「『初心者』動画で見よう!」カテゴリーアーカイブ

【海上釣り堀】棚とりオモリ仕掛けの取り扱い説明

海上釣り堀でヒラメやクエ等の根魚を狙うときは、まずタナ(水深の深さ)を

調べなければならないので、この棚とりタックルがあればとてもスムーズ。

第一精工とガマカツのタナとりオモリの使い方紹介。

あたりがないときは棚を調整して探る 【チヌ釣り基礎テクニック編】

目的の魚の居るタナ(水深)を探ることはとても重要です。

タナを変えるだけで急にアタリが出た、ということも珍しくありません。

 

沖アミをむき身にして針に刺す方法 【フカセ釣りビギナー入門】

食いが渋い時はオキアミの皮をむいて、食べ易くするのも一手。

ボイル沖アミを釣り針に刺す 【海釣りつけえさテクニック入門編】

オキアミは尻尾から鈎に刺すのが一般的。

シッポは外すのがスタンダードですが、そのままでもOK。

春は海釣り、うき釣りの季節です!

暖かくなって海辺に出るだけで気持ちがいいシーズンになりました。

そろそろ魚釣りに絶好の時期になりました、よ。

オキアミを頭から針に刺す 【海釣りビギナー技術編】

沖アミの針の刺し方はしっぽから、頭から、背掛け、腹掛け等いくつかの方法があります。

回収したサシ餌は必ずチェックしましょう 【フカセ釣り初級編】

さしえさ(ツケエサ)は毎回必ずチェックして、魚の反応をチェックしましょう。

目だけ、頭だけ、皮だけ、食べられたという場合もあります。

今回のようにあたりがなくそのまま戻ってくれば、棚(水深)や投げる場所、

ボイルオキアミより食い込みのいい生オキアミに変える等々の方法を変えて、探ってみましょう。

南紀地方で釣れる刺毒魚たち 釣っても素手で触らないで!

なかには病院に行く人がいるほど痛む魚もあるので、これらの魚をもし釣ったら

ハリスからカットして触れないようにしましょう。

ボイル沖アミを針に刺す 【海釣り基礎技術編】

オキアミのしっぽを外すのは、海中でくるくると回ってしまうのを回避するため。

ハリスが傷ついたら早い目に切って、対処しましょう【海釣り初級編】

魚を釣った後、もしくは際で擦った時等はハリス(ライン)が傷つくことがあるのですが、切れやすくなるので一度切ってやり直すのが無難。
次にヒットした時に切れる可能性があります。