「『初心者』動画で見よう!」カテゴリーアーカイブ

沖アミの針の刺し方【腹掛け】 海釣りビギナー基礎編

 これが最もスタンダード腹掛け。
先ずは尾羽(尻尾のヒレの部分)を外して、針の結び目の部分も沖アミに入れ込むことによって、ズレ難くなります。
釣針はサシエサに隠れるように刺しましょう。
沖アミの頭は取ったり外したり状況によって変化させるのがベスト。

 

ハリスが傷ついたら早い目に切って、対処しましょう【海釣り初級編】

 魚を釣った後、もしくは際で擦った時等はハリス(ライン)が傷つくことがあるのですが、切れやすくなるので一度切ってやり直すのが無難。
次にヒットした時に切れる可能性があります。

 

釣り竿の伸ばし方説明  【海釣りビギナー入門編】

釣り竿を伸ばすときは、まずリールのベールを空けてラインを出るようにして、

竿先からガイドを合わせて伸ばしていきましょう。

リールから道糸を出してガイドを通す【海釣り入門編】

リールのベールを空けるとラインが出るようになり、閉めるとラインは出ません。

トップカバー(竿先保護カバー)についている棒状の穴にラインを通せば簡単に

ガイドを通すことができます。

安物には付いていない場合もあります。

フカセ釣りに便利なレバーブレーキ付きリール 【海釣り道具基礎智識編】

フカセ釣りによく使うレバーブレーキ付きリールの利点と使い方説明。

サシエサバケット(BOX)の使い方紹介【チヌ(クロダイ)釣り入門】

このつけえさ入れを使っているかどうかで、その人の大体の釣行頻度がうかがえます。

キス(シロギス)投げ釣りの針で釣果アップ!

釣り場の状況に合わせて 鈎を使い分ける事も

釣果UPにつながります。

いろいろ考えて 工夫するのも楽しいものです。

 

キス釣りのポイント選び

和歌山の釣太郎です。http://www.tsuttarou.co.jp/
キス釣りのポイントとなる場所を航空写真を使って説明です!

南紀地方の海釣り情報(エサ、仕掛、釣果、天気海況、釣り場案内、魚の調理、捕食シーン等)を発信しています。

シャク立ての取り扱い説明【海釣りビギナータックル編】

この勺立ては使い勝手がよくとても便利。

これがあると、シャクにマキエサがこびりつかず遠投しやすい、というメリットがあります。