「● 釣り道具について(メンテ・説明)」カテゴリーアーカイブ

最もスタンダードなスピニングリールの取り扱い説明 (魚釣りビギナー入門)

取り扱いアオリイカ釣り用品一覧のご紹介

ヤエンから活けアジ用バケツ、エアーポンプ、金魚タモアミ、専用針、アジを潜らせるオモリ、

あと押しナマリ、ギャフ、うき釣り泳がせ仕掛け、エギスナップ等々ラインアップしています。

こちらかどうぞhttp://www.tsuttarou.com/archives/255906

リールに砂が入った時の対処方法 【海釣りタックル・メンテナンス】

砂浜から竿を出す時、誤ってリールに砂が噛んでしまうことがありますが、ヘッドの部分を外して水洗いして

水滴をふき取れば問題ありません。

リールを回した時に音が全く変わっているのがわかります。

【初心者・釣り】竿・リールはどちらの手で持つほうが良い?

魚を釣るにあたり、魚のアタリがあったら【掛け合わす】という動作が必要になります。

その動作は重たい竿を動かすので利き手のほうが腕力もあり、瞬間的な動作もやりやすくなります。

魚の引きは思ったより強いので逆の手だと先手を取られて魚に軍配が上がってしまう可能性が高くなります。

リールを回すというのは釣りにおいて補助的になりますので利き手と違うほうで慣れればいいだけなのです。

途中から逆にするのは慣れるまでに時間が掛かりますが、始めから利き手で竿、逆手でリールでなれておけばいろんな釣りに役に立てるでしょう。

ということで、釣太郎がオススメするリール・竿はどちらの手で扱えばいいの?のご案内でした!

 

釣り竿って何キログラムまで耐えれるの?

もちろん竿の太さや品質、価格によっても大きく異なってきます。

太さ2号、540㎝、カーボン40%のノーブランドの磯竿を海水を入れたバケツで実験しました。

先ずは1kg。これはグレ40センチほどの大きさ。

かなり曲がりますが何とか持ち上がりました。

次は1.5kg。まだぎりぎり持ち上がりました。

もう限界かも。

2kgに挑戦。

これはグレ、チヌで約45センチの大きさ。

ですがが、ついに折れてしまいました。

アオリイカおよがせ浮き釣り仕掛けのご案内

アオリイカ・ウキ釣り仕掛けのご紹介。

ヤエン釣りはちょっとだけコツが要りますが、ウキ釣りなら初めての人でも

アオリイカが問題ありません。夕方から朝マズメが好機です。

アオリイカと活アジが泳ぐ棚(水深)を合わせることが浮き釣りのポイント。

アオリイカは日が昇ると深く、日が沈むと浅瀬に浮いてくることが多いのです。

【海上釣り堀】棚とりオモリ仕掛けの取り扱い説明

海上釣り堀でヒラメやクエ等の根魚を狙うときは、まずタナ(水深の深さ)を

調べなければならないので、この棚とりタックルがあればとてもスムーズ。

第一精工とガマカツのタナとりオモリの使い方紹介。

釣り竿の伸ばし方説明  【海釣りビギナー入門編】

釣り竿を伸ばすときは、まずリールのベールを空けてラインを出るようにして、

竿先からガイドを合わせて伸ばしていきましょう。

フカセ釣りに便利なレバーブレーキ付きリール 【海釣り道具基礎智識編】

フカセ釣りによく使うレバーブレーキ付きリールの利点と使い方説明。

シャク立ての取り扱い説明【海釣りビギナータックル編】

この勺立ては使い勝手がよくとても便利。

これがあると、シャクにマキエサがこびりつかず遠投しやすい、というメリットがあります。