夜釣りシブダイ(フエダイ)まとめ

魚種 フエダイ フエダイ科フエダイ属
特徴

側線の上側に白い点があることから南紀ではシロテンの愛称で呼ばれ、南九州などでは『シブダイ』と呼ぶ

非常に美味しく高級魚として扱われる。

真夏の夜釣りなどで狙うことができ、50cm台の大きさが最大とされている。50cm台なら堂々と自慢して魚拓をとってもらいたい。

個体数は極めて少なく、重宝される。引き味は抜群で同サイズならタマミやコロダイよりも引く。

暴力的な引き、食べて美味しく、専門に狙うも中々釣れないので南紀では幻級の魚である

分布 南日本太平洋、琉球列島などに分布し、珊瑚岩礁や岩礁地帯に住む。

●フエダイの特徴・釣り方

こちらは夏のターゲットの中でも超高級魚として名高い『フエダイ』通称シブダイ、シロテンという魚です。

コロダイ狙いの外道、タマミ狙いの外道として稀に釣れる事があるが高級魚なので間違ってリリースはしないように。

分布にも記載されているように珊瑚岩礁や岩礁地帯を好むので狙うのであれば根がきつい荒磯のような場所をまず選択しよう。

南紀では、白浜から以南で狙うことができ、枯れ木灘(すさみ)では狙って釣ることができる。

基本根周りが好きな魚なので磯際や沖の根回りをタイトに狙う必要がある。

50cm級が最大としても引きの強さはどの魚にも負けないほどパワフルで釣り人を圧倒する。

仕掛けなどは極太、タックルも極太で掛けたら捕る心構えで挑みましょう。

主に夜フカセ釣りで狙うことができます。

 

●フエダイ夜釣りに使うマキエサとサシエサ

マキエサ:基本的には何でも良いのですが、肉食系のタイプになりますので魚粉系がオススメ。

オキアミやキビナゴ、鰯ミンチなどとにかく集魚効果が大きいものをチョイスしよう!

【夜釣りエサ】肉食魚をおびき寄せる『鰯スライス』

【夜釣りエサ】キビナゴには夢がある。『キビナゴブロック』

サシエサ:キビナゴ、オキアミ(生・ボイル)、中えび(大えび)、イカなどで釣れます。外道含めアタリは少なくなりますがイカの切り身やヒイカ、ホタルイカなどのイカ系は良く食うイメージがあります。一発狙いで辛抱にイカをサシエサに狙う方がフエダイの確率は上がるでしょう。

 

●フエダイ夜釣りの仕掛けとタックル

基本的にはコロダイ仕掛け、タマミ仕掛けで対応できます。

コロダイの仕掛け・タックルページ

補足:シブダイはコロダイとは違い歯が鋭いのでハリスは10号を使うと安心。鈎もできれば大きめを使うと安心です。引きが強いので剛性があるほうが無難。

 

●フエダイ夜釣りオススメポイント

・白浜地磯一帯 白浜地磯紹介ページ  有望(シオフキ・チャボ・小島など)

・白浜町日置地磯一帯 白浜町日置地磯紹介ページ  有望(大崎・村島磯・小石の鼻・伊古木地磯)

・すさみ町一帯 すさみ町一帯地磯紹介ページ   有望(和深崎・黒崎・名切崎・オオハ)

※地磯は危険が伴いますので必ず2名以上、地磯を熟知した方と一緒に出かけましょう