「『初心者』動画で見よう!」カテゴリーアーカイブ

中水深でグレ40センチを狙う方法 【フカセ釣り入門】

水深が10M以上あるポイントで大型のグレを狙う場合は、磯際や掘り込みシモリ(沈み岩、突起している磯)を狙いましょう。
磯際より少し離れて、魚に警戒心を持たせないように。

 

アオサは寒グレの日常食!

グレ(メジナ)は沖アミ等は御馳走で、日ごろは海草をよく食べている、という説も。
アオサ100円で販売中!

糸アオサを針に巻きつけ方説明(動画) 【寒グレ入門】
https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=N9IYG2fkhUQ

アオサを使った寒グレ釣りの基本説明(動画)

アオサは水温が下がってくる冬場の磯際に生え、基本的に満潮時には浸かり、干潮時には海上に姿を現します。特に大潮の満潮時の夕まずめは狙い目。
基本的にアオサは浮かせて釣るので棚は1ヒロか1ヒロ半。磯際なので磯で切れる場合も少なくないのでハリスはフロロカーボンの2号以上がおすすめ。地元では3,4号を使う人も。

アオサを使ったフカセ釣り 仕掛説明(動画)  【青海苔をエサに寒グレ釣り】

やや浮力のある円錐ウキを使いますがガン玉はやや軽い目を使って浮かせます。
ナマリは針から2,30センチ上に打ちます。
道糸は2.5号から3号、ハリスは2.5号前後が標準。針は5から8号。

アオサ釣りをするなら満潮の夕マズメがお勧め(動画)【寒グレ釣り基礎知識編】

寒グレ釣り アオサ専用針のご紹介(動画)

磯の生えているアオサを食べているグレの群れ(動画)

寒グレ(メジナ)のお腹からアオサが出てくる連続シーン集

アオサで釣れた寒グレ(動画)

すべてアサオで釣った寒グレの釣果 https://www.youtube.com/watch?v=h5SiUcL2I2M

【注意】グレ釣り注意したい6項目

グレ釣りの際やってはいけない(やらない方がいい)10項目を挙げてみようと思います。

1、ピトン(ちゃらん棒)を磯にカンカンと打ち付ける。

理由としましては、釣りを始める前に打つ方が多いのですが、元々グレは磯などの海溝や足元に居ついています。磯の上で金属を磯に打ち付けると音、振動などで魚が驚いてしまうなどがあります。

特に大きい固体のグレなどは人の気配には敏感なので朝一は避ける方がいいでしょう。

2、隣の釣人の近くに仕掛けを入れる

最低限のマナーですね。自分がやられて嫌な事は基本しないで下さい。

隣の釣人との間隔は広めに取り、できるだけ干渉しないように心掛けましょう。

3、大声で騒がない

グループで楽しい釣りは勿論賛成です。

しかし、近隣の住民に迷惑にならない程度に、同じ釣場で釣りをしている人が居るのであれば騒がしくするのはやめておきましょう。

大きな物音や人の気配が魚に伝わり釣れなくなる事もあるかと思いますし、騒がしいのが嫌いな釣人もいるかと思います。

他の釣人に迷惑にならない程度で釣れた喜びを友人と共有してください。

 

4、余ったマキエを海に流さない

潮が流れないような湾奥や潮溜まりなどで大量に流してしまうと磯焼けの原因になります。

潮が速い場所などは海底に溜まる事が少ないので磯焼けはなり難いかと思いますが、渡船屋によっては磯で捨てずに持ち帰ってくださいという場所もあると聞いた事があります。

渡船屋さんのHPなどでお確かめくださいませ。

また横で釣りをしている人が居る時もしてはいけません。

これはポイントが潰れてしまったりしますので迷惑行為になります。

5、海に投げ込む、飛び込む(石、木)

当然ですが、釣りの最中に石や木など投げ込んで荒らすのはやめましょう。

泳ぐのも同類です。

6、ゴミは捨てない

当たり前ですが、ゴミは捨てないように。

釣り場にゴミがあれば拾い、来たときよりも綺麗な状態で帰りましょう!

遠投主体の方必見!簡単にできるサシエがずれにくい方法!

鈎を結ぶ際の端糸のちょっとした工夫でサシエがずれ難くなります。

よくエサがずれるときはこの方法をお試し下さい。

こういった小さな工夫の積み重ねが釣果アップとなることが多いので小技の一つにいかがでしょうか?

【初心者】初めてのサヨリ釣り【ウキ釣り】南紀シーズン12月末~3月

サヨリは簡単に釣れますが高級魚。

近くの回転寿司屋さんで2貫で480円と中トロより高いそうです。

この時期は脂ののったアジよりサヨリの方が寿司にするなら美味しい、とよき聞きます。

天ぷらやお吸い物にも最適。  まさに万能向きの魚。

寄生虫が付いていることでも有名ですが、これは無害なので取り除いてください。

さて、サヨリはどういった所で釣れるのかといいますと砂浜、磯場、防波堤など群れさえ入ればどこでも釣れます。

南紀は現在白浜町富田の富田浜周辺で釣れております。

砂浜(富田浜は砂利浜)は釣り座も広く取れて釣りやすいです。

釣れるときは簡単に釣れるのですが、、なかには、サヨリの群れはいっぱいおるけど食わんわ~という方も。

おっちゃん釣り(ウキが入るまで放置、竿にくるまで放置)では、なかなか数は釣れません。

マキエサは、アミエビを入れて、比重の軽いものを選びましょう。

マルキュー サヨリパワーが一番。

アミエビ自体は軽比重なので、重い集魚材と混ぜるとすぐに沈みます。

サヨリを浮かせて釣るには、サヨリパワー!

釣りかたはノベ竿が一番。

5m~6mと長めの方が遠近狙え効率もいいです。

仕掛はシンプルが一番ですが、富田浜は北西が吹くと

横から吹くので、飛ばしウキ用にスーパーボールが要ります。

アタリウキはセル棒ウキで十分。

鉛は不要で、ウキを寝かせておきます。

仕掛が立つと食いが悪くなるので、常に斜めに持っていきます。

この時、群れが動いて来る方向にサシエをふかす(漂わす)のが一番のポイント。

偏光グラスをつけて、エサを咥えた瞬間合わせます。

この釣り方で、隣のおっちゃんが1匹釣る間に6匹釣れます。

ポイントがのべ竿で届かない範囲はリール付竿で狙います。

コンパクトロッドなどで十分です。

こちらはリール竿につけて投げることが出来る仕掛けで、波打ち際が波立っているときや、マキエサをしてもよってこない時には必要となります。

とにかく釣れる時は群れでマキエサに群がります。

この中にサシエサを投入してエサを咥えた瞬間掛け合わせると非常に効率よく釣れます。

磯場や防波堤の足元でこのような状態になったときはチャンスですよ!

スタッフの1時間での釣果です!100匹は軽く超えていました!

簡単に釣れますよ~!!

 

釣ったら食べる!

家でやってもいいですが、釣り場で下処理すれば帰ってから楽ですね!

天ぷら、刺身、塩焼き、どんな料理にしても美味しい高級魚サヨリ釣り始めてみましょう!!

アオサを食べるグレの群れ

潮が満ちてくると、磯に生えたアオサを捕食するグレ。

こんな光景が冬場は見れます。

アオサ釣法は、潮の引いた時に磯のアオサをスパイク等で削っておいて、

潮が満ちてくると、それをマキエサ代わりにして太いハリスで狙う釣り方です。

波のあるときの方がいいそうです。