「● 釣り道具について(メンテ・説明)」カテゴリーアーカイブ

活アジを潜らせるオモリ 【アオリイカ釣りタックル紹介】

活けアジは弱ってくると潜る力が無くなり、海面しか泳ぎません。

またアオリイカが深場にいるときも同様に潜りませんが、そんなときはオモリを打って沈めましょう。

これはヤエン、ウキ釣り共に同じ。

アオリイカおよがせ浮き釣り仕掛けのご案内

アオリイカ・ウキ釣り仕掛けのご紹介。

ヤエン釣りはちょっとだけコツが要りますが、ウキ釣りなら初めての人でも

アオリイカが問題ありません。夕方から朝マズメが好機です。

アオリイカと活アジが泳ぐ棚(水深)を合わせることが浮き釣りのポイント。

アオリイカは日が昇ると深く、日が沈むと浅瀬に浮いてくることが多いのです。

【海上釣り堀】棚とりオモリ仕掛けの取り扱い説明

海上釣り堀でヒラメやクエ等の根魚を狙うときは、まずタナ(水深の深さ)を

調べなければならないので、この棚とりタックルがあればとてもスムーズ。

第一精工とガマカツのタナとりオモリの使い方紹介。

釣り竿の伸ばし方説明  【海釣りビギナー入門編】

釣り竿を伸ばすときは、まずリールのベールを空けてラインを出るようにして、

竿先からガイドを合わせて伸ばしていきましょう。

フカセ釣りに便利なレバーブレーキ付きリール 【海釣り道具基礎智識編】

フカセ釣りによく使うレバーブレーキ付きリールの利点と使い方説明。

シャク立ての取り扱い説明【海釣りビギナータックル編】

この勺立ては使い勝手がよくとても便利。

これがあると、シャクにマキエサがこびりつかず遠投しやすい、というメリットがあります。

【初心者】磯釣りをはじめてみよう! 装備の紹介

船からの転落事故では着用者 生存率:90%(270名中243名)、非着用者 生存率:47%(290名中137名)と海上保安庁が報告しております。
磯は船と違い足場が悪く危険も多いのでこのような装備が必要になってくるのです。
安全に楽しむ為には安全対策が必要です。

ライフジャケットを必ず着用し、安全に磯釣りを楽しめるように準備しておきたい装備の紹介です。

釣行後のリール メンテナンス

釣行後は塩が固まる前に水洗いしましょう。

洗ったあとは陰干しをし、稼動部などにリールスプレーを噴いておきましょう。

メンテナンスをこまめにすることで釣行時に快適に釣りが楽しめますよ。

竿の穂先修理はセルフでもできます

寒い時の釣り人の心強いサポーター 携帯カセットコンロの取り扱い説明

簡易型持ち運び用カセットミニコンロの取り扱い方紹介。

冬場にこの携帯型ガスバーナーを重宝する釣り人も多いんです。

寒い時身体の芯まで温められて生き返った、という経験を一度すると病み付きになります。

室内で飲むコーヒーやうどんと、海で食べるそれらはまるで別物のように格段の美味しいさを感じるはず。

一流レストランにも決して引けを取らないほどの美味しさが、誰でも簡単にしかも

安く味わえうことができます。

特にアタリがない時、ほっこりと包んでくれるほどの幸福感で救われた人は多いのでは?

年々増加する簡易型カセットコンロ、高価なものではないので是非一度お試しください。

魚との駆け引き以外にも楽しみを与えてくれる逸品になるかもしれません。