「底物釣り・船釣り・カセ・筏釣り情報」カテゴリーアーカイブ

実戦!船釣り商品のご紹介(アンダーベイト)

近年流行の釣りアンダーベイト

落とし込みともチョクリ釣りともいいます!

 

釣りの理屈は簡単です。

船長が魚探でベイト(アジやイワシ)を探します。

船長からの指示棚(何メートルにベイトがいる)

そこまで仕掛けを落とす。

ベイトがこのサビキみたいな針に掛かる。

そのままベイトが掛かった仕掛けをさらに深い所まで落とす。

フィッシュイーターがそのベイトを食いにきて、サビキの仕掛けも一緒に食べて

掛かるという仕組みです。

 

何故このように人気があるのかというと、

何が掛かるかはお楽しみというところと

エサを使わないので、エサの匂いが嫌いな方や

エサ付けが苦手な人でも出来て、

コマセの釣りではないので、

潮下が有利なんていうものが少ないとう理由があげられます。

場所によっては、仕掛けの先端に

つけるオモリ(だいたい80号から100号)の代わりに

鉄仮面と呼ばれるカゴのナマリにアミエビを入れて、

ベイトの掛かりを良くする釣りもあります。

 

仕掛けは鈎が11から13号が売れ筋です。

ハリスは12号あれば大丈夫ですが、

みなべのえびす丸さんなんかは、

この11キロのブリを釣ったとか。

12号を切って行くやつもいるので、

14号ハリスも合った方がいいですね!

 

8号や9号という小鈎はベイトの掛かりは抜群ですが、

いざ1mのカンパチなんかが来たら・・・・チーンですね!

11 12 13 14号くらい持っておいた方がよいですね

 

 

実戦!船釣り用品のご紹介(クッションゴム)

船釣りになくてはならないものクッションゴム。

船釣りではPEラインを使いますので、PE自体に伸びがないので、

魚が掛かったときの衝撃を和らげる効果があります。

長さや太さも色々あって、迷うことでしょう。

簡単に説明します。

 

太さが1.5mmで30cm~50cmくらいのものは、

イサギやレンコダイ、ウメイロ、50cmクラスの小ダイなどの天秤フカセに。

2mm太さのものは、70cmクラスのマダイやハマチなど。

2.5mmはメジロやシオ、ヒラメなど。

3mmはブリ、カツオ

3.5mmは大型のカツオやビンタ

4mmはキハダマグロ

 

大事なのは掛かる魚とクッションのバランスを合わせないとダメです。

4mmのクッションでマダイの40cm級なら、クッションがガチガチすぎて意味がないです。

2mmのクッションゴムでカツオも無理でしょう~

 

実戦編~

 

アンダーベイトではどうでしょう。

みなべ周辺の船では、チョクリ釣りといって、メジロやヒラメ狙いなら2.5mmの30cmクラスの短じかいクッションをつけます。

白浜店近くの代々丸さんではクッションはつけずに、PE4号にフロロ14号をショックリーダーにします。

 

串本のカセでマダイやメジロなんかを天秤フカセで狙うなら2mmで上等でしょう。

他の方と絡み合う心配もすくないので、1mくらいの長めでも大丈夫でしょう。

 

串本の潮岬沖でグレ釣りなどの五目釣りがありますね!100何匹と釣れている釣り方です。

あの場合は、相手はグレの30~40cm級ですが、クッションは3mmの50cmか1mを使います。

これは潮が早いために、30mくらい棚ですが120号のナマリを使うからです。

天秤の上下に2mm50cmを付けるパターンもあります。

 

串本沖でサンマのミンチでメジロやブリを狙う時は、3.5mmから4mmを1mです。

オモリを120号を使うからですね。この場合はPE8号です。

こちらも天秤の上下に2.5mmを50cmと1mつける方もいます。

 

見老津やすさみで天秤にカゴにオキアミをつめて、イサギやウメイロ、シマアジなんかを狙う時は、

2mm50cmです。

 

白浜やみなべの沖でマダイの80cmクラスまでを狙う時は、2.5mm50cmです。

 

 

このように釣る魚に合わせて

クッションゴムが必要になります。

 

他に

乗り合いの多い船10人クラスが乗るような船では、クッションのサルカン部分がお祭りになることがありますので、

サルカン部分にPEラインが絡みやすい形状のものはさけましょう。

ハヤブサのエイトロック型は絡みにくいですが、その分お値段は上がります。

ただ、ガラガラの船に乗る場合はそこまで心配しなくても大丈夫ですよ~

船釣り・カセ釣りのご紹介!

今月より船釣り、カセ釣り、イカダ釣りの釣り道具はすべて店長が直接担当させて頂きます。

釣太郎に「この仕掛け置いてほしい、取り寄せしてほしい」などのご要望があれば、スタッフまで一声お願いします。

出来るだけご希望に合わせます

ちなみに店長は「超船酔体質なので、船釣りが出来ません・・・・。」

渡船での沖磯も島数の多くて、船に乗っている時間が長い渡船屋さんも極力行かないようにしてます。

地続きの鳥の巣イカダに行くときも酔い止めを飲むくらいですので・・・。

ただ、船釣りの仕掛けやカセの仕掛け、釣り方などは船頭さんなんかと話す機会が多いので、

より現実的な仕掛けを取り揃えていけるとオモイマス!

 

今の時期の船釣りとなりますと

アンダーベイトですが、青物の気配がやや薄めなので、

船によっては中深海の

鬼カサゴやノドグロ(赤ムツ)を釣っています。

エサ釣りでは、マダイやレンコダイ(チダイ)も狙っています。串本方面はウメイロも釣れています。

みなべの純栄丸さんや白浜の大瀬丸さんは沖の瀬に錨を降ろしての「かかりグレ釣り」をやっています。

見老津はシマアジの50cm級が釣れています。

 

串本のカセではヒラメとマトウダイ、グレもそろそろです。カワハギは好調です。尺アジもあります。

 

 

【1月11日更新】  ★底物釣り・船釣り・カセ・筏釣り情報★

1/11 更新

最新の底物釣り・船釣り・カセ・筏釣り情報をお届けします。

 

底物釣り(イシダイ・イシガキダイ・イガミ・クエなど)

・底物
●イシダイ釣果情報●


月日 釣った人 地名 場所 魚種 サイズ 枚数 ハリス ハリ ウキ下 潮流 釣り方、えさ他 水温
1月9日
加藤さん 外ミノ イシダイ 49cm 1 ウニ
出雲 赤島の壁 イシダイ 42.6cm 1 フカセ・オキアミ 17.8℃
1月7日
家谷さん 勝浦 沖ヨセダ イシダイ 44cm 1 ワイヤ38 16 底物・ヤド 18.0℃
藤本さん 市江 タカノツメ イシダイ 45 1 フカセ・オキアミ
1月5日
深瀬さん 市江 灯台下 イシダイ 35cm 1 ウニ 17.4℃
1月4日
梅本さん 太地 沖の大島 イシダイ 53~58cm 2 ヤドカリ 18.2℃
浦神 双子 イシダイ 56cm 1 17.3℃

 

●イシガキダイ釣果情報●


月日 釣った人 地名 場所 魚種 サイズ 枚数 ハリス ハリ ウキ下 潮流 釣り方、えさ他 水温
12月31日
藤波さん 口和深 平床 イシガキダイ 43 1 うに 18℃
12月30日
北内 すさみ エビ イシガキダイ 35cm 1 19℃
12月25日
藤波さん 口和深 中の三ツ石 イシガキダイ 41cm 1 ウニ 19℃

 

地磯情報

1/8

白浜の地磯で40cmのイシダイがサルボで!

腹の中はヤド・ウニ・サルボ・サザエが・・・

もって行ったエサが全て入っていたようです

12/26 白浜地磯でイシダイ57cm 3.2キロの釣果

12/18 なにわ太郎様の釣果

12/15 イシダイ41cmの釣果

12/11 イシダイ持ち込み釣果 60.5cm

12/7 白浜の地磯で49cmまでのイシダイ 3匹 イシガキ1匹エサはウニです。

s__71827460

 

 

 

 

 

 

・大物(クエ)

日置の地磯で60cmくらいがアジの飲ませ釣りにて

imgp3063

●クエ釣果情報●


月日 釣った人 地名 場所 魚種 サイズ 枚数 ハリス ハリ ウキ下 潮流 釣り方、えさ他 水温
1月7日
京都の山本さん すさみ カツオ クエ 70 1 18℃

 

 

・船釣り

落とし込み(アンダーベイト)でメジロ・ハマチ・ヒラメなど

船フカセでグレ。

天秤フカセでイサキ・マダイ・チダイなど

深海でクロムツ・キンメダイ

オニカサゴなども最近は釣れています。

今週は月夜周りです

エビアミ漁も一段落でしょう。

漁は闇夜周りに行われるので、底物関係は厳しいですが。

カニやエビは月夜と闇夜では身の入り方が違うそうです。

闇夜の方が身がしっかり入るので漁が行われます。

底物・イガミなどは今週は期待出来そうですよ。