初心者の寒グレ釣りの方法

【寒グレ】

12~3月の低水温期に釣れるグレは1年の周期の中でも最も美味な時期で身にはほのかに脂がのり、食感、甘みがあり高級魚に引けをとらない。

低水温期は魚自体の活性が下がる時期である為にグレの活性も下がり釣るのも難しくなる。

しかし、その時期に釣るグレは釣り人とグレの知恵比べのような駆け引きが面白く釣り人を熱くさせる。

掛けてからのトルクフルで重量感があるやり取りは釣り人をハラハラさせてさらに熱くさせる要因だ。

ここではそんな厳寒期(低水温時)のグレを皆さんに釣って頂きたく寒グレの狙い方、釣り方を紹介していきたいとおもいます。

 

寒グレの時期と水温の関係

寒グレは低水温期に釣れるので12月下旬~3月上旬となる。

3月頃よりグレは産卵に入るために食わなくなることが多くこの時期を境に寒グレシーズンは終わりとなる。

和歌山南紀は水温が下がり始める12月中旬より段々と寒グレの体系に近づいていき、1月~2月にまん丸とした体系になって行く。

エリアにより和歌山中紀から北側は南紀より水温低下が早いので12月頃にはまん丸とした体系のグレが多くなる。

ここでグレの体系の違いを2種類のグレの画像を見て見比べてください。

1、まずは寒グレシーズンまでに釣れる高水温時の一般的なグレの体系↓

見てもわかるとおりお腹は痩せていてスリムな体系が多いのが特徴です。

細長く感じ厚みもありません。

この体系のグレは脂が乗っていることはほとんどなく、食べてもあまり美味しくないものとなります。

 

2、そして寒グレ時期に釣れる真ん丸としたグレの体系↓

あごの下から盛り上がっているのが分かります。

この体系になると内蔵には脂が巻き、身にも脂がさしてくるので白身の魚ですが非常に美味しいものとなります。

このような体系になると卵や白子が大きく成長した個体が多くなり食べた者の舌を唸らせてくれます。

 

3、寒グレ時期に数が釣れる時は、上記の真ん丸としたグレよりも、下記のようなグレが多くなります。

皆さんが数が釣れる時によく釣っているグレはこの体系のものが多いのではないでしょうか。

痩せている固体はほとんど無くなり、肉厚な体系に、脂も程よく乗り卵や白子もだんだんと大きくなっており美味しくいただけます。

南紀ではなぜグレ釣りが盛んなのかと言うと、本州最南端潮岬が近くにあり、日本南岸を流れる黒潮海流の栄養豊富な潮のおかげでグレの数が非常に多くシーズン初期の数釣り時期では1人で50匹~100匹という驚異的な数釣りも可能なため、京阪神から日帰りで釣りに行ける立地条件もあり年間を通して南紀へグレを求めてくる釣り人が多い。

黒潮の海流の影響がある為真冬の厳寒期でも水温が17~19℃と安定し、黒潮の離岸時は16℃~17℃前後、接岸時は19~20℃前後となり厳寒期でも黒潮接岸時は数釣りが可能となる。

平均水温が18℃を下回ると寒グレシーズンの始まりとなる。

 

 

寒グレ時期の仕掛け

南紀で一般的に使われている仕掛けをご紹介させて頂きます。

◎基本の釣り道具

 

1.竿(磯竿)

硬さ 1.2号相当~1.5号相当

40cmまでのグレの引きを楽しみたいなら柔らかめの1.2号相当がオススメ

40cm以上のグレをメインに考えるなら硬めの1.5号が安心感がある

長さ 5m~5.3mが主流

力が無い方は5mの長さが持ち重りも無く扱いやすい

深い場所や磯の形状で取り込みがしにくい場合は5.3mが必要になる

 

2.リール

スピニングリールで2号~2.5号の糸が150m巻けるものがオススメ。

磯釣り師の間ではレバーブレーキ付きリールが主流。

 

3.道糸、ハリス

道糸は使用するハリスより1ランクほど上の号数を使用するほうが根掛り時に切れてもハリス側で切れてくれるのでウキなどの紛失が防げる。

オススメはナイロンラインの2号~2.5号(150m)

ハリスは岩に擦れたり、魚の歯に擦れたりするので擦れにつよいフロロカーボンラインの1.7号~2号がオススメ。

1.7号より細くしてもかまいませんが、寒グレは重量もありパワーもあるので取れる確立が下がります。

なるべく始めのうちは太い仕掛けで掛けた魚は高確率で取り込めるような仕掛けを使いましょう。

 

4.ウキ

ウキは仕掛けを飛ばす、アタリを取るなどの重要な役割を担うフカセ釣りには無くてはならないものです。

現在は円錐型の中通しウキが主流で、形や浮力も様々あり初めは迷ってしまいます。

号数は大きく分けて、

0号 ウキ自体には浮力がほとんど無く、ウキから下の仕掛けが馴染むとゆっくり沈むか、ウキの頭が出るか出ないかの状態になる
G2 オモリサイズ『G2』をつけてウキの頭が少し出ている状態になる
オモリサイズ『B』をつけてウキの頭が少し出ている状態になる
2B オモリサイズ『2B』をつけてウキの頭が少し出ている状態になる
3B オモリサイズ『3B』をつけてウキの頭が少し出ている状態になる
4B オモリサイズ『4B』をつけてウキの頭が少し出ている状態になる
5B オモリサイズ『5B』をつけてウキの頭が少し出ている状態になる
0.8号 オモリサイズ『0.8号』をつけてウキの頭が少し出ている状態になる
1号 オモリサイズ『1号』をつけてウキの頭が少し出ている状態になる

フカセ釣りの中で最も多用されているウキの号数は『B』、『0号』ですが、初心者の方は0号はアタリかどうか分かりにくい、オモリを使わないので仕掛けが馴染んでいないままだったり、風が吹くと馴染まないなど扱いづらいので『B』のウキを初めに使うことをオススメします。

特に寒グレシーズンの南紀は季節風の北西風が強く吹きますのでB~3Bがあればいいかとおもいます。

 

5.鈎

鈎は魚との接点になり、魚や使用するサシエサの大きさによって号数を変えていかなければなりません。

磯釣り師は釣り場に数種類の鈎と号数違いとで6~10種類ぐらいは持っていっているケースが多いです。

一般的に使われる鈎の大きさ(号数)ですが、『5号』、『6号』、『7号』、が主流となります。

当店での売れ筋№1は圧倒的に『6号』です。

続いて『5号』、『7号』となります。

鈎のカラーなども沢山種類がありますが、当店で売れている鈎をメーカーごとに一部紹介です。

がまかつ 掛かりすぎ口太
オーナー 速手グレ
ダイワ マルチ
がまかつ TKO
がまかつ 寒グレ

掛かりすぎ口太、速手グレを各号数持っていればいいかとおもいます。

南紀のグレのサイズが30~40cmが主流で、40~50cmオーバーの大型グレも狙うことが出来ます。

40cmを超えてくると小さな鈎や細軸の針では曲がってしまうこともあるのでそんなときは『がまかつ 寒グレ』を忍ばせておきましょう!

 

6.小物

あとフカセ釣りに必要となるのは、

ウキ止め糸
シモリ玉
フカセからまん棒
サルカン
オモリ

 

さてここまでくれば寒グレを狙う仕掛けは揃いました。

ここからは寒グレ釣りの重要アイテム『エサ』に入っていきます。

長々と文章が続いておりますがもう少しお付き合いください。

 

マキエサとサシエサ、一日のマキエサの量の目安

グレ釣りにおいて、海中に撒いてグレを誘き寄せる『マキエサ』と、鈎に刺して直接グレに食わす『サシエサ』の二種類があります。

1.マキエサ

基本はサシエサと同じオキアミを使用します。

オキアミにも生オキアミ・ボイルオキアミがありますが、生オキアミを使う釣りに慣れてください。

オキアミ単体では撒く際にコントロールがつきにくいので、集魚力を高める為に集魚材や集魚力が高いアミエビなどを釣り人それぞれが思い思いに沢山ある中から選んで混ぜております。

沢山ある中から集魚材を選ぶのはむずかしいので当店の売れ筋をご紹介します。

マルキュー グレパワーV9
ダイワ 強力グレZど遠投
釣太郎オリジナル グレ用集魚材2キロ

上記の3種類が当店の売れ筋となります。

当店オリジナルグレ用集魚材と生オキアミ3キロを混ぜ合わせます。

このブレンドの海中でのバラケ方の動画、最後にはグレが釣れます。

スタッフのマキエサ作り。

フカセ釣り マキエサの混ぜる際のワンポイントアドバイス

厳寒期の活性が低い時期のグレはアミエビをマキエサに追加して集魚効果を高めてください。

 

2.サシエサ

サシエサには加工タイプと生タイプ(加工無し)があります。(下記動画内の商品で現在販売していないものもあります)

自分で一手間掛ける。

 

 

エサのイメージは大体出来ましたでしょうか。

ここからはいよいよ寒グレの釣り方、狙い方をご説明させて頂きます。

 

寒グレの釣り方(狙い方)

 

寒グレは梅雨時期や秋口の高活性な時期のグレ釣りとは全く別物と考えてください。

寒グレ時期以外のグレはウキを勢いよく海中に消し込んだり、ラインや竿をひったくって行くような爽快なアタリが出ますが、寒グレ時期になると低水温でグレの動きも鈍くなります。

と言うことは、急浮上してエサを食べる縦の動きから、自分の近くに落ちてきたエサを食べる横の動きに変わるのです。

動きが鈍い分、エサ、針、ハリスといった人間が操作している仕掛けを見極める可能性がある為、食ってこない、数が釣れない、全く釣れなかったりと釣果も出にくくなるのです。

そして釣り人はそういった活性の低くい寒グレに口を使わすために針を小さくしたり、ハリスを細くしたりするのです。

玄人さんならその細い仕掛けでもグレを取り込むことが出来るかもしれませんが初心者の方にとってはリスクが高い釣りとなります。

 

しかし、グレのいるポイントに美味しそうなマキエサとサシエサを持っていくことが出来れば、エサを全く食べたくないわけではないので目の前に落ちてきたエサの中で食べやすい小さなエサ、ボイルオキアミなどの視覚的に目立つようなものを食べます。

食べやすくするために頭と尻尾を取って小さくエサをつける。逆に目立つボイルなどをつける。これもひとつの工夫ですね。

マキエサの中にサシエサを同じ用に漂わせグレの口元まで運んであげるのが寒グレの釣りの特徴です。

高水温時はマキエサの中に急浮上して突っ込んできます。

低水温時はマキエサに反応するが動きも鈍く行動範囲も狭くなります。

軽い仕掛けでは思うように操作できないのでB~3B を海の状況や風の強さによって使い分けてください。

仕掛けが重いとサシエサを口にした時に重さを嫌がってサシエサを離す場合がありますがそういった時は張り戻しや誘いと呼ばれる一時的にハリスの張りを無くしてあげる事でエサを口にした際のオモリの重さが無くなり食い込んでくれる場合もあります。

ウキに出る小さな反応も逃さないようにしてください。

細かな作業が多く疲れますが、魚との知恵比べで負けないように、美味しい寒グレを食べるために自分なりの工夫で難しい寒グレを楽しんでください。

 

ビギナーさんのグレフカセ釣りステップup 

ビギナーさんのグレフカセ釣りステップup 北西の向かい風+横流れの潮