コロダイ釣りの時期(シーズン)・時間帯・潮汐

s__11264039

コロダイの時期についての紹介です。

コロダイは夏の魚、そして夜行性、夜に活発に行動する魚なのです。

これをふまえて、夏の夜釣りがコロダイを最も効率よく釣る季節なのです。

・シーズン

季節的には5月の中頃~10月までがシーズンとなり、最盛期は梅雨明けの7月前後~8月が最も良く釣れます。

南紀地方での産卵時期は大体ですが6月前後頃。

産卵後の体力回復の荒食いが7月頃になるのです。

エサを求めて夜になるとこんな浅場まで入ってくるの?と驚くぐらい浅い所まで入って来てエサを探します。

防波堤や浅場の内磯はエサとなるエビやカニが豊富な場所ですのでコロダイも寄って来やすいので狙い目となります。

時期が来ても水温が低いと中々食いが悪かったりします。

コロダイは水温が20℃を超えてくるとたまに釣れるようになり、23℃を超えてくると狙って釣れてくる時期到来、25℃~30℃が適水温で好釣果が見込めます。

・時間帯

時間帯は夕方頃~朝方までいずれもいいですが、日が暮れてから0時ごろまでがもっともいい時間帯かと思います。

夕方18時ごろには釣りを始めてある程度魚を寄せた後日暮れを迎えてください。

エサ取りを寄せておくとコロダイも寄りが早いように感じます。

19~21時頃にはコロダイの反応があるかと思います。

この時間帯は昼の魚から夜の魚へと入れ替わる時間帯で、コロダイも活発に動きます。

 

・潮汐

満潮干潮いずれも特に関係ないように思います。

強いて挙げるのであれば、大潮の干潮潮止まりは食いが悪いように感じますが、干潮からの上げ潮などの潮が動くタイミングははチャンスタイムなので竿を出している間は集中してください。

浅い場所でもいてますが、大潮干潮で干上がってしまうような場所は避けてください。

満潮~下げ止まり前、干潮の上げだし~満潮まで幅広く狙う潮がありますのでしっかりと潮位の変動による棚の調整さえしっかりやっていればコロダイが寄っていればあなたの仕掛けに食いつくでしょう!