近況とアミエビの代替品

現在、問い合わせが多数きていますのでお知らせします。

白浜周辺の釣果情報と津波被害及び水温情報です。

釣果情報では、津波の後、少し潮の状況が好転したようです。

青物(メジロ、シオ)の回遊があります。イワシなどの小魚が大量発生しているようで、ルアーの届く範囲でナブラがたつようです。

ヒラスズキ用のサオやリールでは太刀打ちできないようなので、白浜からすさみ近辺でショアジギする場合は、それなりの対策が必用です。

その他では、グレ、イサギが好調とのことです。

アオリイカは先週より好調です。5kgクラスがすさみであがったとの情報も入ってます。

津波被害については、渡船屋さんと釣りイカダ、カセには被害ありませんでした。

白浜の水温は昨日15日には17.5度まで上りましたが、今日はこの寒気が入っているので少し下がって16.4度。

底潮が昨日に比べて0.5度下がっただけなので、特に問題はなさそうです。

アミエビの代替品について

アミエビが今月または4月の中頃には、なくなる事は確実です。

しかし、塩漬けされた液体のアミエビは輸入物を加工して、残る可能性はあります。

釣太郎では現在代替品を模索しております。

従来から原料として販売している「オキアミ乾燥粉末」

これを海水で戻します。

ここに同色の「遠投パン粉」を混ぜます。

これは量を増やすためのものなので、「ヌカ」や普通の「パン粉」でもいいと思います。

混ぜ合わせるとこんな感じに

オキアミ粉+遠投パン粉

集魚力はもともとオキアミなので問題ないです。

今回はオキアミ粉が3袋、遠投パン粉1袋を海水を少し入れて混ぜています。

サビキ釣りファン、カゴ釣りファンの方、いかがですか?

釣太郎HP