「アオリイカ情報」カテゴリーアーカイブ

ビギナー向け アオリイカの基本的な釣り方(ヤエン釣り)

アオリイカの基本的な釣り方(ヤエン釣り)

ヤエン釣りに必要な道具です。

仕掛けは道糸にハリをつけるだけのシンプルなもの。

ヨリが掛かるので、サルカン付きの尾バリを使うのが一般的です。

 

アジには、ゼイゴという固い部分がありますので、そこにハリを掛けます。

 

 

そして、軽くキャスト

ライナーのように飛ばすと、アジが弱ります。

ソフトタッチで!

着水する瞬間にサミングをすると、頭から着水します。

 

 

アジが着水したら、すぐに竿を竿掛けに置くのではなく、

しばらくはアジを手持ちで泳がせましょう。

張って、緩めての繰り返しで、アジが中層から海底近くを泳ぐようにイメージをしながら

道糸を送ります。

道糸を張りっぱなしだと、糸で引っ張られてるので、アジは潜りません。

 

しばらく泳がせて、中層から下層辺りを泳ぐようになったら、

竿掛けに竿を置いて、アタリを待ちます。

ずっと放置しないで、道糸を出したり、巻いたりしてアジをコントロールします。

 

アオリイカがアジを抱いたら、走り出します。

この時に、慌てて糸を止めると、捕まえているアジを離してしまいます。

糸が出るのが止まるまで、待ちましょう。

 

しつこく、糸が出る場合は、オープンベールで道糸をフリーにします。

抵抗が掛からないので、走りが止まりやすくなります。

こちらは2.2キロのアオリイカが乗った時の動画です。

 

ヤエン投入の手順です。

①イカがアジを抱く。この時はアジの首根っこに喰らいついて、アジを殺そうとしている。

慣れてくると、アジが死ぬ瞬間が竿先で分かるようになります。

②イカが走る。この時は走らせてあげましょう。

これはイカの習性ですので。

リールの糸はオープンにすると抵抗がかからなくなるので、だいたいは止まります。

ただ、走らせれば走らせるほど、獲れる率は下がります。

藻を巻いてしまいそうとか、岩に絡みそうなときは、完全に糸を止めて、一旦バラシましょう。

25mくらいは、アジを引き戻してもイカは見えているので、1/2の確率で乗ってきます。

③ここからが心臓がドキドキする寄せの時間です。

水面と糸の角度が45度に近くなるように寄せます。

という事は、4mの竿より5m、5mより6mの竿の方が早くヤエンを入れる角度を作れるという事です。

イカを浮かせないといけないので、竿は横に寝かして寄せます。

ここでは間違っても、リールを巻いて寄せないで下さい。

竿の胴にイカの重さを乗せて、体を回すようにゆっくりと竿を寝かして

体を回した分だけ、糸を巻きます。

この時にイカが反発して噴射しても、竿でついていき、糸は出さない。

ここでバレるのは、竿で反応するのが遅れる場合か、竿が硬いかのどちらかです。

④概ね15mから20mまで寄って来ると、ヤエンを投入できる角度になっています。

ヤエンを口に咥えて、リールのベールを開け、リールの糸を指で押さえながら、右手に竿を持っていたら、そのまま竿を後ろに寝かすと、自分の頭の上に道糸が来ます。

竿の穂先に道糸が絡まないように、テンションをかけておき、道糸を手で持ってすばやくヤエンをセットし海中へ!

ヤエンが海中に入るまでは、手から道糸は離さない!

⑤すばやくリールを巻いて、ヤエンが海底でからまないようにする。

⑥ここからはヤエンを送る動作と、イカを寄せる動作を交互に行ないます。

なぜこの2つの動作をするのかは、こういう理屈です。

※糸の角度が急すぎてヤエンにスピードが乗ってしまうと、イカがビックリして噴射するため。

 

竿を立てて、角度を作りヤエンを送る。竿を斜めにして、イカを寄せる。

この時もリールで寄せずに、体を使って寄せます。

⑦合わせは必要ないので、10mくらいまで近くに来たらそのまま竿を

立てて、角度を維持!

⑧イカがヤエンのかけバリに当るとびっくりして噴射して逃げようとします。

この時に、ヤエンにガッチリかかる訳です。

タマなり、ギャフなりで取り込みを行って下さい。

 

追記:イカを寄せる段階で、イカの大きさがだいたい分かると思います。

あまりに小さいイカの場合は、ヤエン投入は考えてあげてください。

メスイカの大きいのも、ヤエンの掛かりがいい場合以外はリリースして

あげて下さい。

胴に空気が入ってしまった場合は、すぐに死んでしまいますので、

持ち帰って「頂きます」をして下さい。

いつまでもイカが釣れる様に配慮することも、イカ師の心意気だと思いますので!

アオリイカの基本的な釣り方(ウキ釣り)

アオリイカのヤエン釣りは難しそうという方には

ウキ釣りはいかが?

エサをつけて、投げて待つだけ。

ウキが沈んだら、大きく合わせるだけでアオリイカゲット~

 

ただ、ヤエン釣りはアジが自由に泳ぎ回り、自らアオリイカを誘いますが、

ウキ釣りの場合は、ウキ下が決まっているので、その範囲内でしかアオリイカにエサをアピール出来ません。

アオリイカの棚さえ、把握すれば、エサの近くに掛け針がついているので、

取り込める確率はヤエン釣りに比べると、大幅に上がります。

がまかつのウキ釣り仕掛けセット

 

 

ササメのウキ釣り仕掛けセット

 

エサの活けアジの付け方です。

現地で釣れたネンブツダイやイサギの子などもエサとしてOKです。

また、ヤエン釣りで使った弱ったアジでもOK。

 

小さなアオリイカだと引き抜けますが、500g以上のアオリイカはタモかギャフを使いましょう!

ウキ釣りには、外道として、ヒラスズキやメジロ、ハマチ、カンパチ、ヒラメなども掛かる事も。

うれしい外道ですね!

アオリイカのウキ釣り仕掛けです。

必要なものは

・2号~3号相当の磯竿(5mくらいが使いやすい)

・リールはスピニングタイプ(ドラグは前後どちらでもOK)

・ウキ止め糸

・シモリ玉

・電気ウキ(自立タイプが使いやすい)

・シモリペット

・ウキストッパー

・サルカン

・市販のイカ仕掛け

竿側から

うき止め⇒シモリ玉⇒ウキ⇒シモリ玉⇒ウキストッパー⇒サルカン⇒イカ仕掛け

このような順番で仕掛けを作ります。

 

 

 

 

鼻にハリを掛けバリを通します。

棚は夜間は1ヒロ~2ヒロ 日中は2ヒロ~4ヒロぐらいで最初は様子をみて

反応がなければ、徐々に深くしてください。

 

アジの重さではなく、ゆっくりウキが沈んでいけば、

イカがアジを抱いていますので、ゆっくりと糸ふけを取って

大きく合わせてください。

仕掛けは天秤式になっているので、合わせを入れると跳ね上がり

イカの胴体に掛かり、びっくりしたイカのジェット噴射でさらに深く胴体に掛かります。

アオリイカ情報

 

毎日、白浜町 袋地磯へ(ヤエン・活アジ)でアオリイカを釣りに行っているお客様

(毎日釣れてるよ~まだ型は小さいけど。)との事です。

 

アオリイカの〆方・保管保存方法

アオリイカの〆方・保管保存方法

 

目と目との間の少し上の辺りに、神経がありますので、

そこを先の尖ったもので、突けば〆まります。

 

 

スカリ等に入れて海に入れておくと、足が無くなっていたりと色んな事があるので、

〆てジップロック付のナイロン袋に入れて保管するといいです。

これならイカ墨まみれになりませんので。

クーラーで保管する時は、直接に氷にあたらないように、タオルや新聞紙などを引くと

良いです。

イカをビニールに入れずにそのまま氷水の中に入れると、水っぽくなり不味くなります。

現地で捌く時は、墨袋を取っておくと、後から真っ黒になることもありません。

 

これは動画用に説明しています。

実際に食べる際は、しっかりと汚れている部分洗ってから

調理して下さい。

またアオリイカは、あまり水を当てすぎると、水っぽくなりますので、

必要最低限にしましょう。

薄皮を剥ぐ時は、キッチンペーパーなどを使えば楽に向けます。

この薄皮をむく、ひと手間が甘み、柔らかさにつながります。

ビギナー向け 活けアジの活かし方・運搬・照度・海水交換

ヤエン釣り・ウキ釣りには絶対に必要な活きたアジ(いけあじ)

相手は生き物ですから、取り扱いには十分注意が必要です。

 

まずは、エアーポンプ 

電池の残量によって、エアーの出る量が変わりますので、

予備の電池が必要です。

また、安いエアーポンプは作動が不安定になることがあります。

必ずエアーが出るかの確認をします。

ホースも折れ曲がっていないか、ストーンからブクブクが出ているかも確認します。

 

 

 

現地についたら、さっそく海水の交換をします。

泡が溜まっているのは、アジの粘液です。

これを放置するとバケツ内が白く濁ってきます。

水汲みバケツで海水を交換するときは、少しずつ水温に慣らしながら交換しましょう。

海水を交換することによって、バケツ内の水温を海水温に近づけることが出来ます。

エアーポンプが外気をバケツ内に送り込むので、

暑いとき、寒いときで、バケツ内の温度は変化していき、実際の海水温を乖離していきます。

 

 

磯や堤防ではアジスカリを使うと、海水の交換をしなくてもよく便利です。

 

 

アジは音や光に敏感です。

バケツをドンとコンクリの上に置いたり、蓋を閉めるときに急に暗くたりすると

暴れてしまいます。

 

 

活魚車では当たり前のことですが、アジを運搬する際には必ず

電気を点します。

これは日中に

トンネルに入り周りが暗くなっただけでもアジがびっくりして暴れて

弱くなってしまうからです。

 

こちらは活アジを活魚車から降ろすところです。

暗い所から、店内の明るい所へ運ぶと、

びっくりして暴れてしまいます。

その為に、水中ライトをつけて、明るい状態に慣らしています。

これも活魚では常識です。

こちらは地元のお客様のアジバケツです。

黒いテープを巻いているのは、

明暗反応によって、アジが暴れないようにするためです。

海藻を入れるとアジが落ち着くのは不思議ですね。

 

こちらはこだわり派のお客様の自作クーラーバケツです。

よくアジの事をわかってらっしゃるお客様で完璧です。

ビギナー向け アオリイカの捕食動画を見てみよう!

 

こちらは活のアジを捕まえる瞬間です。

捕まえてから急所である頭をかじり、アジの息の根止めにかかります。

 

アジから血が出てきています。

息の根を止めたようです。

ここまで約2分

 

 

アジの頭を落としました。

このアオリイカは約600gです。

頭を落とすまでに約3分。

頭を落としたら、食べるの夢中になるので、ヤエン釣りではこのタイミングで

寄せにかかり、ヤエンを投入します。

ヤエン投入が遅すぎると、全部食べて、ごちそうさまになりますし、

早すぎると、食べ始めて間もないので警戒してアジを離されてしまいます。

これがヤエンの駆け引きのおもしろさでもあります。

イカのアタリがあったら、3分待て、たばこ1本吸うまで待てなどというのも、

案外理に適っているかも??

でも水温が先日より上がって活性の高い時は、

500gのイカでも3分でアジ完食するときもありますので、

あくまで目安ですよ!

こちらは網ですくった、30g程度の小さいアオリイカ。

こんな小さなアオリイカでもしっかりと活きたエビを掴まえて食べます。

なるほど、成長するのが早いのも納得です!

アジ以外にも色々な魚を捕食するアオリイカ。

堤防で釣れるネンブツダイ(通称 アカジャコ)への反応は良いです。

 

アジが変なかじられ方をすることはありませんか?

正体はアジを同じくらいの大きさの小さいアオリイカの事が多いです。

通称「アジ殺し」と呼ばれます。

 

ビギナー向け アオリイカが狙える釣り場

アオリイカが狙える釣り場を季節ごとに!

元気な新子サイズがたくさんいますので、場所にこだわる必要はないです。

漁港内でも砂浜でも磯からでも釣れます。

アタリも多いので、ビギナーが始めるなら秋がオススメ

 

南紀の冬は、海水温がまだ20度前後ありますので、磯からの釣りがメインになります。

堤防からも狙えなくもないですが、潮の通りが良い磯の方がアオリイカの個体数は圧倒的に多いです。

冬は北西の風が吹きますので、風裏のポイントをあらかじめピックアップしておきましょう!

 

春は産卵を意識しているので、藻場。

海藻に卵を産みつけに来るので、藻が生えている場所が良いです。

藻が多いと、掛かったときの取り込みが難しいので、イカが乗ったけど、藻に絡んで取れないということのないように、ポイントの見定めやアジを泳がせるポイントは考える必要があります。

 

7月の初旬くらいがラストのシーズン。

8月と9月の中旬くらいまではオフシーズンとなります!

 

 

 

砂浜からでもアオリイカは狙えます。

さすがに冬までですが・・・10月から12月くらいは砂浜からでもOK!

但し、朝の早い時間や夕方に限ります。

みなべ店近辺はアオリイカポイントの宝庫

みなべ堺森の鼻のアオリイカポイントのご紹介

みなべ町堺一本松のアオリイカポイント説明

釣太郎のアオリイカポイント説明【グーグールアースで解説】1 みなべ~白浜周辺

釣太郎のアオリイカポイント説明【グーグールアースで解説】2 白浜周辺

砂浜からのアオリイカポイント紹介 白浜町五色浜(ごしきはま)

釣太郎のアオリイカポイント説明【グーグールアースで解説】3 白浜町見草~伊古木

釣太郎のアオリイカポイント説明【グーグールアースで解説】4 すさみ町~串本町

南紀のアオリイカ釣り場を網羅しました!

是非参考にして下さい。

ビギナー向け アオリイカの適水温

ariika

アオリイカ釣りで大事な要素である「海水温」

南紀で一番活発にエサを追うのは23度から20度

だいたい24度くらいからアオリイカのサイズも良くなり、

本格的なシーズンインとなります。

南紀では黒潮の影響で、真冬でも水温はあまりさがらず、

1月でも20度前後あり、冬場の季節風である北西風の風裏に回れば

良型サイズの数釣りも堪能できます。

2月をすぎると17度くらいまで下がり、アオリイカのアタリは減り始めますが、

3キロクラスの一発でかいアオリイカがありますので、この時期でも狙いに行かれる方は年々増えています。

2月下旬から3月初旬は、1年で一番水温の低い時期、串本やすさみエリアでも15度台まで落ちます。

みなべ周辺は14度くらいまで落ちます。

この時は、さすがにおかっぱりからの釣りは厳しくなりますが、

串本の一部では、レッドモンスターと呼ばれる4~5キロサイズの赤イカ系のアオリイカがエギで仕留められています。

この超大型アオリイカが狙えるのは、長くても2潮、だいたいは1潮(2週間程度)で終わります。

 

3月下旬から水温が上がり始め、

16度に達した南紀の南側から釣れ始めてきます。

串本から始まり、すさみ、白浜へとアオリ前線は北上してきます。

だいたい白浜は4月くらい、田辺は5月、みなべはGWあたりです。

GW辺りはだいたい20度くらいになっているので、

白浜からみなべ間なら、どこでも狙えますが、

個体数は少なく、産卵を意識したアオリイカなので、

警戒心も強くなっています。

ピーカンの天気の日よりも、曇りや小雨の日、

低気圧が接近する荒れる天気の前の日などは

大型のアオリイカが地磯や堤防から釣り上げられています。

 

 

 

 

 

最近のアオリイカ

300g~500gがメインに釣れています。中には800gクラスも混ざる為、
あと1.2週間ほどでもうひと回り大きくなってきそうです。

みなべ周辺~白浜の波止・地磯から釣れています。

沖磯では、みなべ鹿島の本島でアタリ連発しているようです。

img_3613 s__59432966 s__59809797 s__59809801 s__59809802 s__59809801 s__60293139 37798 4037 37868 s__34529309s__60809225 s__61243395 s__61243396 s__5144587 s__61243397 s__2146306 s__61358087 33154

今週3連休はアオリイカ狙いがオススメ!

この3連休は旧暦の8.9.10 

夕方にお月さんが真上に来ます。

夜釣りに最高です! 

夕方5時には、釣りを始めましょう~

18時、19時くらいから入れのりですよ~たぶん

みなべや白浜辺りが良さそうです、小潮で潮も低いので、磯も大丈夫!