「ビギナー向け ▲イシダイ釣り▲」カテゴリーアーカイブ

春のイシダイ ベストシーズン

現在、SP赤貝が入荷不安定となっており、入荷未定となっています。

サルボウは中粒があります。

ナガレコ、サザエもありますがご予約の方が優先です。

今週はのっこみイシダイ釣りのピークとなりますので、

餌のご予約はお早めにお願いします。

 

 

 

これが石鯛のアタリ これが三段引き

エサはサルボウ貝。

遠方からの撮影なので見難いのですが、イシダイの典型的な三段アタリがわかります。

ウニマムシで石鯛、石垣鯛に反応テスト

ウニの中にマムシを詰めて「ウニマムシ」を水槽へ入れて、イシダイ、イシガキダイがどうのように

反応するかを実験しました。

やはり強い反応を示します。

 

南紀地方のアオリイカ、キス(シロギス)、石鯛これからの釣果

底物釣りは3月27日は過去のデータでは新月まわりの大潮なので石鯛釣りに適しています。

この前後1週間は狙い目です。

4月6日は月夜となり、満月の前後1週間は夜間に潮が動き前後2週間は絶好のアオリイカ釣り期間となります。

例年だと4月9日には水温がみなべ町周辺で18℃なり春の潮となり、キス(シロギス)とアオリイカが

アタリが上向きます。

更に1週間後に水温が1度上がりアオリイカ釣りの最盛期となり、他に小アジの回遊が始まりキス釣りも

本番に入ります。

イシダイ釣りのエサのウニも一気に動きはじめる時期に入ります。

毎年4月に入るとアオリイカは、白浜町よりみなべ町周辺が連れ出すようになります。

4月15日頃には田辺磯間の黒田渡船さんで大型アオリイカが釣れ始めるころとなります。

以上はおくまで前年までのデータであり、ご参考までに。

イシダイは昆虫が大好物 ユーチューブ再生回数100万回突破!

石鯛がカナブン、コオロギ、カメムシ、カマキリ、ゴキブリ、バッタを捕食する

シーンを集めました。 

イシダイに限らず魚は昆虫類をよく食べます。  

淡泊質を欲しているのでしょうか? 

赤貝のご紹介 【石鯛釣りエサ基礎知識編】

サルボウ貝と違い殻が薄く、素手で割ることができるほど。

殻が薄い分だけ実質的にお得。

大粒赤貝の大きさは約5から6センチ 【石鯛釣りのエサ】

16日(木)本日もスーパー赤貝入荷しました。

週末のご予約は早い目に。

大粒赤貝1個平均25~40グラム イシダイ釣りのえさ 

かなり大きな赤貝。

これなら手間も少なく楽に針に刺すことができます。

しかも殻が薄いので、実質的にとてもお得! 1キロ890円。

赤貝とサルボウ貝は違うの? 【イシダイ釣りのエサ】

赤貝はお寿司のネタによく使われて一般の人にも馴染みがありますが、サルボウ貝(南紀ではサルボ)

より筋状のラインの数も多く大きくなりやすいのが特徴。

春の石鯛釣りの定番えさのサルボウ貝も、泥を吐かせればもちろん食べれ、缶詰によく使われています。

アカガイは殻が薄く割れやすいのも特徴。

両方とも泥地に生息して、多量の泥を含んでいます。

水槽に入れると泥を吐き出して一気に水質が濁るため、他のものと隔離して保管しています。