コロダイの基本的な釣り方・タックルの選択

64112

 

上物、底物、回遊と釣れる魚のタイプ別に分けるとコロダイは底物に分類します。

海中の上層を泳ぎまわる魚ではなく、海底付近を徘徊する魚です。

それ故にコロダイは夜、底付近を狙う釣りになります。

釣り方はぶっこみ釣り、ウキ釣りの2種類がありますが、こちらでは夜釣りのフカセ釣りを例に挙げてみます。

用意するものは、

●磯竿:2~3号クラスの磯竿

●リール:中型~大型スピニングリール

●道糸:4号~10号

●ウキ:夜釣りで使う電気ウキ

●針:夜釣りで使う針の種類

●サルカンなどの小物。

s__7413762 s__7413763 s__7413764

などです。

コロダイは南紀では50~60cmがよく釣れますのでそれなりにタックルも太いものが安心して釣り上げることが出来ます。

切られる事を前提ではなく、取り込むことを前提に置いてのタックルチョイスがこの釣りで大きなコロダイを釣り上げることが出来る大きな要因の一つとなります。