「● 釣り道具について(メンテ・説明)」カテゴリーアーカイブ

人気エギのパタパタについての雑談・・・・

このシリーズが世に出てからはパタパタ君シリーズで釣果があがった方も多いと聞きます。

そもそも、エギと言うのはエビに似せた漁具のことで、昔から大まかな形自体は殆ど変わっておらず、各パーツが進化し現在のエギになっています。

その中でも最近のエギはどちらかと言うと魚よりの動きやカラーが多くなっておりますが、パタパタシリーズはエビに特化したラインナップと言ってもいいですね。

そして、南紀では水温が下がり始める11~12月頃になるとアオリイカの大きさも800g~1.5kgサイズと大きくなり、2キロオーバーも出始めます。

そろそろ早い固体は産卵を意識し始めることもあるようです。

そして12月後半には南紀地方でレッドモンスターと呼ばれるアオリイカの超大型2~5キロサイズが黒潮の当たる周参見~串本で釣れるようになります。

圧巻の大きさですね!

そんなアオリイカを狙いに南紀へ遠征に来る釣人も多くなってきますね。

『デカイカは春』から『デカイカは初冬~春』に変わりつつあります。

………

さて、少し話がそれてしまいましたが、パタパタの特徴としては下部に足のような物がついております。

ナイトエギングではこの足がもたらすフォール中の微波動がイカを刺激し抱いてくれると言われています。

そして、デカイカはボトム付近でネチネチと狙うと確率が高くなります。

これから南紀は段々と冬が深まるにつれて水温も20度前後~17℃前後まで下がってしまいます。

低水温時はアオリイカも水温の変化の少ない深場~ボトム付近でじっとしている事が多くなってきますので小さなアクションでも大きくアピールするぱたぱたシリーズ是非一度お試しください!

 

 

 

安価なエギについての雑談・・・・

釣太郎では良く安いエギをメインとして取り扱っております。

理由としては、来店される多くの方が釣りが初めてという初心者の方が多いので初めは安いエギで基本をしっかりマスターしてもらう為もかねています。

なぜ安いエギ?

それは先ず日中の明るい時間帯に釣りをされる方が多いので、日中イカはボトム(底)付近に多くいる事が多いのです。

その底付近にエギをしっかり沈めてからアクションを付けるのですが、底に着いたかどうかは初心者の方はわかりずらいんです。

底に長く放置していると波や潮流で根掛かりしてしまうのですがそういったときに安いエギなら財布にやさしく、高価なエギだとお財布に痛いですね。

基本は先ず安いエギで練習し、基本をマスターすれば高価なエギも購入すれば根掛かりすることも少なくなります。

そしてエギには沢山のカラーがあり、どの色がいいかは時間帯、天気、釣場、潮色などでイカの反応が全く違ってきますので沢山のカラーバリエーションがあればどんな釣場に行っても安心ですね。

たとえば5000円の予算があるとします。

初めてのエギング。

エギを購入しよう!

メーカーのエギは1000円から1500円。

1000円のエギ5つ購入して5000円。

しかし安い250円のエギを10個買っても2500円。

高いエギは5個で5カラー。

安いエギなら5個は5カラー、エギの大きさも2種類で10個。

半分の予算で倍のバリエーション。

コレならエギの数にも余裕ができるので釣りに行った釣場でのイカのサイズにあわせてエギの大きさや、カラーを変える事が出来る。

根掛かりして補充するにも予算が余っているので買い足しがすぐに出来る。

基本をマスターしていれば安いエギでも十分に釣果が得られる。

プロのエギンガーがもし安いエギなら釣れない?

そんな事はありません。

エギの動きを把握して、ポイント、潮、活性などでイカに抱かせる技術を持っているので釣るでしょう。

ただ、高いエギは製品の完成精度や動きのばらつきが少ないので操作しやすいということです。

エギングはじめるならとりあえず安いエギでやってみましょう!

安いエギをここまで中心に販売展開している店も珍しく、ラインナップも多いですよ~

ただ、その代わりメーカーの高いエギのラインナップは半分以下となっていますので御了承くださいませ~~

ここら辺で雑談は終了~~

エアーポンプについての雑談・・

釣った魚を生かしておく、釣る為のエサを生かしておく為に使うエアーポンプ。

現在販売されている釣り用のポンプの殆どは単1乾電池を動力にしている物が多く販売されています。

その中にも高価なものから安価な物まで様々なラインナップと共に、メーカーも沢山ございます。

沢山の中からどれを選べばいいんだろうという疑問が出てくるはずです。

先ず、一番手前の高価なエアーポンプ。

1台で5000円を超えます。

5000円と1000円のでは5倍いい働きをするの?

と言われれば5倍とはいきませんが1000円のポンプより音が静か、電池の寿命が長い、ポンプ自体の寿命も長い、付属品等が高価などいい点はたくさんあります。

しかし中に組み込まれているモーターの寿命があるので半永久に使えるわけではありません。

安いポンプを2個買って壊れたら買い換えても5000円のポンプ1個買うより安く済みますし、ポンプの選び方はお客様次第です。

予算に合わせて、どれだけ魚を生かすのかを考えながら選ぶといいでしょう。

そして見難くなりますが、一番奥には単一電池1個で動くエアーポンプがありますが、シラサエビなどの超小型活かし専用となっております。

活きアジや釣った魚の生かしとしてはオススメしません。エアー噴出量が少なく、沢山の魚を生かすには役不足です。

雑談はここまで~~

 

投げ釣り入門 形状の異なるキス針の特徴説明

キス釣りの針には昔ながらのスタンダードな流線針、食い込みがいい早掛け(きつね針)、

競技用があります。 🦀

アタリがあるのになぜかヒットしない時は早掛け、競技用に替えれば釣れる可能性もあります。 ⚓

ただし競技用はのみこみやすい特徴があります。🚗 

それぞれ特徴があるのでTPOSに応じて、使い分けてください。 🎅🏻

 

歯が鋭い危険魚は魚ハサミがあると重宝します

刺毒魚や歯が鋭い魚は、大きめの魚はさみが使い勝手がいいんです。

魚は針を外そうとする時に暴れることがあるので、その時に手を切ったり刺されたりします。

手も汚さずにするもので魚はさみはあるととても便利。

いろんなタイプがある「魚ハサミ」

アジ等は小さなタイプ、太刀魚やカマスのように歯が鋭い魚、もしくはゴンズイのような刺毒魚は

ケガをしないように大きい挟みを使いましょう。 🐞

タイルを使う釣り人もいますが、あるととても便利なさかなはさみ。🏍

これが有れば安心できます。 🎼

 

アオリイカ、夜釣り遠投したのならこの電気うきがお勧め

ずんぐりタイプの電気ウキは、波乗りもよく少々アジが大きくて元気に泳いでいても安定して

浮いているので、波乗りも抜群。 🎯

あたりがあった時に分かりやすいのが特徴。 🏋

もちろんタチウオやコロダイ釣りにも適しています。 🐋

タチウオ釣りのテンヤにドジョウを仕掛ける方法説明

 どじょうは光るのと独特に臭い、それに尾ひれが視覚で太刀魚を誘います。
キビナゴに比べると堅いの身崩れし難く、何匹でも立て続けに釣ることができます。

 

https://youtu.be/4HvLNU4vqDE

ヤエン専用スピニングリール  アオリイカタックルのご紹介

リアドラグが付いたヤエン釣り用のリール。

クラッチを使えばワンタッチでラインが出るようになるので楽チン。

リアドラグは右に回せばラインが絞まり、左に回せば出て行くことなります。