「アオリイカ情報」カテゴリーアーカイブ

ビギナー向け アオリイカの生態

アオリイカのオスとメスの見分け方です。

↑ 胴体の部分が

「横縞模様」なのがオス

「斑点模様」なのがメス

オスはメスよりも大きく成長します。

メスは大きいものでは2.5キロくらい。

オスは4キロ以上にまで成長します。

 

 

こちらはオスのアオリイカ2キロ

アオリイカには触腕と呼ばれる長い腕が2本あります。

この食腕で獲物を捕らえますので、大きな吸盤が付いています。

一番小さい腕2本は触覚の代わりになります。

先端が尖っている交接腕と呼ばれる生殖の為の腕が1本あります。

エンペラやミミと呼ばれる部分が大きいと外洋性で回遊力の高いアオリイカと言われ、

大型に成長します。

アオリイカは大きな目で視野が非常に広い事で有名です。

視神経が発達していて、視野が片目で180度もあり、遠くの獲物を見つける事が出来ます。

視力は20mは見えているとの話もあり、人間に例えると視力0.8くらいだそうです。

 

 

 

アオリイカの産卵はだいたい6月から7月の間に行われる事が多く、

一斉に産卵するのではなく、かなりの個体差があります。

2月に産卵するものもあれば、8月に産卵するものもあります。

夏の暑い日に、漁港の中で小さなアオリイカが群れになって浮かんでいます。

この小さいアオリイカが一潮(約14日)で一回りずつ大きくなっていきます。

7月に3cmくらいだったアオリイカは9月になると100gサイズまで成長し、

エサが豊富な秋の間にどんどん大きくなり、11月頃には500gくらいまで成長します。

水温があまり下がらない南紀では、エサが豊富なので、成長も早く

お正月くらいには1キロ、3月、4月くらいには2キロくらいまで大きくなります。

 

 

外洋性のアオリイカはエサが豊富な所で育つ為に、

成長も早いです。

5月のGW頃には3キロくらいの大きさに。

中には、4キロくらいまで大きくなるアオリイカも。

アオリイカのシーズン

まずは和歌山の南部地方 みなべ~串本について

アオリイカのシーズンインは、南側から始まります。

みなさんが思っている以上にシーズンインは早く始まります。

 

 

時期は白浜より串本が1ヶ月半~2ヶ月早い。

みなべ・田辺は、白浜より1ヶ月~1ヶ月半遅いと考えてください。

 

白浜を中心に書いていきます。

 

新子いわゆるエギングで釣れるコロッケとかトンカツサイズが釣れ始めるのは、

8月の終わりからで、500g~1kgのピークは10月と11月半ばまでです。

11月半ばあたりから、木枯らしや北西風が吹き出したら、

風裏に回ってのヤエン釣りがおもしろいです。

1キロ平均で1.5キロクラスも混じります。

アジ20匹もっていくと、アタリは15回、とれるの10杯。

こんな感じになります。

 

12月になって寒グレシーズンになると、またおもしろい!

 

フカセしている方がマキエを撒くので、小魚が沢山います。

その付近にアオリはいっぱいいます。

 

フカセしている方の邪魔にならないように、釣らないといけませんが、

この12月~2月は、型も2kgが揃いだすので、楽しいですよ!

 

2月後半になって水温が15度くらいまで下がってくれば、エギングが登場します。

ここで狙うは、アオリイカよりアカイカ(剣先イカ)、ヤリイカです。

ヤリイカはアオリと同じ中層から、底にいますので、細かいアタリをひらっていくと

数が伸びます。

エギの種類は3.5のディープか4号でアオリを

コンと当たるのに乗らないのは、ヤリと剣先なので、2号エギか2.5号エギに変えると

釣れます。

 

白浜は11月くらいから太刀魚が出るので、私の場合はエギングリーダー 6号から8号を使います。

細いリーダーだとタチウオにばっさりと切られます。

タチウオがいる場合は、アオリイカは厳しいので、タチウオ狙いに変えた方が良いかと思います。

白浜の磯太刀魚は、活性が高い時は、いちいちしゃくらなくてもズル引きで、クーラー満タンになります。

タチウオの南限は富田浜辺りで、千畳敷方面や円月島付近、ホテル川久辺りもタチウオの回遊があります。

 

水温が上向きになり3月辺りは3キロ級のアオリが場所により連発します。

3月下旬から4月になると、水温が不安定になったりして、釣れる日、釣れない日が出てきます。

5月のGWが過ぎて6月の半ばまでは、土日は、ヤエン師でいっぱいになります。

数はすくないですが、大型が出ます。

 

7月は早朝エギングで、新子のアオリを

7月8月は、朝6時過ぎると暑くてやってられなくなります。