「★ 10年早い息子のブログ」カテゴリーアーカイブ

日置の川グレ調査NO,2

10年早い息子です

6日に単独で日置に

 

きもちわるーー

 

前回の釣りで若干火をつけられちまいました。大雨予報でしたが突撃で

他に勇者が多数。湾内はほかに松、白、赤です

外海は時化、東風のため湾内、大島横島などはベタです。大崎までいくと大波でした。。

またまた棒杭で最後に渡礁

東よりの爆風は上流からのふきおろし。さむー

釣りのほうはなかなか手ごわくてですね

姿形がみえません、上から下まオヤピッチャ先生が占領しています。ずっと・・・

 

ち、ちくしょう!!気配も感じない・・・気配を0にコントロールすることもできやがる!!

これじゃみつかりっこないぜー

 

とベ○ータの台詞を思い出しながらまた外道ハンターでもしようと。

無理にねじ込み徹底して壁にひっつけるとまたイチノジサンノジ。状況がかわったのは14時頃。

巨スズミが連打しはじめピッチャがすこしおちついたところでもしかしてでシラコの↓を1ヒロ程度入れ込むと本命のかほりが。。

ちゃちゃっとつってようやく大雨。最後までやりましたが

37,8㎝くらいまでと厳しい釣果になりました。。少しマシな尾長ちゃんもつれたのでした。

まだまだ水温的にも他魚祭りになりますねー。厳しい日はとことん厳しいです

エサとりかわす?できるかーいw

次回はみなべに石鯛狙いです。。

ではでは

日置川磯調査 ひさびさのグレつり

10年早い息子です

 

石鯛釣りに夢中になっていたんですが。。。

今回はグレ釣りです。どーせたいした釣果は期待していませんから適当に遊んでまた底物しようと。

ちょっとした気分転換に。先週いきそびれたし。

エサはこんなかんじでてきとーに。

って今年の底物もその前のグレつり、ぼくはずっとこのパターンでまぐれでいい釣りできて、釣りものかえてる気が。。。

久々の日置は三倉渡船さん、船長も快く迎えてくれます(^^)/知った顔の常連さんもお声をかけていただけます。やっぱ殺伐としていないところはいいですネ(≧▽≦)

 

ボクは湾内です、日置にいったら基本湾内ときめているのです

いざ棒杭へ!!!!!

数日前うなちゃんがいったみたいで、厳しかったと聞いていましたからあの難敵エキスパートモードに挑みにいきまっせーーー。

船長からも「湾内たいして釣れてないデ」と厳しいお言葉(-_-;)

澄み澄みではないですが濁りもないです、朝は凪

マキエ一杯目をまくとシラコ、ピッチャがやまもり・・・

撒き続けると↓↓が

泣きがはいりまくり(;_;)(;_;)来た事後悔。。。エサ早い段階からはいっとりますな。

外道ハンターに変身です、どーせ潮汐的にあってもお昼からですし

ほんまに外道まみれ。↑数匹、サンノジたくさん、いちのじなんかいか。ヘダイ

 

昼前からちらちらグレもみえてきました

しかもある程度沖までエサ拾いにいってくれます

これはもらったと。。32㎝くらいの拾ってすぐ40オーバー捕獲完了(≧▽≦)

おるやんー

その後もぱらぱら追加。

いっとき尾長タイムがありましたが1,2号では勝負にならんwつーか1,5までしかもってきてねーしw

でかいシマアジの群れもあり40㎝くらいのも御用。でしたがタイエノエ咥えており、出してやろとした最中にタイエノエが出産してミニを大量にだしたのを見て全身鳥肌で大絶叫(´◉◞౪◟◉)タイノエじたいキモイのに。。

久々に大声だしてしまいましたよ。。。その際シマアジおとすしもってたラジオペンチもおとすし。。

尾長はすぐにきえたのでクチブト釣りに

タモ入れ間際でハリはずれの反動で道具が↑の木に絡むこと数回。

連続でなったときは流石にストレスたまって独り言ぶつぶつ。。

あわせてから途中でハリハズレも多数、スカもよくあった。やっぱここのグレはむかつくwwwけど釣りごたえありますからまた挑みたくなるのです。毎回おんなじようなバラシしてるようじゃ、成長ないなーと自分でも思います(汗)

 

↑は足裏子長も数匹いてますが平均的なサイズは小ぶりなものの、予想外に30~42くらいまでツ抜け!(^^)!( *´艸`)

久々のフカセ釣りを堪能したのでした

 

お昼から風もでてきて警戒心をといてくれ潮汐もかぶり、自然と釣れるタイミングをつくってくれてマッチしたような感じです、、久々やから川も歓迎してくれたんでしょーか。

 

ぼちぼち、みなさんもグレ釣りの準備はじめてみてはいかがでしょう??

 

ではノシ

みなべ釣行

10年早い息子です

父さんとみなべに。またまた三倉さんとこで川グレ遊びにいこうとしたんですが日曜日はめぼしいところは予約でうまっていたので土曜日にみなべにと。

父さんはイガミ釣りぼくは石鯛釣り

潮位が高いのでナダ大島に。結構波があり荷物が少し流され水汲みバケツが水没で回収不能><

奥の高場においていたのにたまにそこまで波がきました、、波の角度が悪ければ弱い磯です

一投目着底10秒以内に舞い込み

ごまちゃんでした。まるまる太って美味しそう

弁当船まで小型が弾くばっか

エサがはいってしまってますからね。。

イガミはあまりアタリがないようでしたが夕方バタバタ釣っていました

底物は弁当船直後とそのあとにアタリがあり

小型ですがなんとか確保

昼からは反応薄くからっぽに

やっぱりガッキーは脂でじゅるじゅるでした

狙いではないですが食味は最高♪

↑は石鯛。両方とも炙りで寿司にしたりどんぶりにしたり

どんぶりのタレは自家製?既製品をまぜるだけwで最近これにはまってます

めんつゆ少々

でどんぶり

卵黄とゴマときざみのりかければめちゃウマです。

 

きょうは友達のペンタくんがみなべで釣っています

一匹でかいの底きるまえに根につかれてでてこなかったそうです。

みなべは石鯛に限らずアオリイカも好調です!

 

ではノシ

みなべ釣行

10年早い息子です

 

店長、Mくん、うなちゃんとみなべに

台風後の川グレかみなべか前日まで決まらない中、結局三倉さんが休船でしたので石鯛釣りに

店長はイガミ Mくんうなちゃんはイカメインの五目釣り

出船時、しっかり混ぜた海の色と、浮遊物が台風後なのに皆無。どーゆーことかというと、上り潮が効いている証拠!!

僕と店長はナダ大島、M&うなコンビは大島に

大島との水道「イガミの巣」昼間の短時間だけ1091

イガミは凪のほうがいいっすね。あとお天道様がしっかりのぼってからがいいと思います。

一投目、死んだウニを船長サービスで数個頂いたのを2個がけで本命pにうちこみ。

数分後にサンドウィッチ喰いながら店長と談笑しているとアタリが。僕も魚もモーニング中です。

びよーんと舞い込み。サイズはたいしたことないんですがお銀ちゃんでした。。手前にきてからはやっぱ良くファイトしてくれます。

釣る自信MAXが空回りしないほど気配が濃い!!

すんません魚逆です。店長撮影ですww

大潮でまだ少し波があるので潮が引いてからは2本目の竿を。。ここはそんなに遠くないんですが根がかりが気がかりの地帯なので潮が効いてればよく掻きます。まぁねがかりがしないときは魚もつれませんけどね。

2本目の竿をだして束の間本命pの竿が急きょ入り

これでのんびりできるんですが今日は魚が匂います

一発、前アタリがのっそーーーーーってのがあり手持ちにかえ行くか!!!????とおもったらペロンっと弾かれノーシグナル。噛まずにつまんで少しひいていった感。デカイ奴特有のアタリでしたが一走りがなかったですね。

店長も「あんなにゆっくりいくんか」と驚いてました。

その後も入りかけるんですが弾くアタリなので若い子らがイタズラしにきてるようです。途中から2本目の竿によくアタリがでてきました

3匹目を捕獲してしばらくイガミ釣りながめたりパラソルのなかで休憩したりと12時前に2本目にだした竿が急に入り4匹目を御用

みんな帰るというので僕もかえることにしました。

たまにはこんなたくさん釣れる日もあっていいんじゃないでしょうか(笑)条件が整いすぎていました!!

もうしばらくこんないい釣りはできないでしょうネ( *´艸`;)

一緒にいったうなちゃんに魚をおすそわけ、店長には強奪され?いやいやいつもお世話になってますからね。

みんな暑いなかおつかれさまでした。

石鯛釣行みなべ~

10年早い息子です

 

朝晩涼しくなってき、釣りもしやすくなってまいりました♪

あいかわらず、みなべで石鯛を追いかけています

50本入りでコスパに優れた一品

自分の狙う魚は16号がいい感じにハマります。ウニも小粒メインですし

45~52,3のサイズが多いのでこの号数に落ち着いたってのもありますね

 

最近はSSのスリーブに折り返しのワイヤー先端を順巻き5~6をいれた↑の仕掛けばかりです。

べつにこれといったこだわりをもつ程、違いなんてわからないレベルなものでw

みなべの遠出の鼻!

簡単なようでポイントにいれようと思ったら結構難しいんですよ、ここハ。

空撮だけではわかりにくいので実釣の繰り返しでここと決めたところに狙いを定めてエサを置くようにしないとですね。。

そして広いくせにいいポイントは限りなく少ないです。

きちんと置かずポイントをかえて適当にするとこんなのがきます。

ちっちゃ。。。

次の釣行はナダ大島に

 

 

 

魔を秘めた雲

朝焼けを包み込み、澄んだ海にいる魚たちの警戒をさげてくれたらイイですね

って一投目

47㎝でした♪こぶりですが幸先よし( *´艸`)

朝のうちはウニを結構わりにきます

本命アタリが遠のいたところで

イガミ釣りwwすぐ飽きて収納

ど干潮時、一気に竿が舞い込みましたがそのまま巣にもってかれ、でてこず。。

昼の上げ潮でもっぱつ綺麗に舞い込みでしたが竿がお戻りになり

あかーん、と次のキャストで発射!!!!

舞い込まず伸びきり発射なので黄色いやつやなと。やり取り中も石鯛じゃないのはわかりますのであまりテンションがあがらず(-_-;)

渡船屋でこちこちに曲がって73㎝でしたから、もうちょいあったのでしょう

夜釣りモンハンに夢中のころはこいつ釣りたくて仕方なかったんですがね~。

みなべ・田辺はコロタマがおおいんですよ

次くらいにまたデカイ石鯛釣りたいですね~(≧▽≦)

みなべ底物釣行

10年早い息子です

暑さにめげずに縞々をがんばってねらっています 🙂 

産卵をほぼ終えていますが、みなべは春の貝の時期を除けば周年石鯛が釣れ、真夏でも条件が揃えば60オーバーも狙えるのです。

 

日付はわすれましたが7月半ば

凪いだのでトクイの目津方面に

友達のペンタくんが好調で、当日も近くの島で52㎝をやりました。ボクハ撃沈です。

その次の釣行です

目津方面にいきましたがのって30分で大波。すぐ鹿島本島に避難で少し遅れてわだま渡船さんのお客さんも埴田まわりの地方磯から全員撤収 😯 

12時にぼくは空いていたトオデに

写真奥の子の島は干潮時でも背丈を超える波ですね。潮位がひくくても子の島は波にめちゃくちゃ弱いです。

降りてすぐ本命アタリでますが発射までいかず

うちかえしてようやく発射 :mrgreen:  :mrgreen:  :mrgreen: 

47㎝の小ぶりでしたが最近貧果だったのでよしですね

夕方も怪しいアタリでしたがタイムあっぷ。

もう、おろしています

 

8月11日

前日南紀入りして店長らと飯くって飲んでして二日酔いでの釣りです

台風明けで一発ねらいに

朝は潮位が高いので鹿島本島に

竿先がゆれたナーと。。。。ビュィィイイイイイイイイイイイイイインと伸びてピトンがわっさわっさなり竿にかけよる途中でその伸びた竿が真横にグリーーーンと曲がり竿受けからはずして竿立てたと同時にラインブレイク

ずりずりw

タマミでしょうネ 😮 

石鯛でにしては強烈すぎるのでまぁ狙っている魚でもないので別に何も思わず釣り再開

潮は下り。多分上りにはかわりそうになしなので川口方面を諦め弁当船でトオデに。。

ただ、ここはポイントにいれるのが結構難しいのでたまにポイントに入れそこないます。

 

昼前にサンバソウ 🙂 

その後またあやしい反応がではじめ

干潮時に前アタリから本命良型のパターンがはいり、そのまま発射

この瞬間がたまらない!ウキが何回入るとこをみるよりもこの一回のためだけに道具をこさえて夢みるのですねw

 

55くらいやとおもっていましたが

磯のうえではかったときはセコイ測り方で59でしたが、、58でした 😆 

納得の1枚ですね

まだ、気配はありました。

 

この一枚のために頑張ってきたので疲れもふっとびますネ 😀 

唯一のお盆のお休みを有意義にすごしたのでした。

ニュースでは残念な出来事もたくさん目にします、皆さんも事故等ないようお過ごしください

 

ではでは

魚拓しりーず

10年早い息子です

先日釣れた良型石鯛の魚拓ができあがりました

魚拓屋さんには写真撮影やwebへの公開をきくと快諾してくれました

 

まずはヌメリをとっれくれます

口を開けてとるので詰物

こっちはおもらし防止!とっているうちに水分がでて失敗を防ぐためだそうです

ヒレも広げるためにハリでひっかけ引っ張って固定しています

背ビレ・尾ビレもおなじようにしてポーズをきめます

このあと、墨をぬりぬりして

型をとっていきます

だいたいこんなかんじになって

こうなります

多分30分~1時間もかかんないくらい

で、仕上げにはいるそうでここまでを持ち込み当日にしてくれ、あとはお預かりで完成したら連絡していただきます。

魚は即座にお持ち帰り可能で、よく聞かれるのが、魚拓とったあとの魚は食べれるのか?

全く問題ありません!!

 

で、先日できあがり連絡をいただき取りに行ってきました!

名前は別に隠すつもりはなくもうバレバレなんですが自分で晒すのは変気がするので画像編集していますww

出来上がりは非常に満足しております(≧▽≦)

では

田辺底物釣行

10年早い息子です

先日、田辺のマイポイントに釣行してきました

 

AM5:00

ポイントにいれた一投目

妙なハタき方ではいったのはサンバソウでした。。

その後ははたきにきるものの石鯛と思われる気配はありませんでした。。

ジャミがうるさい時期になってきました。今年は早い段階から自分もエサいれまくっているので少し遠目のポイントも視野にいれないといけません。。

れいんぼー

あつくなってくるとマリーナから白良浜にジェットで磯前をかっとばしていく人たちがおおく、かなり至近距離にくるのがすこし目につきます。

夕方までやりましたが惨敗でした。。毎回釣れないから釣れた時に嬉しいんですけどね^^

 

次の日、友達のペンタくんがみなべでやってくれました

60ジャスト!!キレイな魚体です(≧▽≦)初60㎝おめでとうございます。

他にも50㎝を仕留め魚拓とりに昼あがり。

今日のみなべはウノシマ、中の島など石鯛が良く釣れた日のようです。

 

では

 

 

 

2週連続田辺釣行

10年早い息子です<(_ _)>

土曜日、みなべに泊まり込んで釣りしている友達のペンタ君を誘い田辺に底物釣行でし。

ペンタくんはみなべで連続で石鯛を釣り上げている模様。田辺は未経験とのことでご一緒に(≧▽≦)

良い凪です

下り潮です、、ジャミやイガミの反応ばかりで撃沈でした

次の日ペンタくんはまたみなべで石鯛仕留めていました(-_-;)

 

翌週田辺に単騎突撃

黒潮接岸傾向、嵐でマゼたあと、潮上り 釣れる条件揃ってくれています。あ、もちろん魚がいること前提ですがw

この日は朝からバッコバコ竿が踊りまくり

一投目で鬼舞い込みですが竿がもどり

2投目での舞い込みきり根元から揉みまくり。全体重かけても底きれずタナ刺され獲りこめず。多分、赤いモノノケか黄色い悪魔でしょう・・(汗

そのあとは↓↓

コードブルー。。なんなよゲテ祭りかい??

すぐ次も舞い込んで石鯛45㎝くらい。。ですが抜きあげ時にハリはずれちまい海にかえりました

悪いことが連鎖でおこる日やから、あかんかなと思いつつ、次のキャスト

着底後すぐにはたきにきてそのままベッローーーンと刺さりあがってきたのは縞々ちゃん。

こんどは慎重に・・・

50ちょいでした♪

良い潮はそこまでで、しばらく下りに

裏のポイントでイシガキくさいアタリに手持ちでかけると

ミニのバソーちゃん

そのあとの反応は全てイガミちゃん。とりあえずイガミちゃんも2匹かけあわせであとは無視ww

夕方強烈上りでしたがタイムオーバー

@1時間延長できてエサが10個ほどあれば、一匹くらい追加できるかんじでした。

田辺、みなべ、ぼちぼちアツくなってきています!!

 

ではでは

みなべ/田辺連続撃沈からの良型ゲト( *´艸`)

10年早い息子です

5月は紀伊水道からの下りの影響をもろにうけ例年より水温上昇が遅れているのか、みなべは石鯛ポインツが藻の嵐でエサおけば藻にからみついているのが着底後すぐにわかるくらい。

珍しく磯を2回かわりましたが一回たりともエサ触られることなく終了♪

手も足もでずでしたw

この状況が続いているのでメンタの群れが接岸していない感じでした。釣れないいいわけを作るのはトクイですw

おつぎの田辺も撃沈

この日は日和風が強くて寒かったですね~。下りで湾内からの出潮がまいてきてドブみたいな色に(-_-;)

当日底物師全滅です。。珍しく午前中に上がりを決心しました。エサだけ入れ倒して。。

 

そんなこんなで6月10日

前日の黒潮図と地磯情報を確認。。店長に「明日はやりそうな気がします」でウニを段どってもらい、いざ出陣。

「今日は底物おおいで~」

いつもの大グソに

当日はいい上り。支流が磯に直接ぶちあたってきています。色も濃紺。この磯でこんないい潮が来たのは久しぶり。

下げにはいってモソーっと穂先を抑え込んでゆっくりもどしエサを抜いてきました。ガゼでこのアタリの出し方はやばいです。

次のキャストで同じもそーっと穂先を抑え込んでから鬼加速でそのままリールシートの上からぶっ刺さりましたよw

よくひきましたが無理やりひきずり倒してやりました。海面に顔をだしたのは良型の縞々^^

無事ランディングして計測。。

ありそうやん~

渡船屋さんで計測したらちょうど61㎝で久々4年ぶりの60↑ゲト(≧▽≦)かなーり嬉しいです。

その後も魚はあたってきますが石鯛はなく。。

昼に撤収です。夕方の上げ潮やればもしかしたらまだあったかもしれませんが、次回のお楽しみですね。

今回は潮がよかったです、、。

帰りに魚拓をとってもらいに魚拓屋さんへ。。今年は持ち込みがおおく、出来上がりは7月中旬とのこと。楽しみにまってまーす。

では次回も釣果だせるようがんばりまっす♪