「【釣り方】 フカセ釣りのいろは」カテゴリーアーカイブ

アオサは寒グレの日常食!

糸アオサを針に巻きつけ方説明(動画) 【寒グレ入門】

アオサを使った寒グレ釣りの基本説明(動画)

アオサは水温が下がってくる冬場の磯際に生え、基本的に満潮時には浸かり、干潮時には海上に姿を現します。特に大潮の満潮時の夕まずめは狙い目。
基本的にアオサは浮かせて釣るので棚は1ヒロか1ヒロ半。磯際なので磯で切れる場合も少なくないのでハリスはフロロカーボンの2号以上がおすすめ。3号以上のハリスを使う釣人も。

アオサを使ったフカセ釣り 仕掛説明(動画)  【青海苔をエサに寒グレ釣り】

やや浮力のある円錐ウキを使いますがガン玉はやや軽い目を使って浮かせます。
ナマリは針から2,30センチ上に打ちます。鈎は5号から8号がおすすめ。

磯の生えているアオサを食べているグレの群れ(動画)

ビギナーさんのグレフカセ釣りステップup 北西の向かい風+横流れの潮

冬場はよくある風景の風と喧嘩の釣りですね!

風は正面からではなく、やや斜めから風速6m前後の強さです。

潮は左に流れています。

この写真は日置の横島。

さぁ、どうやって釣りますか??

仕掛けは?ウキは?

 

 

この場合は軽い仕掛けはまず考えません。

向かい風なので、仕掛けが馴染むように作ります。

エサを取る、取らない、ウキ下はあとからの調整で十分。

右のサラシに道糸を置く、竿先は風上へ。

サラシの先にマキエを打つと、ピンクの☆周辺へ流れる

左側の黄色の→は跳ね返る払い出しがあるので、潮は左へ流れるが、

仕掛けをピンクの☆へ運べる

シモリから出てきたグレが☆で釣れる

 

竿:この場合は、仕掛けの操作が重要なので、長いにこしたことはありません。5.3Mでいきましょう。

道糸:向かい風なので、少しでも風の影響を受けないように細い道糸を使いましょう。竿が1.2号クラスなら1.5号道糸で十分、心配なら1.75号でもok。でも1.5号と1.75号の操作のし易さは全然違いますよ!

ウキ:ウキというより、この風でも仕掛けが馴染むようにしないといけないので、0号で仕掛け入りますか?

僕は無理です。G2でも無理です。僕なら3Bを使います。

ウキは固定です。2ヒロまでなら固定で十分。爪楊枝をウキにさすだけです。

 

※中通しのウキよりもカン付きウキの方が風の影響を受けにくいので、

どうしてもウキを小さくしたい、軽くしたい時などは、カン付きウキを用意しておきましょう。

カン付きウキは、水中に入ったカンの中を道糸が通るので、馴染み方が全然違います!

 

オモリ:3Bのウキでも残浮力がありますので、これを殺しましょう。

ウキの天辺がちょうど水面くらいになるようにします。

直結した上側(道糸側)に3B、ハリスの真ん中にG3くらいを打って、馴染むかどうかをみてみましょう。

沈みすぎるようなら,G4に変更です。

ガンダマの位置は常に同じではダメですね。状況によって変えていきます。

極端に言うと、針の真上に3Bのガンダマを打つと、仕掛けの馴染みは一番はやいですね。

仕掛け、水中でみると仕掛けは縦になっていると思います。

秋にボラやダツが湧いている時は、このような早く仕掛けを立てる方法がよい時もあります。

この逆でウキの下に3Bだけを打った場合は、仕掛けの馴染みが一番遅くなります。

ハリス2ヒロ分が馴染むまでの間にグレがエサを飲み込んで、そのまま突っ走ることなんてマズないです。

反転してエサを喰うので、オキアミの頭だけ取られるなんてことになります。

このハリスの部分をどうやって吹かせるかです。フカセ釣りはこの吹かせからきていると言われます。

ウキ下2ヒロで1ヒロの所にガンダマなら、水面から1ヒロから2ヒロの間を吹かせることになります。

この間にマキエと同調させる、ハリスが張れている状態なら、グレが針とハリスの重みでマキエと一緒に落ちてきたエサをパクっと食べてしまうというのが理屈です。

オキアミの頭だけ取ってくるなら、吹かせてる間にエサをとっていると思うので、

吹かす分を減らすために、さらにガンダマを針に近づけていきます。

ガンダマから先に沈んで行くので、横から見るとV字に沈んで、ガンダマから針までが吹かせている状態になります。

この時にガンダマからウキまでが、糸がピンと張れていれば、グレがエサを食べた時にウキに反応が出ます。

針にガンダマを近づけるほど馴染みが早くなります。

これが基本的な吹かせの理屈です。

実戦では、寒グレでは1ヒロ半くらいで釣れるのは、水温が上がったときや、風波があるときくらいです。

オキアミ1粒そのまま海に放りこんだら、1m沈むのにだいたい15秒ですので、2ヒロ分なら45秒

オキアミを小さく砕いていると、もっと早く沈みます。

ガンダマを打っていないハリス2ヒロが馴染むまでに、だいたい1分から1分半です。

そのまま同時にマキエも仕掛けを入れると、マキエの方が先に沈んでいきます!

砕いたオキアミと配合剤ならもっと早く沈みますので、ハリスの真ん中にガンダマを打ったり、

段打ちにしたりして、なるべくマキエの帯に入るようにハリスも工夫していかなといけません。

マキエもオキアミ1枚の半分だけ砕いたり、アミエビを追加したりすると、するとマキエの帯が広がるので

非常に有効です。特にアミエビは沈下速度がゆっくりなので同調しやすいです。

集魚力もあり、粘りが出て遠投も出来るので是非混ぜていきましょう。

 

北西10mの日置沖磯の平八『過去映像』

ちょうど4年前の2012 1/31です。

びしゃびしゃになったけど、よく釣れました!

こんな時は普通、浅い棚ですが、この時は2ヒロ入れないと食いませんでした。

2人で25枚くらいグレあったと思います。

ただ、釣りが終わった後の、疲労感はハンパではありません・・・。

グレ(メジナ) フカセ釣りの基本説明

フカセは「浮かせ」から来ているといわれる釣方で、シモリ等に隠れているグレ(メジナ)をマキエサを打って

誘って浮かせる釣り方です。

イシダイ、コロダイ等の根魚と違い、必然的にタナ(水深の幅)の幅が広くなり、そのぶん高度な技術が必要となります。

これがフカセ釣りの奥深さなのです。

マキエサと同調(海中で拡散したマキエサの中にサシエサが含まれている)させることがとても重要なので、

潮の流れや風向き等を考慮しながら変化対応させることが肝要。