「■ 沖磯・遊漁船の【状況・釣果など】」カテゴリーアーカイブ

濁り+水潮の日の日置川の川磯(年に数回の最高条件!)

普通の方がこの濁りを見ると、こんな色で釣れるのはチヌくらいかと

思いますが、

日置の川磯に通う方は、こんな濁りと水潮の日に行きたくてたまりません。

大雨が降って、上流の殿山ダムが放水し、真水が大量に混ざる条件の日に、

この川磯でグレが爆釣します。

ダム放水中は、川の流れが非常に速く、コロコロと流れの向きが変わったり

大木が流れてきたりと、やりにくさしかありませんが、

同じ磯に10回、20回と通っていくうちに地形や流れの向き、

真水、汽水、海水、二枚潮、三枚潮などの川磯特有の釣り方が分かってきます!

この日は、11時までにグレ32~38cmが16枚でした。

ここへは日置の三倉渡船さんで渡ります。

数日前の予約が必要です。

濁りが予想される日は、予約が混雑しますので、早めに予約をいれましょう。

 

【見老津遊漁船】台風明けもシマアジ(オオカミ)好調【第三浜丸】

http://minnaga.com/hamamaru/

~58cmの大型シマアジが釣れています!

凄腕若船頭が釣らせてくれます!!

谷口和寿 船頭  090-2199-4214

レンタルタックルもございますので是非お気軽にお問合せくださいませ!

スタッフボリ兄は船頭とは高校時代の友人なので来週シマアジ釣りに行ってきます~~

久々の船釣り~~何とか船頭からのノルマ達成しないと~~w