イシダイ釣り入門 ウニ付けから投入~舞い込み~ぶり抜き

 

ウニをつけてポイントへ投入

運よくイシダイが入れば、ウニにくらいつてきます。

イシダイは一気にウニは食べずに何回かに分けて食べます。

最後に大好きなウニの芯の部分を食べたら、反転して走りだします。

この時に大きく合わせを入れて、釣りあげます。

グレやチヌ釣りみたいに竿でためてなんていりません。

ゴリ巻ゴリ巻で、底を切って先に浮かせます。

イシダイ浮かせたら、鈎の掛かり所を見ます。

唇や皮に掛かっているだけなら、引き抜くと外れるので、

道糸を手繰り寄せて、ソフトに引き上げます。

カンヌキと呼ばれる口の横にしっかり掛かっていれば、

そのままぶり抜きます。

この時、真上に上げると竿にダメージがかかるので、

斜め後ろに反動をつけて、引き抜きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です