「『初心者』ガシラ釣り」カテゴリーアーカイブ

カサゴ(ガシラ)釣り ポイント探しのコツ紹介

カサゴ(ガシラ)は貪欲ですが繊細な部分もあり、日中は凸凹や穴の中、影等に身を隠しています。

基本的に夜行性で、数釣りをするなら夜間がお勧めですが日中も釣れます。

刺し餌だけでいいので手軽に楽しめるのが特徴。

もちろん食べても美味。 

1,2時間、ちょっと空いた時間にカサゴ(ガシラ)釣りいかがですか? 

手間もいらず、しかも安上がり。 

夏休みはガシラ釣りに行こう!

ガシラのルアーで困った時に助けてくれるパワーイソメの紹介!!

これなら虫嫌いな方や小さな子供、初心者野方でも簡単にガシラが釣れます。

波止の際やテトラの間に落とし込めば、ほとんぼボーズはないのがガシラ釣りの特徴です

食べたイワガニを吐き出すカサゴ(ガシラ)

ヒライソガニ(南紀地方では通称スガニ、主にイガミ釣りのエサに使います)

の爪に挟まれた?

カサゴ(ガシラ)は生きているカニも捕食します。

ザリガニも食べるカサゴ(ガシラ)

カサゴ(ガシラ)の口からザリガニの爪が出ているのが見えます。

堤防から落とし込みでカサゴ(ガシラ)釣り

 

波止の際から根魚のガシラを狙っています。テトラとのすき間に落とし込みます。
テトラに乗らなくても波止からでもカサゴ(ガシラ)釣りはできますよ。テトラに乗る場合はくれぐれもご注意ください。万一の時は大事故につながる可能性があります。

カサゴ(ガシラ)の飼育 毎日えさを与えています

このカサゴ(ガシラ)は、もうかれこれ2年ほど飼っています。

 

白浜温泉帰りにカサゴ(ガシラ)釣りはいかが?

カサゴ(ガシラ)ならみなべ店前堤防で年間を通じて狙えます。

エサの品揃え、釣り方はこちらからhttp://www.tsuttarou.com/archives/255911

簡単な竿リールセットもご用意しております。

泳ぐフナムシを捕食するガシラ(カサゴ)

店内で徘徊している舟虫を捕まえて水槽へ入れると、即食いついてきます。

魚は動くものに反応する習性があるので、「誘い」はとても有効な手段となります。

キス(シロギス)の切り身を捕食するカサゴ(ガシラ)

魚の切り身はガシラの大好物。

キスの黄身理まで食べます。

落とし込みブラクリ仕掛けのご説明 【カサゴ(ガシラ)釣り入門】

波止際や消波ブロックの間などに潜んでいる、根魚のカサゴ(ガシラ)を狙うのに

最適なブラクリ仕掛けの取り扱い説明。