11/15 沖磯フカセ釣り教室IN日置

11/15 日置の川口大島にて沖磯フカセ釣り教室を開催させて頂きました

お世話になったのは釣太郎ではお馴染みの強面だけども笑顔が超キュートな三倉渡船さん

週末の土曜日のお客様の多いなか無理を言って川口大島を釣り教室の為にあけて頂きました!本当にありがとうございます

さて、当日は一旦、会計やエサの準備等を済ませる為に参加者の皆様には白浜店に集まって頂きました。

朝4時に白浜店集合でそこからエサ混ぜに取り掛かります!

用意したのは紀伊半島で渡船利用で使う平均のエサの量で

やすかねさん生オキアミマキエサ専用3kgが2枚。

ヒロキュー集魚材2袋。

IMGP2672

サシエサとして浜市さん生&ボイルレンガ1ヶ

をご用意させて頂きました。

釣り場でのゴミを減らす為に白浜店で混ぜます。

35510

35509

事前に混ぜていくことでオキアミに集魚効果を馴染ませるのと、釣り場で釣りをいち早く開始できるように、混ぜムラも無くします。

出発時間までは雑談で楽しみ、白浜店を後にします。

日置の渡船屋に到着後乗船名簿に記載事項を記入します。

各自準備に取り掛かり出船までに時間をお客さんや参加者たちでわいわいと過ごします!

船頭が来てから船に荷物を載せていきます。

週末の土曜日とあってお客さんも満員!

荷物と人が満載で出発です!

川磯に下ろした後沖に出ますが夜の間に強く吹いた風の影響でうねりがあり自分らの荷物も船の先端まで移動することができず磯付けしてから時間が掛かりました。

忘れ物無く無事渡礁することができ安全な高場に荷物を移動させます!

その後あみだくじで釣り優先順位を決め準備に取り掛かります。

その後は一旦スタッフが実際に竿だし行い釣り方の基本動作をご覧になってもらいました。

流れ動作レクチャーも終わり各自釣り座へ、最後の1投でアイが掛かってきました・・・・ww(みんな見てる時に釣れよw)

当日は風が非常に強く釣り自体苦戦を強いられるほどです。

当日は北西9m前後の予報で昼から少し和らぐとの予報でしたが、海での実際の風は12~13m近く吹いていたと思います。

朝一はまだなんとか釣りできそうで早々に参加者の宮本さん(釣太郎の開催教室は殆んど参加してくれています。)が30cmぐらいのグレを引き抜く時に落としてしまいました。

残念です。

参加者1人1人の横に着き風が強いのでラインコントロールをレクチャーしますが苦戦しています。

各釣り座の水深でのエサ取りのかわすマキエの打ち方や風に対しての仕掛の投入点、サラシの活用方法などを横で指導させていただきました。

 

 

日が昇ると風もさらに風の強さも増し、弁当船が来ていったん弁当に。

弁当を食べていると大島の裏側で釣りをされていたお客様が島変わりするから風裏おいでよと言ってくれました!

(本当にありがとうございます。)

弁当食べた後みんなで重い荷物を運んで裏に行きます。

まだ表より風が遮られていてまるで天国と地獄状態。

しかし、釣り進めていく中で段々と風も回り込んでくるように・・・・

そんな中ワニ島に乗っている方やセイダエモンの友人は良く竿曲げています!!

35506

その後昼ごろになって段々と波と潮位も上がってきてセイダエモンは撤収すると連絡来ちゃいました・・・・・

ワニもほぼ総被りでしたが15時までは頑張っていました・・・・

私たちは釣りにくい中15時まで頑張って・・・・・と言うかほぼ修行です。

荒修行とでも言います。

この状態を打破する為にも私も竿だししますが・・・・チーン。

参加者の通称みっちゃんが!!

続いてなぜ?さんちょもw

さすが、タカノハ・ゴンズイ・イタチウオ・メンドリの名人位を取得しているだけ有りますw

そしてその後はただただ時間が過ぎていき納竿となりました。

最後に磯のマキエを洗い流し帰りの船に乗り込みました。

グレの釣果も無かったのでお楽しみ大会の景品はあみだくじで決めて

1位プロマリン玉の柄400

2位ヒロキュー非売品バッカンドピンク!

3位ステッカー

その他全員に参加賞として釣太郎帽子、東亜ストリング道糸・ハリス、ダイワ非売品タオル&ステッカー、釣研ステッカー、ヒロキューステッカー(なんかステッカーばっかり・・・)

最後に記念撮影で締めくくりました!!

35505

終わってからも参加者で会話が弾み次の釣行を約束して帰路につきました。

参加していただいた皆様、三倉渡船様ありがとうございました!

この教室を開催するにあたりたくさんのご協力が有り実現することができました。

この場をお借りしてご挨拶とさせて頂きます。

ありがとうございました。

釣太郎 久堀

mm