「『初心者』動画で見よう!」カテゴリーアーカイブ

田辺文里(もり)湾でのアジ釣り

 この動画は昨年のものですが、今年も尺に近いアジが釣れ出したそうです。

釣人は名人K氏、オキアミだけでなく石ゴカイなども使います。

名人曰く「人と同じ事やっとっても釣れん」だそうです。

 

オススメ!ガシラウキ釣り仕掛け。

ガシラ(カサゴ)釣りは浮きを付けない、俗にいう「ズボ釣り」が一般的ですが、この釣り方だと足元にあるガシラしか釣れず、穴の中で生息しているガシラは釣られてしまうと、次のガシラが穴に入るまで「不在」状態になります。
そこで竿が届かない場所に遠投することにより、「在宅」のガシラがヒットするという可能性があります。

【初心者必見】誰でも簡単に楽しめる田辺市文里(もり)湾のチヌフカセ釣り!

防波堤でチヌ釣ってみたい!というお客さんが多く見受けられます。

チヌは皆さんが気軽に行ける防波堤や河口付近に多く、誰もが大型の40~50cmというサイズを手にする可能性が高いターゲットです!

特に田辺市~みなべ町近辺はチヌの魚影が非常に濃く、大型も多いのが特徴です。

基本さえマスターすれば誰でもチヌと出会えるチャンス大!

用意するのは、

  1. 竿:3.6~4.5m前後の竿(磯竿・防波堤竿・サビキ竿でもOK)
  2. リール:スピニングリール(レバーブレーキリールでもOK)
  3. 道糸:2号前後(トラブルが少ない)
  4. ハリス:1.5号~2号
  5. ウキ:B、2B、3B、5BがあればOK
  6. 針:伊勢尼5~7、チヌ針1~3
  7. ウキ止め・シモリ玉・サルカン・ガン玉でOK!

fukase

仕掛け例です。竿の号数や糸の太さは磯での目安となりますので気になさらないで下さい。

風の強さ、水深の深さでウキのオモリ負荷を変えてください。

浅い=B ~ 深い=5B

まずは釣り場の水深を測ります。

仕掛けをセットし、ウキのオモリ負荷以上のオモリを針上に打ってウキが海面下10cmで止まる程度にセッティングしてください。

これで準備は完了!

マキエサの準備です。

事前に釣太郎で混ぜておくとOK!

集魚材は、

IMGP0721

上記の集魚材(他にも種類はたくさんあります)1袋~2袋にオキアミ1.5キロ~3キロをお好みで加えます。

サシエサは、

IMGP0715IMGP0716IMGP0717IMGP0718IMGP0719

Lサイズを主体に使用してください。ボケはお好みで。(使ったことありません)

海中で目立つのが優先。

加工オキアミは沈下が早く深い棚を釣るチヌ釣には最適。

マキエサを一箇所に重点的に撒いてポイントを作るイメージで。

仕掛けを投入しアタリを待つのみ!

マキエを撒いた箇所にウキをとどまらせておいてください。

30分もすればマキエが効いてきてチヌが寄ってきます。

S__11993098S__11993102

 

良型のキビレチヌも食ってきます。

棚取りさえきちんとできて、マキエの打ったところに仕掛けを留まらせておく。

これさえできればあなたもチヌを手にするのはもうすぐそこです!

さ~防波堤へゴ~ゴ~!