーズはエビに特化したラインナップと言ってもいいですね。

そして、南紀では水温が下がり始める11~12月頃になるとアオリイカの大きさも800g~1.5kgサイズと大きくなり、2キロオーバーも出始めます。

そろそろ早い固体は産卵を意識し始めることもあるようです。

そして12月後半には南紀地方でレッドモンスターと呼ばれるアオリイカの超大型2~5キロサイズが黒潮の当たる周参見~串本で釣れるようになります。

圧巻の大きさですね!

そんなアオリイカを狙いに南紀へ遠征に来る釣人も多くなってきますね。

『デカイカは春』から『デカイカは初冬~春』に変わりつつあります。

………

さて、少し話がそれてしまいましたが、パタパタの特徴としては下部に足のような物がついております。

ナイトエギングではこの足がもたらすフォール中の微波動がイカを刺激し抱いてくれると言われています。

そして、デカイカはボトム付近でネチネチと狙うと確率が高くなります。

これから南紀は段々と冬が深まるにつれて水温も20度前後~17℃前後まで下がってしまいます。

低水温時はアオリイカも水温の変化の少ない深場~ボトム付近でじっとしている事が多くなってきますので小さなアクションでも大きくアピールするぱたぱたシリーズ是非一度お試しください!

 

 

 

安価なエギについての雑談・・・・

釣太郎では良く安いエギをメインとして取り扱っております。

理由としては、来店される多くの方が釣りが初めてという初心者の方が多いので初めは安いエギで基本をしっかりマスターしてもらう為もかねています。

なぜ安いエギ?

それは先ず日中の明るい時間帯に釣りをされる方が多いので、日中イカはボトム(底)付近に多くいる事が多いのです。

その底付近にエギをしっかり沈めてからアクションを付けるのですが、底に着いたかどうかは初心者の方はわかりずらいんです。

底に長く放置していると波や潮流で根掛かりしてしまうのですがそういったときに安いエギなら財布にやさしく、高価なエギだとお財布に痛いですね。

基本は先ず安いエギで練習し、基本をマスターすれば高価なエギも購入すれば根掛かりすることも少なくなります。

そしてエギには沢山のカラーがあり、どの色がいいかは時間帯、天気、釣場、潮色などでイカの反応が全く違ってきますので沢山のカラーバリエーションがあればどんな釣場に行っても安心ですね。

たとえば5000円の予算があるとします。

初めてのエギング。

エギを購入しよう!

メーカーのエギは1000円から1500円。

1000円のエギ5つ購入して5000円。

しかし安い250円のエギを10個買っても2500円。

高いエギは5個で5カラー。

安いエギなら5個は5カラー、エギの大きさも2種類で10個。

半分の予算で倍のバリエーション。

コレならエギの数にも余裕ができるので釣りに行った釣場でのイカのサイズにあわせてエギの大きさや、カラーを変える事が出来る。

根掛かりして補充するにも予算が余っているので買い足しがすぐに出来る。

基本をマスターしていれば安いエギでも十分に釣果が得られる。

プロのエギンガーがもし安いエギなら釣れない?

そんな事はありません。

エギの動きを把握して、ポイント、潮、活性などでイカに抱かせる技術を持っているので釣るでしょう。

ただ、高いエギは製品の完成精度や動きのばらつきが少ないので操作しやすいということです。

エギングはじめるならとりあえず安いエギでやってみましょう!

安いエギをここまで中心に販売展開している店も珍しく、ラインナップも多いですよ~

ただ、その代わりメーカーの高いエギのラインナップは半分以下となっていますので御了承くださいませ~~

ここら辺で雑談は終了~~

現在品薄状態のフルタヤエン

アオリイカの型がよくなってきてヤエン師が本格始動し始めています!

するとシーズン当初は纏め買いで1人2~6本買われるのであっという間に在庫が・・・・・ 完全ハンドメイドで受注生産なのでどうしても品薄になると入荷までに時間が掛かりますので御了承の程お願いいたします。

現在急いで作ってもらっているので南部店は近日中に入荷、白浜店は2週間以内には入荷するカと思います。

事前に予約して頂ければ在庫ある分で取り置きも承っておりますのでよろしくお願いいたします。

ヤエン釣りの道糸は細い方が良い

よく売れているのは、ナイロンの2号です。

これを1.5号まで落とすと、アジへの抵抗が和らぎ、ダメージが少なくなります。

竿が2号や3号などの硬い竿では、アンバランスになりますが、

1.5号や1号くらいの竿なら、道糸1.5号をオススメします。

根ズレしない限り、2キロくらいまでのイカなら十分に対応可能です。