☆寒グレのアオサ釣法~☆

アオサの実釣編です。

磯にアオサがあれば、それを使いましょう!

ちなみに潮が流れるようなすさみや串本の沖磯で、アオサをつけて釣ってもなかなか釣れません。オキアミの方が良いです!

アオサ釣法はみなべから白浜・日置周辺までが実績が高いです!

平アオサ、糸アオサ 各100円

平アオサの場合は、磯でむしってから、暫く乾燥させるほうが

アオサにハリが出て、しゃきっとします。

 

アオサ釣法では、大きいグレが来る事がよくあります。

喰ってきたからには、絶対に取れるぐらいの仕掛けが必要です。

ここでは、ハリス2.5号ですが、

もっとアオサ釣法に適した時化気味の日(雨、強風、向かい風、満ち潮、波気、夕方)は

もっと太いハリス3号。根の荒い場所なら4号でもOK。

ハリは7号~8号メインで、

糸アオサは針に巻きつけて、針先は出すのがポイントです。

針から外れないように何重にもグルグルと針に巻きます。

平アオサは、針の軸にクルクル巻きつけて、

葉っぱを1枚ずつ縫うように、針先は出すようにして下さい。

縫いざしという方法です。

 

平アオサは糸アオサに比べて軽いので、

サラシが強くて、浮き上がる時はガンダマを打って馴染ませて下さい。

 

マキエは生オキアミに集魚材で

海苔系の集魚材もあるので、試してみて下さい。

どんな集魚材やオキアミよりも

現地の磯に生えているアオサがあれば、

それを撒くほうが絶対にいいです。

 

狙いは、満ち潮、夕方で太いハリスで1発勝負ですよ!

 

磯際に撒いたアオサとサシエのアオサを忍ばせて

 

絶対に水面に人影を映したらダメですよ

 

警戒してグレが浮いてこないので

 

際から3歩くらい下がって、音も出さずに静かに

 

地味な釣りで、辛抱しないといけませんが、

 

大きいグレを釣る為には、これくらいは覚悟しないといけないという訳です。

 

参考動画

アオサは常食なので、グレが群がります!

グレはオキアミと同じように、吸って吐くを繰り返します。

7号か8号くらいの針なら、吸った時にウキが沈むので、早合わせしてもOKです。

じっくり確実に食わせたいときは、ウキが見えなくなるまで沈んで、竿にグレの重さが乗るくらいまで

待ってみましょう。

動画は田辺市の天神崎です。

みなべから田辺の低い磯は、このようにマキエサを現地調達することも出来ます!

 

こちらは、みなべ堺のヒズメです。

大潮の込み潮では必ずヒズメにアオサを食べに来ます。

大潮だったら磯の上のアオサが食べれるってことを知ってるんですね!

アオサを使った仕掛けの説明です!

アオサの針への付け方です。

 

みなべ堺でのアオサでの釣果です。

田辺やみなべで寒グレを狙うときは、是非、アオサ釣法を試してください。

「☆寒グレのアオサ釣法~☆」への2件のフィードバック

  1. グレのアオサ釣り、大変参考になりました。ちなみにイズスミ
    など、他の魚も釣れる可能性はあるでしょうか?わかる範囲で
    教えて頂ければ幸いです。

    1. イズスミ・アイゴ・イガミなど日頃から海藻を食べている魚は何でも釣れます。

コメントは停止中です。