「『初心者』ちょい投げ釣り」カテゴリーアーカイブ

キス投げ釣り 基本的な釣り方・ポイント

基本的にはエサを付け、仕掛けを投げて竿を置く。(置き竿)
アタリが分かるようにリールをすこし巻いて
糸を張っておけば釣る事ができます。

17センチと7センチのキス(シロギス)が同時に2匹ヒットした時の竿先のアタリです。
みなべ店近辺ではキス(シロギス)釣りに適した堤防や砂浜が多数あります。

 

 

置き竿の釣り方でなかなか釣れない場合は近くにキスがいないか、エサに気付いていません。
コチラで仕掛けを動かして気付かせるか、キスのいるポイントに動かす・仕掛けを投げる事が必要です。

仕掛けを少し遠めに投げる → 竿を横にして引く → 引いた分リールを巻く

これを繰り返すとコツコツとキスのアタリがきます。

もしくは仕掛けを投げる → ゆっくりリールを巻いているとキスのアタリがきます。 

 

キスは砂浜や防波堤などで気軽に狙えますが
ただ投げているだけでは、なかなか沢山釣ることができません。

キスの釣り方を少しご紹介。

・砂浜編

キスはシーズンになると産卵を意識しはじめ群れで行動し、浅場まで回遊してきます。

砂浜では「遠くへ投げないと釣れない」というイメージではないでしょうか?

ほんの数メートルの波打ち際まで投げれば釣れる場合もあるんです。

波打ち際で釣れるなんて私も半信半疑でしたが本当に波打ち際のオモリが確認できるところでアタリが多くまとまって釣れました!

なので初めは少し投げて、遠目からゆっくりと引きずって来ながらアタリの多いポイントを探して、きちんと足元の波打ち際まで探ってあげることが大事になります。

しかし、波打ち際で釣れるときというのは条件がいいときが殆どで後は少し投げて沖の海底の起伏(かけあがりや、凹みの周辺)にキスが溜まっていることが多いのです。

アタリが少なければ、移動したり投げるポイントを変えてなるべくアタリの多いポイントを探します。

アタリがあった場所を効率よく攻める為にも色分けされた道糸で把握することで
どのポイントに投げているか分かりやすく、手返し良く攻めることが出来ます。

 

時期が進むにつれて波打ち際から離れて少し遠くなります。

エサが豊富な川の流れ込みがある砂浜や、起伏の多い砂浜、岩礁帯がある砂浜は年中居ついてる場合もあるのでそういった砂浜を見つけて釣る方がいいでしょう。

 

 

・漁港(防波堤)編

防波堤は波の影響を受けにくい場所になり、キスが好む海底の起伏も無いだろうと思われがちですが、
ここでは船が通る場所に出来る、みお筋(人工的な起伏)にキスがつきやすいのです。
船の通る場所を探っていけばいいのでポイントを絞りやすくなります。

外洋と違い、海の海況に左右され難いので一度キスが入るとまとまって釣れる傾向があります。

アジ釣りやウキ釣りのマキエが海底にこぼれるとキスもそのマキエに群がったり、小さな小魚やエサとなるものも多くあるので以外に良く釣れるスポットなのです。

これには条件があって、砂浜に隣接する漁港、漁港内が砂地の漁港、海底に岩礁帯などがある、干満で潮位の変動があるなどで、こういった条件が見込める釣り場ではキスは釣れます。

後は立ち位置から扇状に投げてキスの群れを探すのです。

漁港内にまとまった群れが入ってくるとちょい投げで大釣り(大漁)がやりやすいのも漁港ならでは!

田辺文里(もり)湾でのアジ釣り

 この動画は昨年のものですが、今年も尺に近いアジが釣れ出したそうです。

釣人は名人K氏、オキアミだけでなく石ゴカイなども使います。

名人曰く「人と同じ事やっとっても釣れん」だそうです。

 

堤防からのシロギス釣り ヒットした瞬間映像  【投げ釣り基礎入門編】

キス(シロギス)は群れでいることが多いので、アタリがあれば何度もそのポイントに狙って投げましょう。

但し頻繁に移動する習性があり、これが「キス(シロギス)は足で釣る」といわれる所以です。

みなべ店近辺ではキス狙いの手ごろな堤防や砂浜が多数あり、釣り場地図等もご用意しております。