活アジについての3大注意事項

・春~初夏シーズンの活アジ管理

春~初夏にかけては気温上昇と水温の上昇もするシーズンです。

温度変化に弱く、高水温も苦手なアジにとっては一番管理の難しいシーズンとなります。

5月頃までは管理しやすいのですが6月の中旬以降が特に難しいシーズンとなります。

対策としては、

 

・バケツの海水少なめはNG

1.入れ物の容量と入れるアジの匹数を把握しましょう。1Lに1匹が基本です。
水温が上がると酸素不足で弱る原因もよくあります。水温が高いと海水に溶け込む酸素が少なくなる為です。
入れ物が10Lだとすればアジは10匹まで。1Lに1匹が基本です。秋・冬シーズンと比べて
春・夏は入れる匹数を少なくしましょう。またアジのサイズも20cm超える大きいものを入れる場合も
入れる匹数はいつもより少なめにするのがお勧めです。
海水を少なく入れるのも水温が上がる時期は弱る原因です。
運ぶのは重くなりますがちゃんと海水を入れましょう。

アジの入れ過ぎ厳禁!

2.エアーポンプの酸素量に注意
電池の残量には特に注意が必要です。
残量が少なくなってくると酸素量が減ります予備の電池を用意が必要です。
また、エアーポンプ本体の酸素量が少ない物は使わずに、酸素量が多く出るポンプを選んだ
方が効果あります。電池1本で動くものや単3電池で動くポンプは酸素量が少ないので注意。

3.日中のバケツ内 水温上昇に注意
夜間は温度変化は少なめですが、日中の直射日光が当たるとバケツ内の水温が上昇し弱りやすくなります。
海水入れ替え・スカリを使い海につける・発泡スチロールやクーラーBOXの入れ物を使う事で、対策できます。保冷剤や袋に氷をバケツ内にいれておくと数時間なら水温上昇防げます。

 

アジカンサイクロンは10匹前後が理想です

入れ物は、水温を保つクーラーBOXタイプがお勧めです。