串 本 出 雲 釣日記

3月31日

釣太郎 初のお客さんに渡船案内を行いました

もちろん無料です

行った事のない渡船屋さんを案内するというのが今回のコンセプトです

ですから、渡船代やエサ代などは、お客さんに用意して頂きます

応募して頂いたのは、滋賀県の岩波さん親子です

6年生の颯大くんは、今回が磯釣りが初めてとのこと

事前の打合せで、私と店長と4人で一緒に磯に上がることにしました

なんとかして、颯大くんにマダイを釣らせてあげたい

3時30分に白浜店で待ち合わせをし、いざ串本へ

颯大くんは眠たかったみたいで、車で横になっていましたまだ朝早いからね

お父さんと串本のコンビニで、色々とお話を聞きます

江須崎や日置にはよく通っているみたいで、主には底物狙いで

夏のコロタマが大好きだとか・・

出雲港に到着

お世話になったのは、小川渡船さん

私らに気を使って頂き、最初に双子の子に乗ることに

11時に磯交代で、その後は沖へ

本命は双子の親だったのですが、今回は谷口渡船さんの磯周りです

串本出雲 朝の風景

 

 

潮はとろとろと内側(大橋方向)に流れています

若船頭から7ヒロから流してみてと

さすが出雲 タナが深い

 

谷口渡船さんの親への磯付けです

たまたま太陽が昇ってくるのと同時に映り、神々しい感じ

 

風も波もなくて、本当に良い天気でした

男前な颯大くんが持っているのは、メンドリ(オジサン)

もかっこええなぁ

 

さて、釣りですが、赤い脱走兵はどこにもいません

 

竿2~3本で流しても、エサも取らない状況です

底潮がかなり冷たい

潮が引いて、瀬が見え出すとたくさんグレが見えてきます

流れに乗せて、潮上から流すも反応なし

店長はハリスを06まで落として、ハリスを見切っているのか確認するもグレの反応はなし

 

 

11時になって瀬代わりです

やっぱり沖に出ると風が吹いてます

 

 

乗った所は、金床です

サラシから沖にドーンと流れています

水深は27mだそうです

竿5本ですか

 

颯大くんが魚ハサミでもっているのは、珍しい「ギマ」です

 

 

 

風は横から暴風のように吹いてきて、波も出てきました

サラシにボイルを撒くと、グレの姿が見えてましたが、1匹しか食わず、その後は1.5mくらいのサメがサラシの中に入ってきて

さっぱりな状況に

 

そんな状況でも、店長は颯大くんに、釣れたら竿を持たせてあげたいとずっと頑張りますが、

出雲の魚は今日はご機嫌が悪かったようでダメでした

何度は沖でかけたグレを手前まで寄せましたが、ハエ根やサメに邪魔をされてとれず

食ったタナはなんと、ウキ下25m 竿5本 でした

はるかかなたでウキが消しこみます

 

 

小川渡船さん色々と気を使っていただきありがとうございました。

 

颯大くん 最後まで疲れている中、よく頑張りました

初めての磯釣りはどうだったんかな

長かった風が強くてしんどかったかな

少しでも釣れれば楽しかったんやけど、また夏休みにお父さんと来てください

 

お父さん 7月になったら、80cmのコロタマ狙いにぜひ行きましょう

「串 本 出 雲 釣日記」への1件のフィードバック

  1. ありがとうございました。
    天気も良く、大変楽しかったです。
    色々お気遣い頂きありがとうございました。
    またよろしくお願いいたします。

コメントは停止中です。