強風時のフカセ釣り対応策

一般的なグレ(メジナ)釣りのふかせ仕掛を使って、風が強い時の対処策の説明。

風ない時(潮が流れていない時)は浮き止めから針までが真っ直ぐ一直線になりますが

(これを馴染む、といいます)、強風時は道糸やウキが引っ張られるように浮いている

状態になりマキエサとずれていきます。

対策の一つとして小さなナマリをハリス側に打つ、とういうのも一手。

釣り方は十人十色の考え方がありますので、ご参考までに。