「【釣り方】 フカセ釣りのいろは」カテゴリーアーカイブ

ボイル沖アミを釣り針に刺す 【海釣りつけえさテクニック入門編】

オキアミは尻尾から鈎に刺すのが一般的。

シッポは外すのがスタンダードですが、そのままでもOK。

回収したサシ餌は必ずチェックしましょう 【フカセ釣り初級編】

さしえさ(ツケエサ)は毎回必ずチェックして、魚の反応をチェックしましょう。

目だけ、頭だけ、皮だけ、食べられたという場合もあります。

今回のようにあたりがなくそのまま戻ってくれば、棚(水深)や投げる場所、

ボイルオキアミより食い込みのいい生オキアミに変える等々の方法を変えて、探ってみましょう。

ボイル沖アミを針に刺す 【海釣り基礎技術編】

オキアミのしっぽを外すのは、海中でくるくると回ってしまうのを回避するため。

フカセ釣りに便利なレバーブレーキ付きリール 【海釣り道具基礎智識編】

フカセ釣りによく使うレバーブレーキ付きリールの利点と使い方説明。

シャク立ての取り扱い説明【海釣りビギナータックル編】

この勺立ては使い勝手がよくとても便利。

これがあると、シャクにマキエサがこびりつかず遠投しやすい、というメリットがあります。

糸アオサ、平アオサ共に100円で販売中! 【寒グレ釣り】

カゴに入った糸アオサを食べる口太グレ(メジナ)。

アオサ釣りは波があるとき、夕マズメがおすすめ!

小雨が降る中で寝ウキを使ってグレ釣り

  寝ウキを使ってグレを狙っています。

 

アオサは寒グレの日常食!

糸アオサを針に巻きつけ方説明(動画) 【寒グレ入門】

アオサを使った寒グレ釣りの基本説明(動画)

アオサは水温が下がってくる冬場の磯際に生え、基本的に満潮時には浸かり、干潮時には海上に姿を現します。特に大潮の満潮時の夕まずめは狙い目。
基本的にアオサは浮かせて釣るので棚は1ヒロか1ヒロ半。磯際なので磯で切れる場合も少なくないのでハリスはフロロカーボンの2号以上がおすすめ。3号以上のハリスを使う釣人も。

アオサを使ったフカセ釣り 仕掛説明(動画)  【青海苔をエサに寒グレ釣り】

やや浮力のある円錐ウキを使いますがガン玉はやや軽い目を使って浮かせます。
ナマリは針から2,30センチ上に打ちます。鈎は5号から8号がおすすめ。

磯の生えているアオサを食べているグレの群れ(動画)

グレ釣りビギナーさん 直結方法とウキ止め糸の結び方をおさらいしましょう~

道糸とハリスを直結する方法です。

電車結びでもいいのですが、少しSTEP UPしていきましょう~

 

ウキ止めの結び方にも色々あります。