アオサ釣りの基本

アオサは水温が下がってくる冬場の磯際に生え、基本的に満潮時には浸かり、干潮時には海上に姿を現します。
グレ(メジナ)は満潮時にこのアオサを食べに海水面まで上がってくることが多いのです。
特に大潮の満潮時の夕まずめは狙い目。
基本的にアオサは浮かせて釣るので棚は1ヒロか1ヒロ半。磯際なので磯で切れる場合も少なくないのでハリスはフロロカーボンの2号以上がおすすめ。地元では3,4号を使う人も。