「ビギナー向け ▲イシダイ釣り▲」カテゴリーアーカイブ

3種類のやどかり(白、赤、鬼)のご紹介 【石鯛釣り餌】

やどかりには「白(シロ)」「赤(アカ、姫とも)」「鬼(オニ)」があります。

シロが一番身が柔らかくエサ取りに弱い(食いつきは変わらないという人も)。

アカ(ヒメ)は身が固くイシダイ釣り師が好みます。

抜群の食いで断トツの人気を誇る鬼やどかりは希少価値があり滅多に入荷しません。

ヤドカリはエビ網にかかった時くらいしか入荷ありませんが、冷凍がございますのでご利用ください。

 

石鯛釣り キャスティングから竿の設置まで

底物釣りのいろは。

初心者向けに説明しています。

ウニをエサに波止から遠投します。

朝の9時までなら、イシダイ釣りはウニ20個でいける!

朝5時 1投目

からでだいたい9時前までに

20個がなくなります。

イシダイがいれば、3投目までに竿が

舞い込む可能性高いです。

小さいイシガキダイが居れば、8時前にエサはなくなります・・・・。

 

じっくりと

ウニを50個持っていき、エサを効かせて、

回遊のイシダイを狙う方法もありますが、

暑い時期に体力的に難しいでしょう。

みなべのように水没磯で足を海につけながら、パラソルでしのぐ方法もあります!

 

新子のアオリイカを飼育チャレンジしています

4日前に波止際で泳いでいるコインサイズのアオリイカを4杯、

アミですくって水槽へ入れていますが現在2匹に。

50センチ級の石鯛と40センチオーバーのイガミの釣果

エサはウニ。

7月8日(土)みなべ町岩代堤防で。

イシダイ釣りの瀬ズレワイヤー

イシダイ釣りは海底に仕掛けを這わせる釣りなので、ナイロン道糸だと、擦れて切れてしまうため、ワイヤーを使用した天秤仕掛けが基本です。

 

イシダイ釣りの仕掛けはワイヤーを使用する

海底が荒い磯で使用するので、ハリスや仕掛けにワイヤーを使用します。
自分でワイヤー仕掛けを作る方法もあります。