キスを狙う潮汐と時間帯

s__10846261

マズメとは、朝マヅメ、夕マヅメがあります。

  • 朝マヅメ=「夜が明けて、薄暗い時間帯から日の出くらいまで」の時間を「朝マズメ」
  • 夕マヅメ=夕方にも「夕マズメ」と呼ばれる時間があり、「太陽が沈み始めて、だんだんと暗くなってくる時間」

どちらのマヅメも短時間しかないのでマズメの少し前から釣り場に行って釣りを開始している方がいいでしょう。

いきなりマヅメに竿を出したからといってキスのポイントを探すのに手間取ってしまい、マヅメのいい頃合を逃してしまうことになります。

 

 

しかし、マヅメだけが釣れるという訳ではありません。

  • 潮の変わり目、潮流の変化、干満での潮位の変動やその他など、海に変化が見られたときにいきなり喰いだす時間帯があり、魚に何らかの条件が重なって活性が上がる事でよく釣れる時間帯を「時合」といいます。

この時合はいつ来るかはその時々で違います。

時合、マヅメを逃さないように海の変化に気を配りましょう!

 

と言っても私の経験上大潮の干潮時間は食いがあまり良くないことが多く、干潮から満潮に向けての上げ6分は一番イイように思います。

 

エリアや地形によっても違いがありますが、相手は生き物なので気まぐれですかね?キスの気持ちになってみるのが一番かも(笑)

クリック→「時合、夕マヅメ、朝マヅメ、潮位の変動」に関する知識ブログ