イワシにはマイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシがあります

いわしの見分け方は

一番上の口が大きい片口いわし。これは主に調理のだしを取るための「煮干し」にされることが多く、

珍味の中にもはいっていることも。

真ん中の平坦な形状したのがマイワシで地元ではヒラゴイワシと呼んでおり、居酒屋等の料理店で

使用されるのはこれ。刺身や天ぷら、煮つけ等々の調理に向いています。

下のウルメイワシは潤んだ目をしているため、この名前が付いたそうですが他の

イワシに比べ目が大きいの特徴。

主に干物の「目刺し」に使われ、干物にするには最適とされています。