「底物釣り・船釣り・カセ・筏釣り情報」カテゴリーアーカイブ

【6月23日更新】  ★底物釣り・船釣り・筏チヌ釣り情報★

今週末は荒れた後の狙い目!

 

 

 

潮周りも良いです!

白浜周辺の潮は、上り潮です!

条件的には好条件!

明日、行くしかないですね!

 

 

 

 


筏のチヌ釣り

6/23

田辺湾は濁りあり、チヌ釣りには好条件!

ただ、切れ藻やゴミなどが浮遊しています。

これらが気になりますね!


 

船釣り

 

6/23

アカイカ釣りが始まりました。

今はすさみ方面が絶好調。

 


 

白浜店のすぐ近くの袋漁港から出船している「代々丸」

釣太郎みなべ店では、田辺のえびす丸さんのオリジナル仕掛けを販売しています。

釣太郎白浜店では、白浜の代々丸さんのオリジナル仕掛けを販売しています。

 

 

 


 

串本出雲 谷口渡船で石鯛70.2cm!6.2キロ!

地のカンゴメ 大阪市 
道下様
石鯛(メス) 70.2cm 1匹 底物 ナガレコ(トコブシ)

谷口渡船のよっちゃ~~んん電話した所、

よっちゃん『そういえば!石鯛の70cmオーバー上がりましたよ!!』

釣『どこで?』

よっちゃん『地のカンゴメっす!』

釣『まじっすか!!おめでとう!!ブログに借りてもいい??』

よっちゃん『どうぞ!画像も使ってください!宣伝頼みます!wwwwww』

釣『了解しました!』

と言う運びでブログでご紹介させて頂きます!

団扇のような尻尾なのでよく引いたかと思います!

道下様おめでとうございます!

実は2本も釣ってたんです

 先に来たのが、85cmの12kのクエだったそうです。

お父さんが一人で2本釣り上げたのを、息子さん達が磯まで行って持って来たそうです。

すごいの一言!!。

 

クエの目方は??

  128cmのクエの目方は30k秤を軽く振り切ってしまいました。
40kあるのかなあ。

 

クエ128cm持ち込み釣果

  今シーズン初のクエは巨大な物でした。
128cmで秤が30kまでしか計れず、完全に振り切ってしまいました。

 

 

3月から石鯛はまだ1匹も釣れへんわ~ 舞い込みは7回あってんけどな~

カンダイ チヌ チヌはナガレコで

イシガキ イラ ヒブダイ タマミ ウニで

去年の今頃はギンワサ5枚くらいは釣れたんやけどな~

 

 

石鯛、ワシは調子いいんや!

白浜町地磯でも釣ったし、田辺市元島堤防でも58センチあったんや。

今年は調子ええんや。

またウニ買いに行くよ!

遊漁船 宝来丸(田辺市戎港)です

 

1月31釣果
上田様 バイ様 (AM8:00~PM4:00までの釣行です。) 
『棒ウキのカゴ仕掛け』 で釣りました。

グ レ     28cm~38cm     28匹
アイゴ     32cm~33cm      2匹
ヘダイ     42cm           1匹
カワハギ    23cm           1匹
ウスバハギ   52cm           1匹

平日は空きが多いです (^_^;)  ご予約お待ちしております。

----------------------------
 ◎◎◎ イサギの季節がやってきました。 ◎◎◎
 完全フカセやウキ釣りなど釣り方は様々。
 グレのフカセ釣りもこれからです。
 ご質問などがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
----------------------------

宝来丸ブログから過去の釣果もご覧頂けます。
http://blogs.yahoo.co.jp/houraimarutanabe/

実戦!船釣り商品のご紹介(アンダーベイト)

近年流行の釣りアンダーベイト

落とし込みともチョクリ釣りともいいます!

 

釣りの理屈は簡単です。

船長が魚探でベイト(アジやイワシ)を探します。

船長からの指示棚(何メートルにベイトがいる)

そこまで仕掛けを落とす。

ベイトがこのサビキみたいな針に掛かる。

そのままベイトが掛かった仕掛けをさらに深い所まで落とす。

フィッシュイーターがそのベイトを食いにきて、サビキの仕掛けも一緒に食べて

掛かるという仕組みです。

 

何故このように人気があるのかというと、

何が掛かるかはお楽しみというところと

エサを使わないので、エサの匂いが嫌いな方や

エサ付けが苦手な人でも出来て、

コマセの釣りではないので、

潮下が有利なんていうものが少ないとう理由があげられます。

場所によっては、仕掛けの先端に

つけるオモリ(だいたい80号から100号)の代わりに

鉄仮面と呼ばれるカゴのナマリにアミエビを入れて、

ベイトの掛かりを良くする釣りもあります。

 

仕掛けは鈎が11から13号が売れ筋です。

ハリスは12号あれば大丈夫ですが、

みなべのえびす丸さんなんかは、

この11キロのブリを釣ったとか。

12号を切って行くやつもいるので、

14号ハリスも合った方がいいですね!

 

8号や9号という小鈎はベイトの掛かりは抜群ですが、

いざ1mのカンパチなんかが来たら・・・・チーンですね!

11 12 13 14号くらい持っておいた方がよいですね

 

 

実戦!船釣り用品のご紹介(クッションゴム)

船釣りになくてはならないものクッションゴム。

船釣りではPEラインを使いますので、PE自体に伸びがないので、

魚が掛かったときの衝撃を和らげる効果があります。

長さや太さも色々あって、迷うことでしょう。

簡単に説明します。

 

太さが1.5mmで30cm~50cmくらいのものは、

イサギやレンコダイ、ウメイロ、50cmクラスの小ダイなどの天秤フカセに。

2mm太さのものは、70cmクラスのマダイやハマチなど。

2.5mmはメジロやシオ、ヒラメなど。

3mmはブリ、カツオ

3.5mmは大型のカツオやビンタ

4mmはキハダマグロ

 

大事なのは掛かる魚とクッションのバランスを合わせないとダメです。

4mmのクッションでマダイの40cm級なら、クッションがガチガチすぎて意味がないです。

2mmのクッションゴムでカツオも無理でしょう~

 

実戦編~

 

アンダーベイトではどうでしょう。

みなべ周辺の船では、チョクリ釣りといって、メジロやヒラメ狙いなら2.5mmの30cmクラスの短じかいクッションをつけます。

白浜店近くの代々丸さんではクッションはつけずに、PE4号にフロロ14号をショックリーダーにします。

 

串本のカセでマダイやメジロなんかを天秤フカセで狙うなら2mmで上等でしょう。

他の方と絡み合う心配もすくないので、1mくらいの長めでも大丈夫でしょう。

 

串本の潮岬沖でグレ釣りなどの五目釣りがありますね!100何匹と釣れている釣り方です。

あの場合は、相手はグレの30~40cm級ですが、クッションは3mmの50cmか1mを使います。

これは潮が早いために、30mくらい棚ですが120号のナマリを使うからです。

天秤の上下に2mm50cmを付けるパターンもあります。

 

串本沖でサンマのミンチでメジロやブリを狙う時は、3.5mmから4mmを1mです。

オモリを120号を使うからですね。この場合はPE8号です。

こちらも天秤の上下に2.5mmを50cmと1mつける方もいます。

 

見老津やすさみで天秤にカゴにオキアミをつめて、イサギやウメイロ、シマアジなんかを狙う時は、

2mm50cmです。

 

白浜やみなべの沖でマダイの80cmクラスまでを狙う時は、2.5mm50cmです。

 

 

このように釣る魚に合わせて

クッションゴムが必要になります。

 

他に

乗り合いの多い船10人クラスが乗るような船では、クッションのサルカン部分がお祭りになることがありますので、

サルカン部分にPEラインが絡みやすい形状のものはさけましょう。

ハヤブサのエイトロック型は絡みにくいですが、その分お値段は上がります。

ただ、ガラガラの船に乗る場合はそこまで心配しなくても大丈夫ですよ~