「『初心者』動画で見よう!」カテゴリーアーカイブ

ケン付き針ってどういうこと? 【海釣り道具基礎知識編】

ケンとは針の背中部分に棘のように突起しているものをいい、一つの時はシングルケン、

ふたつはダブルケンといいます。

刺し餌がズレ難い、というのが目的。

 

ガシラ(カサゴ)のウキ釣り仕掛け説明

カサゴ(ガシラ)釣り=ナマリを付けないズボ釣り(落とし込み)が一般的ですが、

浮き釣りだと広範囲探ることができ、手元のカサゴ(ガシラ)が釣られて遠方にしかいない時

等にとても有効な方法です。

基本的な投げ方の説明 【波止カゴ釣り入門】

必ず投げるときは後ろに人が居ないかを確認して下さい。

リールを上向きにすれば楽に投げれます。

垂らし(この場合竿の先端からウキまで)は10センチ程度でOK。

キャスティングの基本説明 【波止から投げ釣り】

振りかぶったときは、必ず後方に人が居ないかを確認しましょう。

リールを上向きにして投げるのがコツ。

 

えさとりが多い時は身が絞まったボイル沖アミが有効

ボイル沖あみは背掛けでなく、そのまま針に刺すのが一般的。

生オキアミより身が堅いのでエサトリには強いボイル沖アミ。

但し食いは生の方がいい。

 

 

【危険魚】ゴンズイはトレードマークの口ひげでなく胸鰭と背鰭で刺す

刺されると、病院に行く人も入るほどの激痛がする事で有名なゴンズイ。

ほとんどの場合は、針を外そうとして暴れた時に刺されることが多いの要注意。

和歌山南部では波止や磯からよく釣れます。

魚が釣れない場合は棚(水深)を変えてみましょう【海釣りビギナー入門編】

タナ(水深)を変えてエサトリ対策をすることも重要。

「えさとり」とは?  【海釣り初心者用】

ウキの下に縦じまの模様の入った小魚の群れが見えます。

本命の魚もこの群れの中、もしくはこの下に潜っている場合が多いのですが、

この小魚にエサを取られ本命に魚がなかなか釣れない場合が多いのです。

この本命でない小魚を一般に、「エサトリ」といいます。

水温が高いと頻繁にこの現象が起こります。