「紀州のチヌ釣り」カテゴリーアーカイブ

【波止チヌ】初心者にオススメの紀州釣りの釣り場【広くて隣の釣人が気にならない】

紀州釣りも初心者のうちは、ダンゴが空中分解したり、なかなかうまくいかないものです。

合わせのタイミングや棚取りの練習など。

これらの釣場では、人目を気にすることなくできます。

 

 

【波止チヌ】初心者にオススメの紀州釣りの鈎、ウキ、シャク

基本3号をメインに2号と4号の鈎があればOK。

軸が長い鈎はサナギを刺すのに最適!

ハリスがついたのもあります。

ハリスは2号で十分です。

タマウキでチヌのアタリが出て沈んでいくのは、見てて気持ちがいいですね!

寝ウキも見ていて楽しいですよ!

紀州釣りではウキ下の設定が重要です。

風のある日、流れのある日などは実際の水深よりも深めに設定しましょう。

フックドスナップが道糸と絡みにくいので、ウキを取り付けるときはオススメです!

ダンゴシャクです。

手で投げる方法もありますが、慣れていないと、コントロールが定まらないうえに

ダンゴが空中分解することも多く、

そして、肩を痛めます。

便利なシャクがあるので、使いましょう。

【波止チヌ】初心者にオススメの紀州釣りサシエサ

オキアミをメインにコーンとさなぎが入ったチヌ釣りセット450円

これから秋口にむけては、さなぎへの反応が良くなります。

激荒の中にもサシエサに出来るさなぎも混じっていますので、

是非お使い下さい。

さなぎは1個の丸掛け、2個掛け、コーンとサナギの合わせ技に

さなぎ半分にちぎって付ける方法、わざと空気の入ったさなぎを使って

ダンゴが割れた瞬間に煙幕から飛び出す演出も可能。

さなぎはタイ系の魚はだいたい食ってきます。(マダイ、ヘダイ、キビレ、コロダイ、コショウダイ)

【波止チヌ】初心者にオススメの紀州釣りダンゴ

だんごが作りやすく、投げた時の割れも少ない。

この紀州パワー1袋に「激荒」げきあら」を半袋入れて、海水400ccで

3~4時間程度遊べます。半日するなら紀州パワー2袋です。

今の時期、アミエビは余計な魚も寄せるので不要です。

 

棚(タナ)のとり方 【波止カゴ釣り編】

カゴ釣りの場合は、カゴからヒロ数を計ります。

ウキ止め糸の地点が起点となり、これで棚(タナ)を調整しましょう。

棒ウキの場合は絡まない様に、ちょっと長い目にからまん棒を取り付けます。

クロダイ(チヌ)は魚の切り身も好んで食べます

キス(シロギス)切り身を捕食するチヌ(黒鯛)。

小魚(きびなご)も捕食するチヌ(クロダイ)

チヌ(クロダイ)は小魚も食べます。

ネンブツダイを食べるチヌ(クロダイ)の映像はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=7dPuoE1Q-Gs

チヌもこれだけあると気持ち悪い

みなべ町と田辺市の堤防湾内はチヌ(クロダイ)の宝庫ですが、あまりにも多い・・・。  

田辺市新文里(もり)湾にて

昼間に見えているチヌはなかなか釣れません・・・