アオリイカの釣り方のコツ(ヤエン釣り)

アオリイカを引き寄せ、その距離が20~25メートルくらい、

道糸と竿の角度が45度くらいになったらいよいよヤエンの投入です。

竿を寝かせ、竿先に糸が絡んでいないことを必ず確認してから、

道糸を片手で持ちヤエンを投入して下さい。

 

ヤエンが水面に到着するまで道糸を放さないことが大切です。

そうしないと、道糸にヤエンが絡んでしまいます。
ヤエンを投入しようとしている時にも、イカが走ることがよくありますので、

リールはフリーにして糸が出る状態にしておくことが肝心です。

ヤエンが着水したら直ぐに道糸を張り、

ヤエンが海底にかからないようイカとヤエンの距離を近づけていきます。

ヤエンがイカのところまで到達したら、コツンという小さな反応があります。

或いは、急にイカが逆噴射で逃げる場合も到達したか近くまで行ったと考えられます。

しかし、この場合はわかりにくいことも多いです。

大切なことは無理に引き寄せないことです。
また、シモリの多い場所では、竿を立てて寄せるとイカが

深く潜ろうとしてバラシにつながりますので、竿をねかせて寄せるようにしましょう。
ヤエンを投入後、イカがエサを放した場合は素早く回収し、

ヤエンを外して再度エサを放した付近にエサを投入して下さい。

半分くらい食べられていても大丈夫です。
ヤエンがイカに届いたら、竿で合わせを入れます。

コツンと小さな振動があるか、イカの重さにヤエンの重さが

加わったのがわかるようになるには少し経験が必要です。
あまり強く合わせると、せっかくヤエンに掛けても身切れしてしまいますので、

竿をあおる程度で良いでしょう。

また、竿先とイカの距離が2メートルくらいになる真下までイカを引き寄せ、

水面より上にイカの目が上がるくらいにまで引き上げ、

イカがエサを放して落ちるようにしてヤエンにかける方法があります。

 

 

ヤエン投入時の注意点

ヤエンの潜水角度

 

アジの大きさに合わせて、ヤエンを選択する

活アジが潜らなくなったとき

 

目先を変えて。死んだアジで釣ってみよう。

長い時間放置しるとうつぼの餌食。

アオリイカに目立つように、アピールします。

アオリイカが死アジを見つけて、乗ってきました!


【アオリイカのヤエン釣りテクニック】

 

イカを引寄せすぎるとバラしの確率が大きくなる!

 

【アオリイカのヤエン釣りテクニック】

そもそもイカが乗ってこないと話になりません~