夜釣りのコツ(魚種別、その他魚種)

●イサキ

イサキは夜釣りでは底付近から水面付近まで幅広い棚で釣れるので裏を返せば棚が分かりにくい魚でもあります。

夜釣りを始めてまずは底付近からはじめましょう。

フカセ釣りの場合は足元から丹念に探ります。

エサが利き始めると寄ってきて釣れだします。

はじめは深めで釣れていたとしましょう。しかし、エサが盗られるだけで魚が掛からない、アタリが出ないという状況になってくれば深めの棚設定から浅めの棚設定にしてください。

エサを盗っているのがイサキの可能性が高いからです。

沖の深場から溝を沿うように浅場へ寄ってくる事が多いので航空写真などで地形を判断し場所選びをすると良いでしょう。


●フエダイ

基本的には磯周り、根周りから動かない行動範囲の狭い魚と思ってください。

例外もありますが基本は根周り、磯際周りをべったりと狙ってください。

棚も底付近に設定し辛抱強く待つことが必要です。

南紀では個体数が元々少ない上に希少価値も高い魚なので30cm以下のフエダイの乱獲はやめておきましょう。

上記の画像でも分かるかと思いますが鈎上に鉛を打つほど障害物をタイトに狙わないと中々釣れない魚です。

根掛かりは覚悟の上攻めてみるとフエダイに近づきます。

中々釣れない時は棚設定、狙うポイントに入っていないことが多いです。


●ハマフエフキ

ここまで大きいタマミは釣れないのではなく釣り上げれていないのがほとんどです。

というのも南紀夜釣りモンハンで極太タックルで釣りをされている釣り人は一握りで後はタマミが掛かれば成すすべなくぶち切られている釣り人が圧倒的に多いのです。

棚は底付近~底を這わす釣り方で待つ釣りになります。

居着きは少なくほとんどが回遊なので実績のある場所でエサを撒いて回遊を待つほかありません。

タマミがエサを銜えると今まで浮いていたウキが瞬きした瞬間に遥か彼方までぶっ飛んでいるという話は今までに何度も聞いたことがあります。

夜釣りでタマミを釣り上げている釣り人のブログでどんな感じかイメージしてみてください。

さんちょさんタマミ68cm、3.45kgゲットブログ

さんちょさんタマミ78.5cm、7.03kgゲットブログ

タマミが寄ってくればエサ盗りのアタリが極端に少なくなったりなくなったりします。

小さなタマミが釣れる場所も大型タマミの可能性は高い場所です。

磯と磯の海溝や磯と磯の間の砂地部分がタマミの徘徊ポイントになります。

底をきっちり釣らないといけないので棚調整、ポイントの把握は明るい時間や釣りをしている間もこまめにチェックしよう。


●マダイ

3~6月頃に接岸し防波堤や磯から狙うことができる。

GW頃が一番良いとされこの時期を逃せば狙っても中々釣れない。

釣り場は深くても浅くても良いが釣れるか釣れないかは運しだい。

この時期のマダイはノッコミの大型が釣れるのでコロダイタックルなら難なく取り込めるでしょう。

なるべく軽いマキエサで浮かせて釣るほうが良い。底付近を意識してもいいが底から1ヒロほど浮かせて狙うのがセオリーでボイルパラパラ釣法で釣られていることが多い。

アタリは強烈で一瞬タマミかと思わせる速さで走るが、最初の突っ込みを耐えることができれば後はすんなりあがってくることが多いです。砂地と磯が交じり合っている釣り場が理想です。


●コショウダイ

ぱっと見てコロダイ?と思わせる魚ですが背中に掛けての独特な帯模様が特徴的なコショウダイです。

コロダイに比べて漁港、河口付近などの内湾で釣れる事が多く、特に大型河川の河口付近では大型のコショウダイが釣れる事がある。

身近な河川の近くの波止場で潜んでいることが多い。

70cm級が釣れれば一生もの、60cmが釣れたら堂々自慢してください。

というのもこの魚自体非常に個体数が少なく大型の60cm級なんて中々釣れない物です。

このコショウダイ自体釣れたら自慢してもいいです!

釣り方、エサ、引きなどもコロダイと同じと思ってください。しかし、同じように見えてコショウダイはコロダイより遥かに美味しいようで市場でも高級魚扱いです。

ぜひ狙ってみてはいかがでしょう!


・ハタ系(クエ・ヤイトハタ・キジハタ・オオモンハタなど)

夜釣りをしていると稀にハタ系のゲストが掛かってくることがあります。

キビナゴ・イカ餌、魚餌などでやっていると確率は低いですが釣れる事があります。(オキアミでも釣れる事があります。)

基本的には底べったりに仕掛けが入っているときに来る可能性がありますので釣れたら儲け者ですよ!

活きたアジや魚を餌にすると確率も上がりますが、個体数は決して多くありませんので辛抱の釣りになります。

掛かってくるサイズが60cm以内ならコロダイ仕掛けでも取り込める可能性は高いですがそれ以上になると根に入り込む魚ですので取り込む確率はどーんと下がってしまいます。

専門的に狙う方たちの仕掛けや竿の太さなんかを見てもらっても分かるかと思いますが夜釣りのコロダイ狙いのタックルで70cm以上のハタ系を取り込める確率はほとんど無いに等しいので釣れたら飛んで喜びましょう!

キジハタなどは大きくなっても50cm程度なので取り込めるかもしれませんが、クエ・ヤイトハタなどはメーターオーバーになるので注意です。


と、色々な魚種の大型がこの5~10月の夜釣りシーズンで狙うことができます。

一生に一度出会えるか出会えないかの大型魚、珍しい魚種の可能性も秘めているのが『南紀の夜釣りモンハン』なのです。

このブログ、他の夜釣りモンハンブログなどでたくさんタックルの紹介をしてきています。

・基本的には磯釣りスタイルの円錐型電気ウキを使った夜釣りでモンスターハンティングというコンセプト。

・手軽に防波堤や地磯から強めのフカセ釣りタックルで大型魚の強烈な引きを楽しんでもらいたい。

初心者の方でも比較的簡単に大型魚が狙える釣りが和歌山南紀の夜釣りモンハンなのです。

夜釣りモンハンをやってみて中々釣れない時は是非釣太郎のスタッフまで一度お尋ねください。

でもお尋ねする前にこのブログ、他のカテゴリーのぶろぐを熟読して一度は実際に釣りをやってみてください。

そこで実際にやってみてわからない事をスタッフに質問してもらえればスタッフもピンポイントで的確なアドバイスを返答しやすいのでよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です