梅雨時期に尾長を狙いに週2回も見老津へ行っていた時に使ってたマキエ

6月7月の高水温期

見老津沖磯の牛の首やナベ、中崎などは、尾長グレが見えてきます!

それを狙いに、渡船の半夜釣り

昼から出船の19時まで。

17時半をすぎると、エサトリも少なくなって雰囲気が出てきます!

撒餌は生オキアミ3枚にボイル1枚だったので、量増しにこのホワイトパワーを持っていってました。

このにんにくの香りがなつかしい~

最近は尾長を狙いに行く方は減ってきていますが、

ゴマサバ、ウスバ、イズスミ、サメ

いろいろと竿を曲げてくれるのでたのしいですよ~

水分をたくさんもって一度チャレンジしてみては??

ええ潮が来てたら、梅雨グレが釣れますよ~