「◆ 釣った魚を食べよう!(魚料理)」カテゴリーアーカイブ

【魚料理】石鯛を刺身にする【もとや魚店さん】

 

この時期の石鯛は産卵の為たっぷり脂蓄えていますので美味しいですよ~~!

イシガキダイを捌く『もとや魚店』

食べて美味しい時期になりました。

口が白くなっていない幼魚はたべても非常に美味しいのでいかがですか?

カツオには「大カ・中カ・小カ」と3つのサイズがあります

※カはカタカナです。

小カが手ごろな値段で

中カが最高級

大カが高級品

一番うまいのは、3~4キロ級

皮を引いた時に、皮と身の間にうっすらと脂が乗っているのが

モチガツオと言います。

 

シーズン的にはもう終わりです。

みなさんは今年、モチガツオ食べましたか??

 

メイチダイはこれからが、旬! 見老津の沖磯でたまに釣れます!

高級魚のメイチダイ

魚の形がフエフキ系に似てますが、

味は別格!

砂地が混じる岩礁に住んでます。

コロダイとかタマミと味を一緒にしないでね!

 

でかいウツボは美味い!

腕の太さくらいのウツボが釣れたら、

捌くのにチャレンジしてみてください。

オススメは蒲焼!

ウツボってこんなに美味いのかって感動します!

 

イサギや大アジは中骨を抜いて、刺身にすると見栄えがいいです。

血合骨を切り取る方法が一般的ですが、

少し手間をかけて、骨抜きで抜くと、

綺麗なお刺身が出来上がります。

イサギやアジではこの方法がよく使われます。

イシガキダイのシガテラ毒

wikiによると2.7キロ以上は可能性高いと書いています。

生物濃縮なので、小型のイシガキには問題はないと書かれていますが、

自分の場合、食べるのは35cmまでが多いですね!

 

これからが旬【イシダイのメスの捌き方】

イシダイには独特匂いがあります。

おススメは塩を体に塗って、ヌメリを獲ってから

ウロコを取ると匂いが気にならないです。

イシダイは40cmまでをサンバソウと呼びます。

これから7月までが産卵期のノッコミとなります。

オスのノッコミはほぼ終わりましたが、これから良型のメスが狙えます。

 

イワシ等の小魚は氷に海水を入れて、どんどん放り込みましょう

小魚はこうすれば全体に冷やされて、鮮度を保つことができます。

これを氷絞めといいます。

寄生虫「タイノエ」は名前の通り真鯛に多い

マダイについていることが多い寄生虫タイノエ。

タイノエ自体無毒ですが、取り除けば全く問題なく真鯛は食べれます。