「★釣場案内(地磯)」カテゴリーアーカイブ

マップと動画で紹介 北西に強い穴場的な白浜地磯 『松島』

白浜の地磯で穴場的な地磯の『松島』
北西に強いわけではありませんが、一部背中から受けてできるので冬場は重宝します。
浅い釣り場なので水温が下がる寒グレの時期はじっくり夕方まで狙ってみるのもいいと思います。

2:12 釣り場案内
3:05 降り口
4:45 松島までの道
7:50 松島の紹介

地磯などの紹介等致しておりますが、当店は地磯紹介等でのトラブルに関しましては一切の責任は負いかねますので、行かれる際は自己判断・自己責任でお願い致します。

すさみ町江住の地磯案内

すさみ町江住は「御待崎」一帯が釣り場となります。入り組んだ磯なので対象魚も豊富です。
釣太郎みなべ店から約45.1km、約41分、白浜店からは28.9km、約26分ほどのところにあります。

すさみ町江住

すさみ町江住

江住は紀勢自動車道の終点地なので大阪方面からのアクセスが非常に楽になりました。
クエジが一番人気です。
駐車スペースはあまりないので迷惑にならないようにしましょう。この地図上の駐車スペースも止めれなくなる場合がありますのでご了承ください。道の駅に不法駐車をしてトラブルになったのをよく聞きます。迷惑にならない場所に止めましょう。
Googleマップで見る

すさみ町江住 クエジ

クエジ先端部(左)

釣り場自体は広く人気があります。

すさみ町江住 クエジ

クエジ先端部(右)

グレ、イシダイ、メジロ、ヒラスズキ、イガミなどが狙えます。

すさみ町江住 クエジ

クエジ(右方面)

奥に見えるのが江須崎。

すさみ町江住 江住漁港

江住漁港(左)

防波堤からアオリイカ、アジ、コッパグレなどが狙えます。

すさみ町江住 江住漁港

江住漁港(中央)

冬の北西風に強い漁港です。

すさみ町江住 江住漁港

江住漁港(右)

浜から突き出ている防波堤からはアジ、アイゴ、アオリイカなどが狙えます。

北西風に強い釣り場 すさみ町パート2

 

すさみの地磯

旧42号線で小石の鼻をすぎて、左にPスペースがあります。

ワイヤー綱渡りで行く横島の左手、アシカ側の磯、たしか水タレという名前だったような・・・。

割と波に強く、グレや底物、ルアーで人気がありますが、入れるのは5.6人くらいでしょうか。

歩いて近いので人気の磯です。くれぐれも南からの波には気をつけて。

 

すさみ漁港

いろんな方向に堤防が出ていますので、全方向の風に対応可能です。

一番大きな堤防(小泊堤防)は堤防の修復工事などを行う時がありますので、

ご注意を。新しいテトラも滑りやすいので十分注意しましょう。

グレ、チヌ、サンノジ、アイゴ、ヘダイがメインターゲット。

アオリイカや青物も釣れることもあります。

 

稲積島・水産試験場裏

稲積島の沖向きも山が風を遮るので、北西風でも竿が出せます。

堤防を向こう岸まで渡ってから、大きなゴロ岩の隙間をぬって歩いて行きます。

背負子を持って行かないときついです。

飛び渡りの場所が多いので、釣座自体は少なめで、先端までに2~3箇所ほど。

磯魚は全般狙えます。

 

この辺りは国民宿舎の裏手になり、山が北西の風を遮るので、釣りがしやすいです。

全体的に浅いポイントです。

飛び渡る所が「ワタリ」、三角の磯が「スベリ」と呼ぶようです。

グレ、イガミ、アイゴ、サンノジ、イズスミ、アオリイカがメインターゲット。

車は国道脇へ。

 

口和深 穴島

穴島は北西が6mくらいまでだったら出来ますが、それ以上になるとかなりやりずらいです。

風を遮る物が何もないためにオススメは出来ません。

 

口和深 黒崎

先端の天鳥島向きなら北西の風でも大丈夫です。

この辺りはうねり波がある時は十分気をつけて。

先端が混雑しているかは、名切崎から見えます。

 

すさみ町 江住 御待崎

道の駅に不法駐車をしてトラブルになったのをよく聞きます。

迷惑にならない場所に止めましょう。

クエジが一番人気です。

 

 

すさみ町 江住 ホリ崎

 

途中に溝があり、潮位150cmくらいではぎりぎりになりますので、

潮位表を見て行きましょう。

周辺は、グレやアオリイカの好ポイントです。

北西の風でも大丈夫な場所。

 

ここから先、里野より南側は、北西風の影響を受ける所が少なくなります。

完全に風裏にはなりませんが、白浜周辺よりはかなり地形効果で風が低減されます。

 

 

 

 

北西風でも竿が出せる釣り場 白浜町パート2

 

白浜町 富田地区 ハシタテ・シガラミ磯

駐車スペースは少ないので、混雑することは少ない

ハシタテは五色ケ浜向きが風背中となる。

シガラミ磯は、川(安久川)あくがわの向こう側にも行ける。

2月から3月の大潮でアオサで大グレが釣れるのは有名。

グレ、チヌ、アイゴ、ヘダイ、イガミ、サンノジが狙える。

 

白浜町 富田地区 富田浜

富田浜の右寄りは、じゃり浜が高い為に、波打ち際に降りると

北西風を背中に出来ます。

40mほどの沖合いに沈み瀬がありますので、カゴ釣りでグレやチヌ、ヘダイなどが狙えます。

 

白浜町 富田地区 メズロの鼻

富田浜向きは北西風の時は、まともに受けます。

丸山向きは風を背中に受けるので釣りが成立しますが、風方向が西向きになると

波が先端を越えてくるのでご注意。

グレ、チヌ、マダイ、ヘダイ、アオリイカなど

白浜町 袋地区 袋漁港

袋漁港は、北西風の時は、風が巻いてくるのであちらこちらからと吹いてきますが、

波もないため、釣りが出来ます。

冬はチヌ狙いでのんびりと竿を出すことが出来ます。

紀州釣り、フカセ釣りで。

漁港側の堤防へは、遊漁船乗り場に駐車スペースが2台分ほどあります。

白浜町 椿地区 テダカ

北西の風が4~5mくらいなら、椿の地磯はどこでも大丈夫ですが

8m以上になってくると常人では少々無理があります。

正面から波を被りながらの釣りとなります。

唯一、テダカのみが北西風が強いときでも背中に風を受けて竿出しが出来ます。

白浜町 日置地区 市江漁港(いちえ)

主にアオリイカ狙いの場所ですが、外海が荒れると漁港内の堤防やテトラから

グレやサンノジ、イガミが狙えます。

渡船の利用客や漁協関係者の迷惑にならないように駐車場所、ゴミにはご注意ください。

白浜町 日置地区 笠甫

笠甫(かさぼ)は山に囲まれているために、北西の風には強い場所です。

地磯が右、左と別れていますが、一部ルートは低い場所を通るので、潮位が150cm以上だと

長靴でも濡れてしまうことがあります。

特に入り江の右側の地磯は、途中が低い場所が多いので注意が必要です。

アオリイカ、グレ、イガミ、アイゴが主なターゲット。

白浜町 日置地区 大崎周辺

↑大崎の先端部分

北西が強い時は、中崎向きに釣りをすると大丈夫。

↑大崎から見た高崎

↑中崎 磯が低いので、潮位の高い時は注意。

よく取り残されてレスキューされています。

↑志原磯から見た小中崎と向こう側が中崎

↑志原磯の先端(1番)の動画。

2番から1番へは潮が引かないと行けません。

志原の沖はシモリや根が点在しているので、魚影が濃い。

↑ 志原磯の東側(一番浜よりの先端)

 

 

村島磯は北西風の時には、東向きの離れ磯のチューダ側

通称フカツロで竿が出せます。

海底は