夜釣りの仕掛け(電気ウキ フカセ釣り)

一般的な、夜の電気ウキ フカセ釣りの仕掛け・タックルをご紹介します

対象魚:イサギ、グレ、コロダイ、タマミ、マダイ、50cmまでのクエなど

・竿

磯竿2号前後くらい(1万円以下の竿は同じ2号でも腰が弱いので、ワンランク上の号数を選んで下さい。)

 

・リール

3000番~5000番のスピニングリール

 

・道糸

3号~5号(不意に大物がくるので太い目に)

 

・ハリス

3~10号(狙う魚種によって変えて下さい。イサギ狙いなら4号前後)

 

・ウキ

3B~2号(1号前後が仕掛けが入りやすく使いやすい。夜はキッチリ浮力を合わさなくても良い。

      ウキを浮かし気味の方がアタリが分かりやすい。) 

 

・ハリスの長さ

1ヒロ(2ヒロ以上にすると、仕掛けが安定しにくい時があるので1ヒロくらいがオススメ)

 

・針

8~12号(夜釣り用の蓄光タイプの針がオススメ。それ以外はマダイ用の針など太軸の針を使用してください)

 

・仕掛け、他

ウキ止めで棚を決めて釣る。糸は直結より、大き目のサルカンで結ぶ方が強度が強くオススメ。

 

仕掛けの完成写真です。

サルカン部分と、針はスッポ抜けないよう、固く締めこむようにして下さい。

 

夜釣りのウキは、大きく分けて

電気ウキ(電池で光る)と、

玉ウキに穴が開いた物(ケミホタルを刺して光らす)タイプに分かれます。

下の写真はケミホタル対応のウキです。

個人的には遠投する方は、電気ウキが見やすいかと思います。

足元で釣る場合は、ケミホタルタイプで十分です。