出雲の小川渡船さんへ行ってきました。

1月10日、出雲の小川渡船さんに、お世話になりました。
早朝6時15分に出港です。ちなみに、16時までの磯渡しです。
渡磯はメンドリノハナに一人でした。
午前中は、当たりがあるのですが、取り込みが出来ずで・・
とにかく、棚が深い上にサイズも大きく、竿をのされてハリスがプッチ~ンハリもサイズアップしないと、竿まできている当たりでも、スッポ~ンとハリが抜けてしまいました。
何とか、午後にはつり方のコツを掴み、絶好調の面白い釣りモードに突入です。8つ掛けて、4匹の取り込みでした。35~40CMの見事なグレをゲットです。ウキ下が6ヒロと言う場所は不慣れで、本当に、てこづりましたが、4Bのガン玉で餌取を交わし、早く棚まで入れ、グレが食うと一気に巻き上げるため、ハリスも2,5号を使用。ハリもスッポ抜け防止でグレ鈎の8号を使用です。深い棚のため、磯際にハリス・道糸が擦れるので長い竿が有利です。
テナ、具合で楽しい釣行になりました。
しかし、船頭さんが磯渡しのとき、釣太郎のニーチャンこの島エーデと大きな声で渡磯には、あせりました。他のお客さんが、え?釣太郎・・と反応があり、どえりゃープレッシャーこりゃーどーあっても釣らなあかんまー結果、色々と工夫し釣果につながりましたが・・
10日は水温も17.2℃あり魚の活性は、とびきりの順調で、しばらくは楽しめそうです。大グレ狙いで数釣りも可能ン~明日も行ってこーかナ

釣太郎 中岡

「出雲の小川渡船さんへ行ってきました。」への2件のフィードバック

  1. Unknown

    だれでも見ることのできる所で、
    自分達は渡船代まけてもらってる、といったことを書くのはいかがなもんでしょうか?
    ええ気がしないのでは?

  2. Unknown

    全くです。随分と長く行っていなかったので、知らなかったのです。早速、削除しました。以後、気を付けます。

コメントは停止中です。